FMシアター

遺影俳優

死んだ父は、映画の葬式シーンだけに出演する“遺影俳優”だった

【NHK FM】

2014年2月22日 午後10時~午後10時50分(全1回)

出演者の写真

【出演者】

少路勇介 平岩紙 オクイシュージ 村松利史
下迫幸恵 山岸玲音 奥野てっぺい 板倉勝久

【作】

天久聖一

【スタッフ】

演出:三宅佑治
技術:吉井歩
音響効果:水谷明男
(岡山局制作)

【あらすじ】

瀬戸内の島育ちの青年・岡島桃太郎は、母の死に際に、いまだ一度も会ったことのない父親が、東京で役者をしていることを告げられる。桃太郎は父を探しだすため上京し、自身も役者の世界に飛び込む。だが、父はすでに亡き人となっていた。そして、同時に父は、劇中の葬儀シーンなどに遺影として出演する“遺影俳優”となっていた。すでに死んだ父。芝居の世界では俳優として生き続ける父。桃太郎はわけがわからず、ぼう然自失となるが、一方で、亡き父の築いた人間関係を利用し、役者として活躍し始める。だが、更に思わぬ事実が明らかになり…。漫画家の天久聖一が描く、“遺影俳優”をめぐる親子の物語。

【岡山放送局 FMシアター『遺影俳優』特設ページ】

岡山放送局 FMシアター『遺影俳優』特設ページ を公開しました。

番組からのおしらせ

音で見せる!オーディオドラマの世界 番組へのメッセージ インターネットでラジオが聞けます!らじる★らじる