島耕作のアジア立志伝

島耕作の履歴書

島耕作の履歴書   アジアビジネス年表
1970 早稲田大学 卒/初芝電器産業株式会社 入社
本社営業本部 販売助成部屋外広告課に配属
1970年代 1970 大阪万博
1971 ニクソンショック(変動相場制へ移行)
1972 田中首相訪中、日中国交回復
1973 オイルショック
1975 サイゴン陥落
1976 本社営業本部 販売助成部制作課「主任」に昇進    
    1978 中国・改革開放始まる
    1980年代 1980 中国・経済特区を設置
1983 本社営業本部 販売助成部宣伝課「課長」に昇進
1985 ハツシバアメリカ N.Y.支店へ   日米貿易摩擦広がる
       
    1989 天安門事件、ベルリンの壁崩壊
1990 フィリピン・ハツシバへ
コスモス映画買収
1990年代    
1992 本社営業本部 総合宣伝部「部長」に昇進   バブル崩壊
       
       
    1997 アジア通貨危機、香港返還
1999 初芝電産貿易、サンライトレコードに出向 1999 大手銀行に公的資金注入
2001 福岡ハツシバ販売センターに出向 2000年代 2001 同時多発テロ
2002 初芝本社「取締役」九州地区販売担当に昇進
上海初芝董事長として出発集団と業務提携
2002 日韓ワールドカップ共催
    2003 有人宇宙船「神舟5号」打上
2005 本社「常務取締役」中国担当に昇進    
2006 本社「専務取締役」に昇進
中国・インド・北米を担当
   
    2007 ASEAN経済共同体の2015年創設に合意
2008 初芝五洋ホールディングス「代表取締役社長」に就任 2008 リーマンショック、世界金融危機
2010 社名をTECOTに変更 2010年代 2010 上海万博、中国GDP世界第2位
2013 TECOT「会長」に就任