放送内容

これまでの放送へ

やる気を引き出すチカラ 第1週

2016年2月1日(月)

やる気を引き出すチカラ
第1週「久美さんの“やる気UP”塾 高校生には 大学生を!」

「久美さんの“やる気UP”塾 高校生には 大学生を!」

今月の講師は、NPOカタリバ代表の今村久美さん。15年間で全国22万人の高校生の背中を押してきた、やる気を引き出すスペシャリストです。今回の塾生は、将来、教師や福祉の現場で子どもに接する仕事を目指す、東北の5人の大学生。久美さんはまず、高校生のやる気を引き出すために企画したイベントに塾生を参加させます。さらに、習うより慣れよ、ということで・・・。久美さん流やる気を引き出すポイントは、必見です!

今村久美さんの事務所がある、東京・高円寺からスタートです。久美さんの活動を支えるのは、大学生ボランティア。高校生のやる気を引き出すのに最も有効なのは、大学生と本音で語ることだと考えています。久美さんが企画した、やる気を引き出すプログラム「カタリ場」は、高校生が将来を考えるのに効果的として、全国各地の高校からオファーが殺到しています。大学生が自分の夢や失敗談を熱く語り、高校生の心に火をともすのが狙いです。

大学生が本気で語りかければ、高校生も心の内を話す。そして、やる気へつながる、というのです。早速、塾生たちは、カタリ場に参加させてもらいます。それに際し、久美さんから、やる気を引き出すポイントを教わりました。アイ、私はどう思うのかをはっきり伝える『アイメッセージ』。相手を褒める『存在の承認』。別の言葉で言いかえて、ものの見方を変えさせる『リフレーミング』。久美さんからのエールを胸に、塾生たちがカタリ場に挑戦です!

高校生と大学生による、個別にガチトーク。塾生たちも高校生と語り合い、将来に対しての思いを聞き出します。そんな中、苦戦する前川美穂さん。話しかけた男子生徒は、大学生が語った体験談が心に響かなかったようです。きれい事だと言って、なかなか話に乗ってきません。それでも、時間をかけて話しかけるうちに、「世界を旅したい」という自分の夢を、前川さんに語り始めました。110分間行われたカタリ場を、塾生たちもやりきりました。

本音で語り合った塾生たち。しかし、高校生のやる気を引き出せなかったと、反省しきりです。具体的な将来の夢を聞き出せなかった、というのです。しかし、久美さんは、「夢のある、なしが問題ではない」と言います。未来が変わるということを念頭に置いて、日常の歩み方を対話しなくてはいけない。「未来ではなく、今どんな行動をするのか、という小さな一歩。プロセスの対話がカタリ場の役割だと思います。」と、塾生たちに語りかけました。

今村久美さんのまとめ

「重要なのは、夢があるってことじゃないんだよね。夢は、日常のガソリンになる重要な要素でしかなくて。ガソリンが動いてること、ガソリンが注入できてることの方が大切なわけなので。未来ではなくて、“今、どんな行動をするのか”っていう、この小さな一歩のスモールステップ。ステップにならなくても、今の感性とか観点とかの方が大切。未来志向で話しながらも、重要なのはプロセスの対話。それが「カタリ場」の役割だと思います。」

ゴールデンルール

「本音を語り合うことで 心のエンジンにガソリンを注ぎ込め!」

今村久美さん(36歳) 認定NPO法人カタリバ代表理事

2001年に任意団体NPOカタリバを設立し、高校生のためのキャリア学習プログラム「カタリ場」を開始。2006年には法人格を取得し、全国約1000の高校、約180,000人の高校生に「カタリ場」を提供してきた。2011年度は東日本大震災を受け、被災地域の放課後学校「コラボ・スクール」を発案。2011年7月に1校目の「女川向学館」を宮城県女川町で開校。同12月には、2校目の「大槌臨学舎」を岩手県大槌町で開校。被災地の子どもに対する継続的な支援を行っている。2008年「日経ウーマンオブザイヤー」受賞。2009年内閣府「女性のチャレンジ賞」受賞。現在、中央教育審議会教育課程企画特別部会委員、慶応義塾大学非常勤講師。

ナレーション吉本実憂のつぶやき

私も高校生のときに「カタリ場」に参加したかったです。高校生にとって、この時間は貴重なものになると思います。自分の夢や不安を“赤の他人”に打ち明ける…でも、「高校生と大学生」という距離感が、絶妙なんだと思います。みんな真剣に話せていましたから。あと、騒然とした環境も。緊張感が薄らいでいく感じがします。でも、自分が「高校生を相手に語り合う」と考えると、どんな状況でも緊張してしまいます。

応援団長サンドイッチマン 今回の一言

【富澤】高校時代のお前にも「カタリ場」を受けてもらいたかったなぁ。そうしたら、こんな、ぼーっとした顔で卒業アルバムに載らなかったのに…。
【伊達】お前にだけは言われたくないよ。
【富澤】写真使いすぎじゃないですか。先月も出したでしょう。

※NHKのサイトを離れます