あしたブログ | 明日へ つなげよう

2020年01月10日 (金)

【リポート第三弾】公開復興サポートin気仙沼はアツかった!!!

あけましておめでとうございます

 

あっという間にお正月が終わりましたね。お正月とのお別れが少々名残惜しい花太郎です。

それならば!と思いを切り替え、来年も笑顔でお正月を迎えられるように張り切って2020年を生きようと思っております。

 

さて、わたくし花太郎は、先月の頭に気仙沼で行われた「公開復興サポート」というイベントについて2回に渡ってリポートしてきましたが…

 

title.png

第一弾

第二弾

 

…今日はその第三弾をお届けします!!

 

公開復興サポートとは…

東日本大震災などで被災した地域のみなさんにNHKの公開番組や体験型ブースをお楽しみいただくイベントです。

詳しくは、第一弾をみてね。

 

今回は、気仙沼で公開収録され、今月放送予定の番組を中心に紹介します。

 

 

 

 

 まずは、

suteki_title.png

Eテレで毎週木曜日に放送している人気番組

 

出演者は…

番組ファンにとってはおなじみの2人のMC

洋輔(ようすけ)さん

東尾理子さん

そして、キルト作家としても有名な

キャシー中島さんです。

 

ご存じでしたか?キャシー中島さんは洋輔さんの実のお母さまなんですよ!

キャシーさんの影響で幼いころから手芸に触れてきた洋輔さん。ご自身も手芸家として活躍されています。

今回の豪華親子出演、いつもと一味違う番組がみられるかも!

 

洋輔さんのブログにも、当日の様子がアップされています。

前回くわし~くご紹介したあの!ホヤぼーやと熱いハグを交わす洋輔さんの写真をブログで発見。ホヤぼーやファンで、かつ洋輔さんファンの私にとっては激アツの写真でした。気になる方は是非お調べください!

hoyaboya3.png

ほやぼーや

 

 

suteki1.JPG

「すてきにハンドメイド」の現場、笑顔も“すてき”です。

 

 

 

手が進むにつれて徐々におしゃべりも出て、和気あいあいとした雰囲気に。

出演者の皆さんが丁寧に教えてくれるから、マダムたちも終始笑顔で創作!!最高!!

suteki2.JPG

 

今回作ったのはウール地のマフラー。

気仙沼の花、ヤマツツジのモチーフをブランケットステッチでチクチク手縫い〜。アップリケにします。

 

ホワホワとした空気感の中、皆さんがぬいぬいしてる様子を見ていてとてもほっこりしました。手作りの手芸の良さってこういうところなんだろうなと思います。

みなさんも、番組見ながらマフラーつくりましょ〜!

私も作ります!!!

 

 

そんなすてきな番組の放送予定は…

〔Eテレ〕2020年1月23日(木)午後9時30分~

 

 

お見逃しなくーーー!!

 

 

 次は、

 

foorin1.png

〈NHK〉2020応援ソングプロジェクト曲「パプリカ」をみんなで踊るステージ!

 

 

米津玄師さんが作詞・作曲、プロデュースした「パプリカ」、子供たちを中心に、絶大な人気がありますよね。大晦日の紅白歌合戦でも出場して大人気でしたね!

かくいう私も夢中です。

 

そんな旬のパプリカを歌うFoorinと一緒に踊れる夢のステージが、先月、震災からの復興が進む、宮城県の気仙沼市で開かれました!

foorin2.png

 

〈NHK〉2020応援ソングプロジェクトとは、「あしたにたねをまこう!」というキャッチコピーのもと、2020年とその先の未来に向けて頑張っているすべての人を応援していくプロジェクトです!      

※このプロジェクトは東京2020公認プログラムに認証されています

 

 

ステージでは気仙沼の子供たちが自分の夢を発表してくれる場面もありました。子供たちの夢がかなうようにみんなで応援していきたいですね。

 

そんな最高のステージの様子や、子供たちが将来かなえたい夢をFoorinが応援する5分番組、「明日へつなげよう×パプリカ in気仙沼」ができました。

放送は…

〔総合〕2020年1月13日(月・祝)午後0時40分~

                午後6時40分~

 

 

 

 

foorin3.png

みんなでパプリカを踊ろう!!

 

 

 

 


さいごは、

shinsai_title.png

震災直後から回数を重ねてきた番組

 

ハートネットTVでは、震災後、東日本大震災を詠んだ短歌を募集。入選した短歌の作者とゲストが、震災についてともに語り合う歌会を毎年開催してきました。

毎回数百首もの短歌が寄せられるそうです。

 

実は、ネット社会となった今なぜ短歌なの?動画でいいじゃん・・・と、私は思っていました。

 

ところが、この番組のことを知ってその価値観はひっくり返されました。

 

「言葉の力」という言葉はそれなりに耳にしますが、それをまざまざと思い知らされたのです。

 

 


詠まれた歌の言葉が心にスッと入り込み、美しさと悲しさが同時に押し寄せてくる感覚は、私にとってとても衝撃的なものでした。たった30文字程度の情報なのに、です。

 

tannka.png

(引用 2018/07/25放送)

 

 

 

 

 

shinsai.JPG

短歌を味わい、各々の震災を思い返す皆さんの表情が私の目に焼きついています

 

 

中には、突きつけられた厳しい現実をはじめは受け入れられなかったけれど、短歌を通して受け入れていくことができたという方もおられました。

出来事や、風景、そして感情などを、言葉にたくしたことで、自分の気持ちと一つの折り合いがついたというのです。

 

「震災を詠む」に登場する短歌には、詠む人それぞれの思いが濃厚に詰まっています。

 

震災以来癒えない心を詠んだ歌、失われた景色を焦がれる歌、一歩踏み出した喜びを詠んだ歌を通して、被災地のみなさんの思いをぜひ知ってほしいです。

 

放送予定は

2020年1月23日(木)午後9時30分~

ご覧ください!

 

 

これにて花太郎による「公開復興サポートin気仙沼」リポブログは完結です。

読んでくださった皆さん、ありがとうございました!

ほんとにありがとう!

 

またね~!