未来への芽 各地の取り組み

一覧へ戻る

2015年11月2日(月)放送

「和紙キャンドルガーデン TOHOKU2015」

主な活動場所:福島県南相馬市 ほか
報告:上村しおりさん(多摩大学3年)

東京・六本木の夜を照らす、キャンドルの灯。東北の思いを伝える「和紙キャンドルガーデン TOHOKU」です。このイベントは、震災の記憶を風化させないために企画しました!私たちは、東京の大学で、日本の伝統文化を学ぶゼミのメンバー。イベントのために、東北38の市町村を訪問し、私たち自身ですいた和紙に、“今の思い”を書いてもらいました。イベント当日。一人でも多くの東京の人に、被災地の思いを伝えたいと、道行く人に参加を呼びかけます。震災から4年半が経った今、被災地で暮らす人が何を思っているのか。これからも東北の思いを伝え続けます!

※年齢、所属などは取材当時のものです。

※NHKのサイトを離れます