あしたブログ | 明日へ つなげよう

2018年07月09日 (月)

【拡散希望】 熱中症対策&応急処置方法

九州から東海にかけての広い範囲での記録的な豪雨。各地での被害が相次ぎました。

引き続き、土砂災害に警戒するとともに、気温が30度以上の真夏日になるので、熱中症にもどうぞ十分に注意してください。

 

防災・減災に役立つ情報をまとめたミニ映像集「防災クリップ」から、

1) 普段からできる熱中症対策
2) 熱中症の応急処置

に関する情報をダイジェストでお知らせします。

 


1) 普段からできる熱中症対策

熱中症にかからないために手軽にできる対策もあります。

① 水分補給。蒸し暑い日には、のどの渇きを感じる前に水分や塩分などをこまめに補給しましょう。

② 直射日光を防ぐのも有効な対策です。すだれやカーテンで直射日光を遮ります。屋外では、帽子をかぶるか、日傘をさすよう心がけて下さい。

 

suibunenbun.JPG「熱中症 水分 日よけ 汗をかく」

 


2)熱中症の応急処置

熱中症になってしまった人には、早めの手当が何よりも重要です。

まず、日陰や涼しい部屋に移動させて、横にします。脚は少し高くあげ、衣服をゆるめ、靴下を脱がせます。

ashiwotakaku.JPG


"氷のう"や、ぬれタオルでからだを冷やします。首筋やわきの下、内ももなど、太い動脈があるところが効果的です。

水分や塩分を少しずつとらせます。

意識がないなど、症状が重い場合は、直ちに医療機関で治療を受けてください。 

doumyaku.JPG「熱中症 休ます 冷やす 水飲ます」

 

 

子どもは体温を調節する機能がまだ発達していないばかりか、大人に比べて背が低いので地面からの照り返しの影響を受けやすいので注意が必要です。

高齢者は暑さやのどの渇きを感じにくいため、気づかないうちに脱水症状になることがあります。また、慣れない環境でトイレに行くのが面倒な場合、水分を控えてしまう傾向があるようです。

まずは自分の身を守り、それからで結構です。周囲の子供や高齢者の様子も確認してくださるようお願いします。

「防災クリップ」熱中症情報




英語の動画もありますので、必要な方がいらっしゃったら、ぜひシェアしてください。

「SURVIVAL TIPS FROM JAPAN」

1 minute videos on heat stroke prevention and how to treat the patients are coming up today. 

english.JPG

熱中症以外にも、水害・台風・地震など、防災・減災に役立つ情報をまとめました。

 

 

避難所にいる、
物資が足りない、

など、知っていてもままならないこともあると思いますが、なんとか乗り切っていただきたい、と願っています。

 

「防災クリップ」 https://www.nhk.or.jp/ashita/1min/

水害
台風

地震・津波・水害・台風・熱中症対策・節電など、防災・減災に役立つ情報をまとめたミニ映像集です。

English Version