番組詳細 今までのバリバラにもどる

 

12月13日(金) O.A 再放送 12月17(火)深夜0:30〜

  • 仕事
  • テーマ「作業所」
    工賃アップ大作戦 第2弾!
    ゲスト:松村邦洋

工賃月6千円の作業所を応援する企画第2弾。農業コンサルティングの匠が再生に挑んで5か月。職員や利用者の意識も変わり始めた。ゲストの松村邦洋もお助けマンとして商品を売るための秘策を伝授。果たして工賃アップへの道筋は見えてきたのか?

 

今回の名言

  • 「攻めの姿勢がいい」
  • (松村邦洋)
  • …オイデヨハウスが参加した販売会では、松村さんのアイデアで長野県特産のリンゴ3種類をセットにして販売。利用者たちは、お客さんが少ない時間帯などには、販売所で待つのではなく、積極的に営業活動を行った。その姿勢を賞賛した名言。
  • 「選択と集中」
  • (鈴木誠 農業コンサルタント)
  • …何をやるべきか、何を捨てるべきか。これをハッキリさせるということを表現した鈴木さんの一言。その土地や人にあったものが必ずある、無作為にやるのではなく、その取捨選択が文字通り大切。そうすることによって、工賃アップに繋がっていくことを示唆した提言。
  • 「ゴマするんじゃなくて、ゴマ作る!」
  • (山本シュウ)
  • …「選択と集中」によって鈴木さんが選び出した次なる作物は、ゴマ。鈴木さんによると、ゴマは90%以上が外国産。そして、栽培も難しくない。そこに目を付け、オイデヨハウスむきの作物として名前が挙がったものの、その意外性に思わず飛び出した親父ギャグ的名言。
  • アフタートーク
  • ゲスト 松村邦洋さん

収録おつかれさまでした! 今回のテーマは「工賃アップ大作戦、第2弾!」ということで9月に放送した作業所を応援する企画の続編でした。長野にある作業所・オイデヨハウスのその後の取り組みを追いかけて、松村さんにも実際に現地にもいってもらいましたが。いかがでしたか?
「やっぱり、これまでも関西の番組とかでロケとか行かせて頂きましたが、今回も実際行って、カメラが回っていないところの大事さとかを改めて感じましたね」

なるほど。今日出演されたのは利用者さん2名に職員の方2名、とごく一部の方々で、実際、現地には40名ほどの利用者さんがおられたようですが、どんな雰囲気でしたか?
「みんなそれぞれ特徴的で、楽しいみなさんばかりでしたね。全員の方と触れ合って、みんなのことをいじったんですけど、VTR見ると当たり前に全部はでないですよね(笑)。とにかく個性が豊かですよ!」

そんな和気あいあいとした雰囲気のところに農業コンサルタントの鈴木さんが行かれて、工賃アップについて取り組まれたと。そして、松村さんには販売のお手伝いをして頂きましたが。
「(鈴木さんが言っていた)シールをペタペタ(鞄に)貼るだけじゃダメとか、“障害者だから”という甘えといったところで、あまりにも言い過ぎたり、そこで立ち止まるのではなく、自分たちで『これじゃダメだ、変えていこう』という流れになって、伏見工業のラグビーの弱体チームじゃないですけど、少しずつ考えが変わって、行動に繋がっていく。それが良かったですよね。そういう産声が上がったような、そんな気がしますね」

そうですね。また、注意されたり指導されたりしても、やる気をなくさず、前向きに取り組んだところが、また良かったですよね。
「そうですね。そうなったのは、みなさんの明るさがあったからでしょうね。会った瞬間に、とにかく明るさが負けてないところだなと思いましたからね」

なるほど。工賃アップしたオイデヨハウスも早く見てみたいですね。どうもありがとうございました。また、バリバラロケよろしくお願いします!

番組twitter

随時配信しています。
番組の最新情報やエピソードを
つぶやきます。

※別ウィンドウ NHKサイトを離れます