あしたブログ | 明日へ つなげよう

2017年10月31日 (火)

【祝・ミリオン!】花は咲く~リオデジャネイロ メダリストバージョン~

輝く55人の「花は咲く」

2016年夏のリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックで日本中を沸かせたメダリストたち総勢55人が歌う『花は咲く~リオデジャネイロ メダリストバージョン~』。

震災から6年のタイミングに合わせて今年の3月から放送がスタートしました。そして、今年6月にYouTubeのNHKチャンネルに公開されて4ヶ月。なんと再生回数が127万回を突破!しかも、まだまだ伸び続けています!

アスリートたちがしっとりと歌うレアな姿、ぜひこちらからご覧ください!(※NHKサイト内のホームページへリンクしますが、YouTubeでもぜひ見てくださいね ⇒ https://youtu.be/WeXf5MJCrh4  )

haneda1030small.jpg日本で初めてカヌー競技のメダルを獲得した羽根田卓也選手も出演!



シャレにならない撮影裏話

メダリストのみなさんに遠方から撮影のために東京へ来ていただいたり、撮影クルーが出向いたりして、全員を撮るのには、およそ3ヶ月もかかったそうです。

制作にあたったプロデューサーに、胃がキュンとなった一番の思い出について聞きました。

プロデューサー「55名のアスリートと制作関係者、収録スタジオ、移動手段の調整は一筋縄ではいかず、ずっとキュンキュンしっぱなしでしたが、最初に歌ってくださった競歩の荒井広宙選手の撮影のときが一番かなぁ。みなさんに、衣装として日本代表の公式ジャージやブレザーを持参くださるようお願いをしていたのですが、荒井選手は忘れてきてしまって。私たち制作サイドも予備を用意しておくっていう概念がなかったし、スタジオにはもう制作スタッフ全員が集合しちゃってる…。荒井選手も多忙だから、この機会を逃したらもう撮影できないかも!?そんな状況でした。」

やだ、私までキュンキュンしてきちゃいました。ど、どうなったんですか?

プロデューサー「答えは動画を実際にご覧いただければ分かりますが、その日、荒井選手は陸上競技選手のアワードに出席されていたので、これ以上ないっていうぐらいの正装を持っていたんです。そこで、それを着てもらって、事なきを得ました。」

あ!
一人、かっこいい格好をしているな~と思っていたんですが、そんな裏事情があったんだ!

medalists650.jpg「かっこいい格好」どーこだ?


プロデューサー
「あの時の『わっ!どうしよう』を教訓に、それからは男女とも予備のジャージを常備しました。結構、役に立ちました。」



メダリスト★パワー

この再生回数の伸び、YouTubeのNHKチャンネルでは驚異的なスピードなんだそうです。「あの感動をもう一度」というだけでなく、55人のアスリートのどなたかが活躍したり、おめでたいことがあるたびに再生回数が伸びるわけですから、これからもっともっと著作権料を義援金として被災地に届けるためにも、アスリートのみなさまの更なるご活躍とプライベートの充実を、花はお祈りしております♪

miyake1030small.jpgみちのくモノがたり スペシャル」にも出演した三宅宏実選手も!  

「花は咲く」は、作詞を岩井俊二さん、作曲を菅野よう子さんが手がけた復興支援ソングです。詳しくはこちらから。著作権料を義援金として被災地にお届けしています。

いままでにもたくさんの全国、そして全世界のみなさんが歌ってくれました。「100万人の花は咲く」のサイトでご覧ください。ビデオの投稿もお待ちしていま~す!