あしたブログ | 明日へ つなげよう

2020年01月02日 (木)

【 1/5 放送】 新浜と生きる ~震災9年 命つなぐ里浜~

こんにちは、web担当・咲です!

 

みなさん、あけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(._.)m

 

防災のこと、被災地のこと、東北のご当地グルメのこと…「もっと知りたくなる」ブログを目指して、これからも精進してまいります♪

 

さて、記念すべき新年初の「明日へ つなげよう」、舞台は仙台市南部の沿岸の町・新浜地区です。

 

8年前の東日本大震災を乗り越えた地域は、

 

今、あの巨大津波にも耐えた松林を中心に復活を遂げました。

niihama1.png

 

津波の後、高台に移転する自治体も多い中、あえて海とともに暮らし続ける道を選んだ住民たち。

 

人口も三分の一まで減り、子供の数もぐんと少なくなるなど、困難もたくさんありました。

 

そんな中、今、人々のふるさとに寄せる思いに変化が出てきているのだとか。

 

そう語るのは、震災後に遠くなってしまった海とのつながりを取り戻そうと活動してきた瀬戸さんと仲間たち。

 

niihama2.png

(漁に出る瀬戸さん)

 

「海は怖い、近付きたくないと思う人も多いが、 海のそばで生きる喜びも伝えたい」と、子供向けに釣りイベントなどを催してきました。

 

niihama3.png

(松林で自然観察会も!虫取りもできるのかな?)

 

その思いは次第に人の輪に広がり、今年、新浜をずっと避けてきた瀬戸さんの孫・孟さんも祖父を手伝うようになりました。

 

未曾有の災害に見舞われた海沿いの町に暮らし続ける意味とは?

 

美しい四季折々の自然に恵まれた町で心の復興を目指す人々の姿を描きます。