代理母ビジネスを追う ~インド~

原題:Womb on Rent
制作:Carrot Communications(インド 2013年)
国際共同制作 NHK/KBS/MediaCorp

初回放送
BS1 2013年12月23日月曜深夜[火曜午前 0時00分~0時50分]
再放送
BS1 2014年1月7日火曜午後 6時00分~6時50分
BS1 2014年1月21日火曜深夜[水曜午前 0時00分~0時50分]
BS1 2014年1月29日水曜午後 6時00分~6時50分
BS1 2015年12月11日金曜午後 5時00分~5時50分

インドの首都・ニューデリーで暮らす25歳のウィムレシュ・デビは、夫と4人の子どもを持つ母親。苦しい家計を助けるために、専門の病院で代理母出産をすることにした。無事に子どもが生まれ、依頼者に引き渡されれば、約50万が支払われる約束だ。授かったのは双子。しかし妊娠6ヶ月を過ぎても、病院から契約書を取り交わす話が出ない。しかも妊娠中のため仕事も出来ない。当初は大金が入ることに興奮を隠せなかったが、たびたび起きる体の変調に不安を覚えるようになる。子どもに問題があると受け取りを拒否されることもあるからだ。そうなると報酬は受け取れない。インドで初めて代理母による出産があったのは1994年。以来、ビジネスとして拡大を続けている。ひとりの女性の代理母出産を通して、その危うさと倫理的な課題を浮き彫りにする。

制作者からのメッセージ

今回、「代理母」をテーマに選んだのには、いくつもの理由がありました。女性であり、母であり、番組制作者、アジア人であることです。女性としては、「代理母」という通常では考えられない行為が実践されていることに興味を持ちました。母親としては、9か月お腹に宿した子どもの顔を見ることもなく譲り渡すことを想像すると、恐怖すら感じました。番組制作者としては、代理母や家族にまつわる複雑な感情を知るまたとないチャンスでした。アジア人としては、私の暮らす地域で起きている事象を慎重に取り上げられること。「アジアン・ピッチ」では、プロデューサーが私の思いを尊重し、何カ月も辛抱強くサポートしてくれました。そのおかげで、自信と誠意をもって取材することができ、思う存分物語を描くことができたと感じています。

Ishani K Dutta

イシャニ・ケー・ダッタ

ディレクター
イシャニ・ケー・ダッタ
Ishani K Dutta
インド

放送予定へ戻る

これまでの放送へ戻る

go top