あしたブログ | 明日へ つなげよう

2020年03月04日 (水)

【3/8放送】NHK フジテレビ ヤフー共同企画!災害時のメディア連携を徹底討論

digital-thumnail-rev2.jpg

 

こんにちは、ブログ担当・咲です!

 

毎年、この時期は震災・防災を考える特集番組が目白押し。

 

なかでも、今日紹介するのは、局・メディアの枠を越えた強力なコラボ企画です!

 

今回の番組では、NHK、フジテレビ、ヤフー、東北からは地元テレビ局とコミュニティFMが大集合。

 

3.11で未曽有の災害と被害に直面したNHK・民放・デジタルメディア。

 

実は当時、普段はあり得ないような驚くべきメディア連携が生まれていました。

 

それから9年。メディアはどのように進化してきたのか?「デジタル新時代」にむけて、どんな情報発信を目指していけば良いのか?

 

スタジオで媒体の垣根を越えた徹底論争を繰り広げます!

 

あの日、本当に必要な情報はなんだったのか?

 

意識調査によっておどろきの結果が…

 

「放送で誰の言葉が避難を後押しするか?」

 

みなさん自身のこともぜひ思い出してみてください。

発災時に急いでテレビをつけると、さまざまな人が情報発信しています。

誰の言葉を聞いた時に、一番「避難しなきゃ!」と思いましたか?

 

一位は自治体の関係者。そして、全国放送のアナウンサーよりも、地元番組で見るアナウンサーの声の方が聞いてもらいやすいのだとか!

 

また、ヤフーの検索データから「被災地でどんなワードが最も検索されていたか」時系列で明らかになりました。「メディアが伝えた情報」と「被災地で必要とした情報」にギャップはあったのか?データから読み解きます。

 

そして、いま新型コロナウィルス関連の報道でも問題になっている、緊急時の「フェイクニュース」対策も考えます。

 

東日本大震災当時のメディアを分析することで見えてくる「デジタル新時代のメディア連携」。

 

どんな議論が展開されるのか、ぜひ放送で確かめてください!

メディア同士のコラボをお見逃しなく!

 

3月8日(日)〔総合〕午後2:00~

『“死者ゼロ”を目指せ ~デジタル新時代のメディア連携とは~』

[再放送] 3月14日(土)〔総合〕午前2:40~ ※3月13(金)深夜