未来への芽 各地の取り組み

一覧へ戻る

2015年9月7日(月)放送

「津波防災紙芝居『ちちんぷいぷい』」

主な活動場所:宮城県仙台市
報告:佐々木真琴さん(群馬県立女子大学1年)

「生き抜くチカラ」の塾生、佐々木真琴です。私が作った防災紙芝居がパワーアップしました。私は未来塾で、子供たちに震災の教訓を伝える紙芝居を作りました。その後、もっとわかりやすい絵に修正。私がこの紙芝居を作ろうと思ったのは、親戚のおばあさんを津波で亡くしたからです。この日は、仙台市の防災ワークショップで読み聞かせをします。子供たちには学んだ知識を将来、生かしてほしいと思っています。命をつなぐ防災紙芝居、これからも伝え続けていきます。ちちんぷいぷい。

※年齢、所属などは取材当時のものです。

※NHKのサイトを離れます