番組詳細 今までのバリバラにもどる

 

8月8日(金) O.A 再放送 8月13日(水)0:25~(火曜深夜)

  • 学校
  • 子ども×バリバラ
    “学校をデザインするプロジェクト” 【前編】
    ゲスト:COWCOW ・春名風花・ソーズビー航洋

障害のある子どもたちが学校を楽しくするデザインに挑戦するシリーズの前編。「友だちが欲しい」「落ち着ける狭い場所が欲しい」学校で困っている様々なことを発見し、それをデザインにつなげていく。COWCOWと子どもたちが学校の「あたりまえ」に立ち向かう!

 

今回の名言

  • 「みんな人間やんか」
  • (まりあ 小3・発達障害)
  • …「男か女か」と聞かれるたびに、傷ついているまりあちゃん。その問い以前に「人間」であるということをちゃんと見てほしいと訴えた叫び。これ以上でも以下でもなく、本質をついたまりあちゃんの言葉に、スタジオにいた全員が、疑問を挟む余地なく賛同した。
  • 「だから向こうがしゃべりたくなるまで待っとこう」
  • (ティラ 中1・発達障害)
  • …本当は友だちが欲しいけれど、声をかけるタイミングなどがわからず、嫌われたくなくて自分から積極的にしゃべりかけることができないというティラくん。そんな彼が、スタジオでは自分の気持ちを一生懸命言葉にして伝えようと、会話の中に飛び込む姿勢を見せた。言葉とは裏腹に積極的な姿が素晴らしい名言。
  • 「友情ゴールの握手さえすれば、友だちだ」
  • (たかとら 小5・発達障害)
  • …プロジェクト初日、みんなが「気づき」を発表する中で、ひとり言葉を出せずにいたティラくんに対し、たかとらくんがかけたひと言。実は2人、この日の朝、みんなの前でけんかしていた。「友情ゴールの握手」を促され、たかとらくんと握手したティラくんに、少し笑顔が戻った。
  • アフタートーク
  • 「ひとによって苦手なことが違うんだなって」
  • ゲスト 春名風花さんの収録後の感想

収録おつかれさまでした! 今回は夏休みスペシャル! 子どもバリバラをお送りしました。テーマは「学校をデザインするプロジェクト」。小学生と中学生、みんなが集まってにぎやかでしたね。子どもチームの司会をつとめたはるかぜちゃん、いかがでした?
「いやー、もう今日はカンペを見過ぎないようにすることに気を配ってましたね(笑)。カメラ目線で喋れたときのあの達成感! それが、“できる女”って感じしません?」

さすがはるかぜちゃん、中学二年生なのにスゴいプロ根性!
「いやいや、レギュラーの方たちのフォローはスゴくありがたかったです!」

今回は、みんなのいろんなアイデアが出ましたが、なにか感じたことはありましたか?
「ひとによって苦手なことが違うんだなって実感しました。自分じゃ思いつかないアイデアだけど、他のひとが思いついてくれたり」

たとえば、あすかちゃんの、「学校の階段の段差が見にくいから色を付ける」というアイデアも面白かったですよね。

「そうですね。色を付けると見やすくなるだけでなく、華やかになるから学校が楽しくなるって思いましたね。やっぱり学校が暗いと行きたくないじゃないですか。きれいで便利で可愛くて。そうなれば土日も行きたい。勉強はしたくないけど(笑)」

はるかぜちゃんはこの番組でやってみたいことってあります?
「このテーマの続編ですね! 今日出たアイデアを実際にやっている学校があれば、どう変わったのか?を知りたいです。そこでまた違う意見が出てくるかもしれないし、話がふくらむと思います。その時にはぜひまた呼んでください!(笑)」

(笑)はるかぜちゃんはお仕事大好き?
「だ〜いすき。ください! たくさんください!(笑)」

番組twitter

随時配信しています。
番組の最新情報やエピソードを
つぶやきます。

※別ウィンドウ NHKサイトを離れます