2018年09月10日 (月)

9月放送「被災地x家電」① 夕飯の支度

こんにちは。
未来塾スタッフNです。

 

今回の放送では、
アイリスオーヤマのカリスマ会長・大山健太郎さんを講師に迎え、
東北在住の学生4人に「被災地を元気にする家電」を考えてもらいました。

 

今日は、放送では紹介しきれなかった
塾生たちの災害公営住宅での密着取材の奮闘ぶりを書きたいと思います。


女川町の災害公営住宅を取材した曽根原さんと谷越さんチーム。
久野おばあちゃんとの和気あいあいとした夕食が、印象的でしたね。

1809_pic1.jpg


2人は、久野おばあちゃんとすぐに仲良くなって、
冷蔵庫の中をのぞきながら、一緒に今日の献立を考えるまでに。

 

番組では、時間の関係から、曽根原さんの夕食作りだけを取り上げましたが、

実は…その間に谷越さんは、冷蔵庫になかったコロッケに添えるキャベツの買い出しに行っていたんです^^

1809_pic2.jpg

 

しかも、ただの「買い出し」じゃない。

久野おばあちゃんが住んでいるのは、高台に作られた災害公営住宅。

 

商店がある町まで30分歩かなくてはなりません。
しかも、そのうち20分が坂道!!

 

大山さんのいう「生活者目線=ユーザーイン」を探るため、
車を使わずに歩いてみますが、
往復1時間の買い物は若い谷越さんにとっても、かなり大変なようでした。

 

町へ出るためのバスは一日3本のみと知った谷越さんは、

「もっとバスの本数が増える必要がある」
と、発見したのでした。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:14時00分 | カテゴリ:制作日誌 | 固定リンク

2018年08月06日 (月)

イベント舞台裏

イベント本番の最後に披露された假屋崎さんの作品。実はこの作品、準備の舞台裏には本当に多くの人のご協力があったんです。

 

特に準備が大変だったのはクロマツ。根っこごと掘り返し、さらには保存上の問題で土のついた状態で会場に搬入する必要がありました。

 

そんな大変な作業を手伝ってくださったのは、公益財団法人オイスカ「名取市海岸林再生の会」の関係者や地元の庭師の方々です。

丸一日がかりで5本のクロマツを掘り起こし作業をしてくださった上に、その掘り起こしたクロマツと、大量の切り株の会場までの運搬・搬入、さらにはイベント後の解体・撤去まで全てにおいてご協力くださいました。今回のイベントはそうしたご協力がなければなし得なかったと言っても過言ではないのです!そんな作業の一部をご紹介します。

 
kariyazaki2_1.png

 

掘り返しは人力作業です。シャベルなどを使って土を掘り、余計な根っこを切っていきます。

 kariyazaki2_2.png

 

そしてこのような状態にすることで、土も根っこもついたままの状態で運べるという訳です。運べるとは言っても、この一本一本、相当な重さなんです。

そこでこのクロマツと切り株をクレーン付きのトラックで積み込み、運んでいただきました。

 

kariyazaki2_3.png

 

こうして会場に大量の素材をそろえることができたのです!多くの地元の方々のご協力がイベントの成功につながりました。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13時00分 | カテゴリ:制作日誌 | 固定リンク

2018年08月04日 (土)

菅井さんのハウスのカーネーション

未来塾 假屋崎省吾プレゼンツ 東北へ8年目の花束を」ご覧いただけたでしょうか?

 

今回、塾生たちの「いけばな」の主役になったのは、名取市の特産物・カーネーションでした。

 

kariyazaki1_1.png

番組では、花農家・菅井さんのハウスで、見事に咲き誇っているカーネーションが印象的でしたが、ここは注意が必要です。

 

実は、カーネーションの場合、出荷前に咲いている状態は普通ではありえません

通常は、つぼみの状態で収穫・出荷し、花屋さんが開花調整を行い、ちょうど良い状態の時に店頭に並べるわけです。なので、菅井さんのハウスを訪れた時、満開のカーネーションを見た假屋崎さんの第一声が「なんで咲いてるの?」

 

その疑問にお答えしましょう。

このロケを行ったのは6月3日。つまり「母の日」が過ぎて間もない頃。菅井さんの地域は、この時期に1年間頑張ったカーネーションの苗を抜き取り、新しい苗に植え替える作業を行います。そして、その作業を行うことになっていたのが、ロケの翌日。ボランティアの方たちに手伝ってもらいながら、最後はそのお礼に、開花したカーネーションを持って帰ってもらう、ということを企画していました。なので、通常は咲いていないはずのカーナーションが満開!テレビ撮影には、これ以上にない絶好のシチュエーションとなったわけです!

 

なので、いつ行っても満開の花畑が見れるわけではないことは、くれぐれもご注意ください。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:15時00分 | カテゴリ:制作日誌 | 固定リンク

2018年07月03日 (火)

おいしいものたっぷり、東北の被災地へ。食べ物編②

旅の最中、塾生たちはどんなおいしいものを食べてきたんだろう?

 

前回に引き続き、番組では紹介しきれなかった、「食の魅力」をレポートします!

第二弾は塾生の前田さんと團上さん。

 

 

前田さん ↓

blog2_10.jpg


福島県南相馬市を旅した前田さんは、南相馬の農家民宿「いちばん星」で夕飯をいただきました。


その魅力は何と言っても、おふくろの味!

天ぷらや酢の物、焼き魚に味噌汁。

 

この夏休みは、「いちばん星」でくつろぎの時間を送ってみてはいかがでしょうか。

ご主人が腕によりをかけて作った、大浴場もありますよ!


 

團上さん ↓

blog2_20.jpg

blog2_30.jpg


岩手県釜石市を旅した團上さんが食べたのは、カツ丼!

このボリュームで730円っていうんだから、驚きです・・・

釜石駅から徒歩5分、工藤精肉店の2階で食べることができます!

 

 

この夏は、美味しい食べ物と出会いに、東北の被災地にぜひ!!

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:18時00分 | カテゴリ:制作日誌 | 固定リンク

2018年07月01日 (日)

おいしいものたっぷり、東北の被災地へ。食べ物編①

今回の未来塾、塾生4人はそれぞれ一泊二日で東北の被災地へ行き、

街の魅力を探してきました。

 

旅の最中、塾生たちはどんなおいしいものを食べてきたんだろう?

番組では紹介しきれなかった、「食の魅力」をレポートします!

 

まずは塾生の瀬戸さんと稲福さん。

 

瀬戸さん ↓

blog1.jpgblog2.jpg

宮城県南三陸に訪ねた瀬戸さんが食べたのは、うに丼!!

 

ちょうど、ロケの前日が解禁日だったんです!

 

南三陸の「キラキラうに丼」の提供期間は、8月31日までです!

 

 

沖縄出身の稲福さん↓

blog3.png

blog4.png

 

稲福さんが訪ねたのは、宮城県気仙沼市です。

 

フェリー乗り場の目の前にある「かもめ食堂」でマグロ丼をいただきました。

 

また、これからの時期の気仙沼の旬といえばカツオ!

 

気仙沼湾のクルージングとともに、気仙沼の新鮮な海の幸をご堪能ください!

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:10時50分 | カテゴリ:制作日誌 | 固定リンク

2018年05月28日 (月)

登場したアーティストの卵③ 中田みのりさん

コシノジュンコさんを講師に迎えた「未来塾」。塾生の東京藝術大学の学生たちのこれまでの作品を紹介しています。最後は、個性的な髪が印象的だった中田みのりさんの作品です。

 

番組では和紙作りの「音」に注目していましたが、彼女がこれまでに作ってきた作品もとても斬新です!

nakata01.jpg

かなりインパクトのあるTシャツ。その名も「ある男の舞踏」。

 nakata02.jpg

また、これまで映像作品を中心に制作してきた中田さん。学生を対象としたCMコンペティションでの受賞歴もあります。

 

東京藝術大学の3人の塾生たちの作品を順にご紹介してきましたが、いかがでしたか?3人がこれからどんな作品に取り組んでいくのか。今後の創作活動が、とっても気になります!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:12時00分 | カテゴリ:制作日誌 | 固定リンク

2018年05月23日 (水)

未来塾 公開収録のお知らせ

未来塾 公開収録イベント「林家たい平の縁づくり講座」

 

4月下旬、東京の大学生4人は、 落語家の林家たい平さんから
「被災地に行きたくなる噺(はなし)をつくれ!」
という課題を出されました。

そして6月4日、完成した噺を披露します!
ぜひ4人の噺を聴きにきてください。 東北の被災地の知られざる魅力に出会えるはずです。

当日は、林家たい平さんもやってくるので、お楽しみに!!

 

時間:201864日(月)
場所:文京シビックセンター26F スカイホール

参加無料ですので、ぜひお越しください。*要予約

申し込み方法:電話かメールでお申込みください。
TEL: 03-5545-7731(制作会社パオネットワーク)
Mail: huxutong@paonetwork.co.jp(名前と人数を明記ください)

 

mirai_hayashiya_kokaishuroku.png

投稿者:スタッフ | 投稿時間:15時10分 | カテゴリ:番組からのおしらせ | 固定リンク

2018年05月22日 (火)

登場したアーティストの卵② 堀田さくらさん

デザイナーのコシノジュンコさんを講師に迎えた今回の未来塾。塾生の東京藝術大学の学生たちがこれまで手がけてきた作品を順にご紹介しています。


青柳さん
に続いてご紹介するのは、堀田さくらさんの作品です!

hotta01.JPG

 

こちら「女勲」という作品。

東京藝術大学の優秀な卒業・終了作品の制作者に授与される「台東区長奨励賞」という賞の平成29年度の受賞作品で、現在上野中央通り地下歩道展示ブースに展示されています。

hotta02.jpg


社会進出の一方で、依然として「女らしさ」に縛られている世の女性たちの“見えない努力を讃えるアワード”というテーマのこの作品。一つ一つが「メイクアップ賞」、「ハイヒール賞」、「言葉遣い賞」などといった、当たり前のように思われがちな女性の努力に対しての賞になっています。

hotta03small.jpg

それぞれにその賞の意味合いが的確に表現されていますね。

2019年の2月中旬まで常設展示されているそうなので、興味のある方は見に行ってみてください! 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:16時40分 | カテゴリ:制作日誌 | 固定リンク

2018年05月20日 (日)

登場したアーティストの卵① 青柳諒さん

コシノジュンコさんを講師に、商品開発に取り組んだ今回の未来塾。塾生の東京藝術大学の学生たち、それぞれに強烈な個性を発揮していましたね。

 

日々作品作りに取り組んでいる塾生たち。せっかくなので彼らがこれまでに制作してきた作品の一部をご紹介していきます!

 

まずは青柳諒さんの作品から。立体物にこだわる青柳さんは、番組で取り上げられていたこちらのトラロープで作ったトラがインパクト絶大!

aoyagi1.jpg
 

印象に残る作品ですよね。でも青柳さんの作品はこうした大きな立体のオブジェだけではないんです。こんな作品もあります。

aoyagi2.jpg

病院の中のデザインです。大きな立体のオブジェから装飾まで、多彩な才能を感じます。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:11時11分 | カテゴリ:制作日誌 | 固定リンク

2018年01月08日 (月)

新人大型カメラマン

益城町の仮設住宅にお邪魔した、今回の未来塾。

 

子ども達の目を引くのは、やっぱり大きな撮影用のカメラ!

 

撮影後、カメラマンの周りには人だかりが・・・講師の久美さんも気になります。

 

そして、撮影が始まって2週間後。

 

0108blog_1.jpg

 

新人カメラマンが誕生!

 

なつきカメラマンです。

 

初めてカメラを触ったのに、ズームとフォーカスをマニュアルで操作。

 

3年目の私、一気に先を越されました。

 

カメラマンと一緒に、バッチリ2カメ体制で臨みます。

 

 

0108blog_2.jpg

 

実は、今回の未来塾で、なつきカメラマンが撮った映像が1カット、

 

使われておりました!どのカットか、わかりましたか・・・?

 

ヒントは写真にも写っている楽しそうなお友達。

 

探してみてくださいね!

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:14時01分 | カテゴリ:制作日誌 | 固定リンク

ページトップへ