あしたブログ | 明日へ つなげよう

災害と報道

  こんにちは、ブログ担当・咲です!   毎年、この時期は震災・防災を考える特集番組が目白押し。   なかでも、今日紹介するのは、局・メディアの枠を越えた強力なコラボ企画です!   今回の番組では、NHK、フジテレビ、ヤフー、東北からは地元テレビ局とコミュニティFMが大集合。   3.11で未曽有の災害と被害に直面したNHK・民放・デジタルメデ...

続きを読む

1995年1月17日午前5時46分、M7.3の阪神・淡路大震災が発生しました。 ビルや高速道路の倒壊、火事…当時、私はまだ中学生。テレビに映る被害のあまりの大きさに、どこか信じられない気持ちで呆然としてしまいました。   6千人以上の命が失われた阪神・淡路大震災から、今年で24年。 今年もNHKはミニ番組「あの日を胸に」を制作しました。   NHK大阪放送局ブログ...

続きを読む

 【前回までのあらすじ】 2011年東日本大震災が発生した際、東京のスタジオでニュースを担当していた武田真一アナウンサー。宮城県名取市周辺からの中継映像を見ながら、津波からの避難を呼びかけました。(→①震災の時に感じた「無力感」) 2万人近い方々が犠牲となった災害に、「言葉や放送で何ができるのか」と無力感を感じながらも、5年間かけて災害報道の見直しに携わりました。(→...

続きを読む

←前回のインタビュー 2011年3月11日。東日本大震災が発生した際、ニュースを担当していた武田真一アナウンサー。 2万人近い犠牲者が出た災害を前に、「言葉や放送で何ができるのか」と無力感を感じますが、被災地を訪ねたことで、自分にできることは「次の災害の時に命が救えるような放送を出す」ことだと考えるようになります。そして災害時の報道の見直しに関わること…全3回のインタビュー...

続きを読む

Web担当・花です。 去年、NHK放送博物館での特別展「東日本大震災を伝え続けるために」で紹介された映像を見かけてから、ずっと気になる人がいました。   この方です↑↑ 写真ではわかりにくいかもしれませんが… 武田真一アナウンサー、 「クローズアップ現代+」のキャスターです。    2011年3月11日東日本大震災、発生時、武田アナは東京のスタジオで、被...

続きを読む

九州から東海にかけての広い範囲での記録的な豪雨。各地での被害が相次ぎました。 引き続き、土砂災害に警戒するとともに、気温が30度以上の真夏日になるので、熱中症にもどうぞ十分に注意してください。   防災・減災に役立つ情報をまとめたミニ映像集「防災クリップ」から、 1) 普段からできる熱中症対策2) 熱中症の応急処置 に関する情報をダイジェストでお知らせします。   1) 普段か...

続きを読む