あしたブログ | 明日へ つなげよう

2019年12月20日 (金)

台風で傷ついた屋根を守る「アシスト瓦」!実際に作ってみよう♫

 

 

こんにちは、web担当・咲です!

 

今週の「明日へリポート」で紹介された、

台風で飛ばされた屋根瓦の代わりとして使える、軽くて丈夫な「アシスト瓦」。

 

大阪を拠点に活動する災害ボランティア、中島武志さんのアイディアで生まれました。

 

 

台風被害が特に甚大だった千葉県の被災者に向けて、全国から手作りの瓦が集まっています。

 

当ブログでも、作り方をご紹介!^ - ^

 

使う材料は、30センチ四方に切ったダンボールと、防水テープ、そして水や紫外線に強いビニール製シートの三つ。

kawara2.jpg

 

このダンボールをシートで包み、四方を防水テープで止めれば完成です!

 

この「アシスト瓦」、瓦の形に合わせて曲げられるため、屋根にもピッタリフィットするのです。

 

なんと、一度作ったら2年もつ!とも言われているとか。

 

大阪北部地震で被害を受けた家にも使われていますが、一年経った今でも劣化はみられないそうです。

 

千葉県の被災者に届けられた瓦がこちら。

kawara3.jpg

 

全国各地からの素敵なイラストとメッセージで飾られています。

 

将来起こるかもしれない災害時にも、きっと役立つ「アシスト瓦」。

一度、家で作ってみてはいかがでしょうか(^^)

 

 

「明日へつなげよう」ホームページで見ることができる

明日へリポート」もぜひご覧ください!

 

https://www.nhk.or.jp/ashita/bangumi/5min/