未来への芽 各地の取り組み

一覧へ戻る

2014年5月19日(月)放送

「『さんまdeサンバ』OECD東北スクール女川町チーム」

主な活動場所:宮城県女川町
報告:木村朱里さん(石巻高校2年)

女川名物さんまの大漁を祈る「さんまdeサンバ」は15年ほど前に作られた踊りです。町のお祭りや運動会でみんなに踊られてきました。津波で大きな被害を受けた女川町。震災から3年。いま何を伝えるべきなのかと真剣に考えました。何度も話し合いを重ねるなかでたどりついたのが「さんまdeサンバ」を世界中のひとに届けること。今日はそのための撮影会。思っていた以上にたくさんの町民の方が私たちの想いに応え、参加してくれました。8月に東京で私たちのイベントが開催されます。みなさんぜひ、ご参加ください。

※NHKのサイトを離れます