放送内容

これまでの放送へ

歴史を生かすチカラ 第2週

2016年9月12日(月)

歴史を生かすチカラ
第2週:「古文書ハンターの防災教室 古老はなんでも知っている!」

「古文書ハンターの防災教室 古老はなんでも知っている!」

前回、古文書ハンターの磯田道史さんのもと、熊本で先人たちの災害のメッセージを読み解くことができた塾生4人。次に訪ねたのは、静岡県。磯田さんは、古文書が残っていない地域では、どんな方法で災害の伝承をされているのか調べる方法を教えます。さらに、古老から先祖代々伝わる貴重な話を聞きます。磯田さんの現地調査を追体験した塾生たち、いざ実践開始です!東日本大震災で高さ23mの津波にも死者ゼロだった“奇跡の村”で教訓を探します。

古文書ハンターこと磯田さんは、塾生たちを連れて静岡市の下島地区にやって来ました。市の中心部から最も近い海岸です。磯田さんは静岡県に移り住み、防災に生かすため4年間災害の歴史を研究していました。注目したのは下島地区。ここを300年前襲った宝永津波について、古文書にも詳しい記述がなく、正確な津波の高さが分かっていませんでした。古文書の情報が不十分なとき、どうやって歴史のかけらを集めていくのか?調査のポイントを磯田さんが教えてくれました。

まずは“地名”。過去の災害を語っていることが多いというのです。また、“古くからある集落”は、災害に遭いにくい場所にあると教えてくれました。さらに、磯田さんが現地調査で必ず立ち寄るのが“神社やお寺”。磯田さんいわく、「神社は長い期間にわたって、そこに存在し続けるので、津波の調査なんかする場合、非常に重要」。そして、現地調査で大事なのは“古老”に話を聞くこと!古文書には残っていない伝承や、思わぬ大発見があるんです。

下島地区で7代続く旧家、望月さんのお宅。90歳の望月光夫さんから見せてもらった古地図には、江戸時代の下島地区の様子が詳細に記されていました。これによって、津波が襲ったとされる村の位置が特定でき、宝永時代の津波の高さが推測できたのです。磯田さんは、「こうして得た現地調査の結果や古文書の研究を発信し、未来の災害に備える手段にすることが大事。」と話します。現地調査を学んだ後、磯田さんから課題が出されました。「岩手県普代村の防災の教訓を調査し、未来にどう生かすかプレゼンせよ」。

普代村は東日本大震災で23mの大津波に襲われましたが、死者がゼロだった“奇跡の村”です。命を守ったカギは「災害伝承」にあると考え、村の人から話を聞くことにした塾生の平川雄太さんと髙橋瑠美奈さん。津波碑の前で毎年慰霊祭が行われていることや、毎月発行される村の広報誌で災害の歴史を伝え続けていることなどを教えてもらいました。髙橋さんは、「過去の災害を見せられれば意識が変わってくる。歴史が防災に関わってくる。」と伝承の大切さを実感ました。

磯田道史さんのまとめ

「なまじっかなことじゃないですよ、あの津波から人間の知恵で人を救うってのはね。でも、そのなまじっかじゃないことが結構、頑張れば起きることがあるので。だから歴史を見たり、現在の歴史見るのは、これはどんなものであるかって見るというのは、一つの作業だけど。そこから、何をすればよいのかを確立して。で、確立したらそれ実行しなけりゃ、絵に描いた餅なので。それを実行するっていうこの三段階を経て、きちっと、災害の対処っていうものがある。」

ゴールデンルール

「人を救うために、歴史を知り、対策を練り、実行する」

磯田道史さん(45歳) 歴史学者・作家

1970年岡山市生れ。国際日本文化研究せンター准教授。慶應義塾大学大学院卒業。博士(史学)。茨城大学准教授、静岡文化芸術大学教授などを経て現職。江戸時代を中心に多くの古文書を読み解いて現代に伝える歴史家。著書「武士の家計簿」、「無私の日本人」がベストセラーとなり映画化される。東日本大震災を契機に災害史の研究に本腰を入れ「天災から日本史を読みなおす」を発表し、話題となる。歴史学者、作家、番組MCと様々なジャンルで活躍している。

ナレーション吉本実憂のつぶやき

私は時代劇が好きなので、歴史に興味があります。ちなみに、水戸黄門と官兵衛が大好きです!歴史は、探すと身近にあるということが、今回発見でした。防災を考える上で、地名も大事なんですね。レリーフは、見たことはあるけれど、今まであまり気にしたことはありませんでした。これも“歴史”だったんですね。今度見つけたら、書かれていることをちゃんと読んでみようと思いました。

応援団長サンドイッチマン 今回の一言

【富澤】もうひとチームはどうなったのかな?大したことがなかったから全部カットは、さすがにひどいんじゃない?
【伊達】来週のお楽しみにということで。
【富澤】じゃ、しょうがない。次回をお楽しみにしてやるよ!
【伊達】なんで上からなんだよ。

※NHKのサイトを離れます