• みちのくモノがたり スペシャル 〜お宝 新発見の旅〜 ※放送は終了しました
  • NHKG 10月 9日(日)午前10:05~

  • NHKG 10月15日(日)午前1:20~(再)

  • 2017年10月9日(月)各県の訪れた場所情報を追加しました。

※NHKサイトを離れます
秋も深まり、いよいよ行楽シーズン到来!
東北の“モノづくり”に光を当て、職人たちの技と感性を浮き彫りにするシリーズ『みちのくモノがたり』から、ふたたび“まばゆい宝モノ”がザックザクの45分スペシャル第2弾をお届けします!
今回も個性豊かな3人の旅人たちが、“宝モノ”にまつわる不思議な「キーワード」をもってみちのくへ!福島、宮城、岩手の豊かな海の幸や、美しい絶景、伝統の祭りなどを堪能しながら、モノ作りの現場を訪ねます。果たして職人や地元の人達が守り抜いてきた”宝モノ”とは?そして、「キーワード」に隠された深~い意味とは?
みなさんも、みちのくの知られざる“宝モノ”と、そこに秘められた物語をお楽しみください!
地図
福島県の旅人世界的ギタリストの
マーティ・フリードマンさん再登場!
文化庁の「日本遺産大使」を務めるマーティさん。郡山の「食の祭典」に大集結したおいしい食べ物の中に、行列ができるほどの絶品「フルーツピザ」を発見!「人気の秘密はオラゲサコラッセ」というキーワードを手に、石川町の果樹農園へ。そこで出会った”宝モノ”には、全国の人達が引き寄せられるある仕掛けが!雄大な磐梯山を堪能した後は、最終目的地、奥会津の三島町へ向かったマーティさん。町のみなさんが大切に守る宝モノは、皇后美智子様もご購入されたという伝統工芸品。その頂点を極める職人はなんと94歳!そこでマーティさんが目にした「秘技」とは?
マーティ・フリードマンさん
マーティ・フリードマン アメリカ出身。世界トップクラスのギタリストであり、作曲家、プロデュサー。2004年より日本を拠点にして、テレビ、ラジオ、CM、映画など様々な分野で活躍するマルチアーティスト。
マーティ・フリードマンさん
訪れたのはこちら
宮城県の旅人リオ五輪メダリスト・
三宅宏実さん!
三宅宏実さんの宮城の旅は、塩釜からスタート。まずは、水産物仲卸市場で、マグロやウニなど新鮮な具が山盛りの海鮮丼を作って腹ごしらえ。続いて向かったのは、東北を代表するパワースポットの一つ鹽竈神社。武運の神に勝利祈願をした後、境内にある博物館で目にしたのは、伊達政宗がこよなく愛したという日本刀「大和伝」。キーワードを手に訪ねた大崎市松山の刀匠の元で、千年近く続いてきた伝統のモノづくりの神髄に触れます。
そして、気仙沼で三宅さんが出会う宝モノは、今、国内外から注目されている逸品。さわやかなブルーが特徴です。女性たちの様々な思いを原動力に成長しはじめたモノづくり。三宅さんも体験!
三宅宏実さん
三宅宏実 メキシコ五輪重量挙げ銅メダリストの三宅義行を父に持ち、中学3年で重量挙げを開始。2012年ロンドン五輪の女子48キロ級では銀メダルを獲得。五輪女子重量挙げの日本人初のメダルとなった。さらに、2016年リオ五輪では銅メダルを獲得。
三宅宏実さん
訪れたのはこちら
岩手県の旅人尾木ママでおなじみ、
教育評論家 尾木直樹さん!
尾木ママが最初に訪ねるのは、民俗学者・柳田国男が紹介した「遠野物語」でお馴染みの岩手県遠野市。民話の語り部とともに、遠野で一番の絶景ポイントや、知られざる民話の発祥地、そして昔ながらの遠野の生活を垣間見られる「南部曲り家」へ。そこで尾木ママが出会った「誰も知らない遠野物語」とは!? 
旅の最後は、本州で最も面積が広い町、岩泉町へ。一番の観光スポットは日本三大鍾乳洞のひとつ「龍泉洞」。世界一ともいわれる透明度の高い「地底湖」は幻想的で迫力満点!名水百選にも選ばれている「命の水」を飲んでパワーアップした尾木ママ。ガイドの工藤さんに案内された、町自慢の直売所には、「もったいないが生んだ宝モノ」が待っていた!
尾木直樹さん
尾木直樹 滋賀県生まれ。早稲田大学卒業後、中高の教師として、22年間子どもを主役とした創造的な教育を実践。現在は法政大学教職課程センター長・教授、臨床教育研究所「虹」所長として活動。「尾木ママ」の愛称で数々の番組に出演し、著書も多数。
尾木直樹さん
訪れたのはこちら
さかなくん