「タイでコスプレを広めたい!」日本のポップカルチャーが若者の間で人気のタイで、コスプレの雑誌を手掛けている滋野さん。漫画好きで「オタク」だったものの、日本では本当の自分をなかなか出せずにいたものの、タイで開放的な人々に触れ、自分を出せるようになったという。一人でも多くの人にコスプレを楽しんでもらおうと走り回る姿を追う。
ヤマザキマリのなでしこ奮闘記(5) 番組のために描きおろし!!! 取材クルーに同行した漫画家のヤマザキマリさんが、アジアで奮闘するなでしこを、ときに温かく、ときに励ましの気持ちを込めて、ハートウォーミングな漫画を描きます。
マンガを見る
取材後記 番組ディレクターの取材話をチェック!
取材ディレクターの今野利彦です。
今回の主人公はタイで初めてコスプレの専門雑誌を創刊した雑誌編集長の滋野真琴さん。番組では滋野さんの最新号に向けての取り組みを10日間に渡って密着しました。
滋野さんが手がけるのは日本で販売されている雑誌のタイ語版です。アニメや漫画のキャラクターになりきるための衣装の作り方や、メイクの仕方など、日本語で書かれたページの翻訳作業。それに加えて表紙やコスプレをするタイ人のスナップ写真の掲載などオリジナルページも満載です。
取材を通して見えてきたものは、「コスプレを通して仲間を増やしてほしい」「コスプレを両親など年配の世代にも幅広く理解してほしい」という滋野さんが草の根的に行っている活動の数々でした。タイではコスプレが若者を中心に話題を呼ぶ一方で年配の世代にはままだ浸透しておらず、それがコスプレを楽しむ若者たちの弊害になっている現実も少なからず残されていました。
雑誌作りには直接関係ない部分で、若者たちを応援したいと奔走する滋野さん。その胸中にはかつて日本で“漫画オタク”と周囲に敬遠され、自分らしく生きることができなかった辛い過去もありました。
「自分らしく生きても問題ない」ということを教えてくれたタイの地で、今度は自分が若者たちにそのことを伝えていきたい。そんな雑誌作りにかける滋野さんの熱い思いを番組で感じて頂ければと思っています。
タイの魅力満載!フォトギャラリー
国データ:タイってどんな国? 国名:タイ王国 人口:約6,593万人(2010年時点タイ国勢調査) 首都:バンコク 言語:タイ語
ページトップに戻る