「ふくしまに恋して♥」とは?
ページトップ 放送予定 動画 日記
樹齢350年!桜を守る家族 これぞ会津の心意気!「会津まつり」 歴史に彩られた温泉街で芸妓の文化を体験! 百花繚乱!花木農家の“花咲山” かやぶき屋根の集落「大内宿」 世界に羽ばたけ!大堀相馬焼 元気なやい子ばあちゃんの農園カフェ 高校生がプロデュース!いわきのバスツアー “東北のハワイ”でフラダンスに挑戦! 暮らしを支える大切な“足” 会津鉄道で出発進行! 福島の豊かな農作物をPR!高校生の編集部
お客さんの応援が元気の源!奮闘する飼育員たち
お客さんの応援が元気の源!奮闘する飼育員たち震災の苦難を乗り越えて 復興への希望 アザラシの赤ちゃん被災体験がヒントに 水族館の新しいかたち
会津のお家芸 なぎなたで、いざ勝負! 400年の
	歴史を誇る逸品 会津漆器の魅力を探る 江戸時代から続く酒蔵で 酒づくりの極意にふれる 伝統の蔵座敷で酒蔵の味を堪能! 集落の力で景観と米作りを後世に残す 春の棚田で田植えを体験!
※NHKサイトを離れます
今回の旅は...

綾瀬はるかのふくしまに恋して

古くから城下町として栄えた会津若松市へ。会津の心意気を感じるお祭りで、懐かしい人たちと再会しました。

60年以上前から続く「会津まつり」。会津藩の歴代藩主や姫、白虎隊などに扮して、会津若松市民や会津に縁のある地域の人々が参加。およそ550人が街を練り歩きます。この祭りには、会津戦争で命を落とした人びとの霊を慰め、苦難の時代を乗り越えてきた先人たちに感謝する気持ちが込められています。

これぞ会津の心意気!「会津まつり」

大河ドラマ「八重の桜」で会津出身の山本八重を演じた綾瀬さん。「お世話になった会津の皆さんにお礼を言いたい」という気持ちから、会津まつりに参加しました。八重の衣装に身を包み、沿道の人びとに手を振ります。

沿道には、綾瀬さんとの再会を心待ちにしている人たちがいました。
増子さんが暮らすのは、山本八重の先祖が眠るお寺。2012年の12月、綾瀬さんを山本家の墓に案内しました。
喜多方市にある味噌屋の7代目。2012年の9月、「味噌田楽」や「味噌プリン」でもてなしました。

増子さんは「八重の桜」の大ファン。感謝の気持ちを伝えに来ました。「本物の会津人よりも会津人らしく八重を演じてくださって、感激しました」(増子さん)「良かったあ! お会いできてうれしいです!」(綾瀬さん)

井上さんは、綾瀬さんが訪れた2年前に仕込み熟成させた味噌を持ってきてくれました。「わあ、うれしい。ありがとうございます。あの味噌プリンは、今もあるんですか?」(綾瀬さん)「はい。味噌入りあんころ餅も始めましたよ」(井上さん)

出会った時は2歳だった長男の昂虎くん。4歳になりました。「男らしくなったね~」(綾瀬さん)「震災後、店を続けて行くのは大変でしたが綾瀬さんとの出会いが励みになりました。次の世代につなげられるように頑張っていきたいです」(井上さん)

トップへ戻る