番組詳細 今までのバリバラにもどる

 

9月13日(金) O.A 再放送 9月17(火)深夜0:30〜

  • 仕事
  • テーマ「作業所」
    工賃アップ大作戦!
    ゲスト:東ちづる 

作業所の工賃はどうすればアップできるのか?1か月働いても工賃6000円という長野県の作業所を、農業コンサルティングのプロがテコ入れ!プロが打ち出す再生のための三つの秘策とは?劇的大改造の一部始終をドキュメントで追う。

 

今回の名言

  • 「感情を入れないでくれ」
  • (鈴木誠 農業コンサルティングの匠)
  • …鈴木さんが、ふだんの農業コンサルティングの仕事においてと同様、工賃アップに取り組む作業所のスタッフに対して伝える鈴木イズムがこちら。客観的にかつ合理的に考えることではじめてできることが見えてくる。感情が入り込むと、結果がどうであれ自分たちの行いを認めてしまいがちで、問題解決をする方法を探らないで終わってしまうことが多い。だから、鈴木さんはあえてこの言葉を発する。
  • 「成功体験を一個一個やってもらいたい」
  • (鈴木誠 農業コンサルティングの匠)
  • …工賃アップに向けて、自分たちなりに一生懸命がんばっても成果が出ず、徒労感にとらわれるという悪循環に陥っていた作業所の利用者やスタッフたち。そんな彼らのモチベーションを上げるためにも、まずは、小さくても成功体験を一個一個積み重ねることが重要という、こちらも鈴木イズムが表れた一言。
  • 「しっかり磨かなきゃいけない」
  • (竹内洋一 「オイデヨハウス」所長)
  • …鈴木さんに「宝物がたくさんある」と言ってもらった作業所【オイデヨハウス】。が、普段はまったく気づかずにいた。できた野菜も形が悪いものや虫食いのものは、規格外として捨てていた。が、味が良ければ買ってくれる人がいる、つまり、それは宝物になりうるのだと、気づかせられた。そして、気づいたそれらをさらに磨く、そんな決意を表した名言。
  • アフタートーク
  • 「発想の転換が大切。そこでしかできないものを!」
  • ゲスト 東ちづるさん

収録おつかれさまでした! 今回のテーマは先週に引き続き作業所、 『工賃アップ大作戦!』でした。いやー、盛り上がりましたね。東さん、バリバラ初登場でしたが、先週今週ともはやレギュラー?みたいに馴染んでいました。ちなみにこの番組はご存知でした?
「もちろん、もちろん。番組が始まったとき、まずこの(番組)タイトル、バリアフリーバラエティというのが巧い!と思いましたね。私も活動しているんですけど(※)、いわゆる福祉っぽいもの、ではなくてバリバラみたいなものを待ってましたね」
※東さんは“障害のある人や生きづらさを抱えた人の創作活動ならびに表現活動の支援”などを行う社団法人Get in touch!の理事長を務めている。

ありがとうございます! 今回は工賃アップに向けて、さまざまなアドバイスが出ましたよね。
「私たちのところにも、SOSを送ってくる施設さんがけっこうあるんです。私たちは支援する側、される側がまぜこぜで一緒になる社会を目指しているので、そういう施設さんを見ていると、支援してもらうことに慣れてしまっているのかな、とも思いますね」

なるほど。
「障害というか特性、例えば今日の荒井さんはニコニコしていて、それは武器になりますよね。そういう発想の転換が大切。もう荒井さんがニコニコしているだけで野菜売れそうって思っちゃう」

たしかに。今日の農業コンサルティングの鈴木誠さんのような、状況を客観的に見られる方が大切だなと思いましたが。
「VTRにありましたけど、なんでそのレタス捨てるの?って。障害がないひとの会社を模倣しようとするのではなく、そこだけでしかできないもの、を作ればいいのに! と思いましたね。そのために外の風、客観的に見られるひとを入れることは重要だと思いますね」

スタジオにも登場した乾燥リンゴやエノキは、味はいいのに…。というところで販売方法やパッケージへのアドバイスもありましたね。
「うん、いろいろやり方はありますよね。例えば私だったら、えのきとりんごをミックスしたものを売って、いつものサラダに混ぜてみてください!っていう売り方をしますね」

それは分かりやすいですね。ちなみに今回、番組に出演されてみて、放送とは違う印象を受けたりしました? それとも放送そのまんま?
「収録はテレビよりも、もう少し堅いというか、NHKっぽいものなのかな? と思っていたんですけど、意外にユルい? というかほんとに放送で見ているまんまの雰囲気だったので驚きましたね(笑)」

番組twitter

随時配信しています。
番組の最新情報やエピソードを
つぶやきます。

※別ウィンドウ NHKサイトを離れます