放送内容

これまでの放送へ

やる気を引き出すチカラ 第4週

2016年2月22日(月)

やる気を引き出すチカラ
第4週「久美さんの“やる気UP”塾 中学生にも 熱~い体験談を!」

「久美さんの“やる気UP”塾 中学生にも 熱~い体験談を!」

「中学生のやる気を引き出すために、自分の体験から得た教訓を熱~く語れ」という課題に取り組む塾生たち。本番前日の久美さんチェックで、いつもは優しい久美さんのゲキリンに触れる塾生が現れます。一体どんな内容なのか!?さらに、本番2時間前の最終チェックになっても…。果たして、中学生のやる気を引き出すスピーチはできるのか!?久美さんのやる気UP塾、いよいよ最終講義!塾生の頑張りに乞うご期待!

発表まであと3日。塾生たちが練った体験談に、久美さんチェックが入ります。市川桜さんは、中学の頃から人間関係に悩んできた体験を話します。心を打つ話ではありますが、中学生のやる気を引き出すかというと、疑問です。久美さんは、「自分の話を伝え切ろうとするのではなく、その話をネタに、行動に変えていくような学びをどう作るかが大切」とアドバイスを送ります。子どもたちの学びを作り出す10分間のスピーチ。なかなかの難題です。

本番前日、河野智樹さんのスピーチにも久美さんチェックが入りました。野球を辞めてテニス部に入り、大学では留学をしたくなった。単調に続く体験談に、久美さんは「本当に伝えたいメッセージが分からない。今のままだと子どもたちに見せられない」と厳しい評価をくだします。頭を抱える河野さんに塾生たちが、「悩んでいるより話した方がいい」と助け船を出します。質問され、助言を受け、言葉で整理していく中で、話の方向性が見えてきました。

発表当日、コラボ・スクールの中学生17人が集まりました。久美さんチェックでは、話が独りよがりだと指摘された市川さん。話の導入部分を工夫しました。さらに、自分の弱点をさらけ出したことで、中学生たちは話に引き込まれます。ほかの塾生たちもそれぞれに、熱いメッセージを送ります。久美さんが見守る中、いよいよ河野さんの出番がやってきました。選んだのは、“高校時代、努力する友達をばかにしていた”というエピソードです。

テニス部に入ったものの練習をさぼっていた河野さんは、努力を続ける友達をばかにしました。しかし、大学で自身もばかにされるという経験を経て、「周りに言われることを気にするよりも自分がどうするかが大切だ」と熱いメッセージを伝えました。久美さんは、課題をやりきった塾生たちに、「情熱的に伝えてくれた、ということ自体が届いたと思う。やって良かった。みんなで、子どもたちを応援できる担い手になりましょう」とエールを送りました。

今村久美さんのまとめ

「“成果を何で測りますか?“っていつも言われるんだけど。子どもたちが花だとしたら、教育プログラムっていうのは、その栄養、肥料なんだよね。どの肥料が効果を成したのかとか、どの日の太陽が良かったのか分からない。でもきっと、やる気をちょっとずつ、その子のペースで出してくるんだと思うんだよね。みんなで、子どもたちを応援できる担い手になっていきましょう。」

ゴールデンルール

「おしみなく“栄養”を与えよう やる気の“花”を咲かせるために」

今村久美さん(36歳) 認定NPO法人カタリバ代表理事

2001年に任意団体NPOカタリバを設立し、高校生のためのキャリア学習プログラム「カタリ場」を開始。2006年には法人格を取得し、全国約1000の高校、約180,000人の高校生に「カタリ場」を提供してきた。2011年度は東日本大震災を受け、被災地域の放課後学校「コラボ・スクール」を発案。2011年7月に1校目の「女川向学館」を宮城県女川町で開校。同12月には、2校目の「大槌臨学舎」を岩手県大槌町で開校。被災地の子どもに対する継続的な支援を行っている。2008年「日経ウーマンオブザイヤー」受賞。2009年内閣府「女性のチャレンジ賞」受賞。現在、中央教育審議会教育課程企画特別部会委員、慶応義塾大学非常勤講師。

ナレーション吉本実憂のつぶやき

最終課題の発表です。自分の失敗やコンプレックスを打ち明けるのは、すごく勇気がいることだと思います。それだけでも大変なのに、中学生のやる気を引き出す話にしなければいけません。塾生たち、頑張ったと思います。実は、私、努力してこなかった人間なんです(笑)。だから、努力している人に対しては、ただただ「すごい」って、尊敬の念しかありません。でも今回、人によってはこういう感情もあるのだと知って、新しい発見でした。

応援団長サンドイッチマン 今回の一言

【伊達】ひとからバカにされても、やり続ける!子どもたちのやる気を引き出す熱い、良いメッセージでしたね。
【富澤】おれは、ギョーザより彼女の方が好きだって話に感動したけどね。
【伊達】お前だけだよ。たったお前1人だけだよ。

※NHKのサイトを離れます