未来への芽 各地の取り組み

一覧へ戻る

2015年7月6日(月)放送

「いっしょに料理!~東北学院大学災害ボランティアステーション~」

主な活動場所:宮城県気仙沼市
報告:市川文章さん(東北学院大学1年)

僕たち「東北学院大学災害ボランティアステーション」は月に1回、仮設住宅に住む人々をサポートする活動をしています。こちらは、気仙沼の街中から離れた、山あいの仮設住宅。きょうは、住民の皆さんと一緒に30人分の"ちらしずし"をつくります。一緒に料理をすると、自然とおしゃべりが弾むようになります。できたての“ちらしずし”でランチタイム。僕たち学生がこういう場をつくって、いろんなコミュニティーをつくれるような活動をしていけたらなと思っています。これからも気仙沼を応援するぞ!

※年齢、所属などは取材当時のものです。

※NHKのサイトを離れます