特集オーディオドラマ

文化庁芸術祭参加作品

昭和20年のベートーベン
~焼跡に響いた第九~
(再)

抱き合おう、この接吻を全世界に!「歓喜の歌」を貴方に届けたい

【NHK FM】

2015年11月21日(土) 午後9時~午後10時(全1回)

(初回放送・2015年8月15日)

出演者の写真

【出演者】

倍賞千恵子 野波麻帆 吉見一豊 徳井優
金沢碧 鹿野真央 小飯塚貴世江 佐々木睦
石浜美希 上川路啓志 北川響 肥沼ゆうみ ほか

【作】

伴一彦


【音楽】

小六禮次郎


【スタッフ】

演出:小見山佳典
技術:西田俊和
音響効果:野村知成

【あらすじ】

昭和20年6月13日と14日の両日、東京・日比谷公会堂で「第九」が日本交響楽団(現・NHK交響楽団)によって演奏された。沖縄戦が終焉する10日前、音楽の殿堂・日比谷で「第九」は演奏され、2日間で6000人近い聴衆が集まった。それは、亡くなった者への鎮魂のために、そして、生きる喜びを謳歌するために演奏された。 ドラマは、史実をベースに若い男女の儚い出会いと別れを描く。どの時代のどんな人々にも、人を愛したいという強い願望があり、そして、それが果たせない悔恨の中に生き続ける人もいる。敗戦間近の東京下町を舞台に描く、この“ボーイ・ミーツ・ガール”は、音楽を愛した一人の少女と青年の純粋で普遍的な愛の物語です。

【関連記事】

音で見せる!オーディオドラマの世界

番組からのおしらせ

音で見せる!オーディオドラマの世界 番組へのメッセージ インターネットでラジオが聞けます!らじる★らじる