あしたブログ | あの日、そして明日へ

2017年09月01日 (金)

【9月】防災クリップ & 6年半特集番組

こんにちは。Web担当の花です。

今日9月1日は「防災の日」。これから起こりうる災害への心構えを再確認する日です。「明日へ1min. 防災クリップ」シリーズには、地震、津波、台風、水害や熱中症の対策など、防災・減災に役立つ1分動画がいっぱいです。ぜひチェックしてみてください。


そして今月で、東日本大震災から6年半が経ちます。「明日へ つなげよう」では、2本の特集番組を放送し、2つの視点で震災を見つめなおします。



証言記録スペシャル 「いつか来る日のために~被災地支援~」
9月2日(土)[総合] 午後4時40分~5時24分放送(※ 関西地方は別番組)
<再放送>9月11日(月)[総合] 午前10時15分~10時59分

itsuka110623074.jpg

東日本大震災で被災地に駆けつけたボランティアは、これまでに述べ150万人。しかし、時の経過にともなって徐々に減少。2011年5月には18万だったボランティアは、今年1月は1600に。いま、被災地ではどんな“支援”が求められているのか?そして今後、大災害が起きた場合、どんな支援にどのような準備と心構えでのぞめばいいのか?東北をずっと応援し続けているサンドウィッチマンさんと一緒に考えます。

 

こころフォトスペシャル 思い出の“あの場所”
9月9日(土)[総合] 午後4時35分~5時19分放送
suzukicrop.jpg

東日本大震災で亡くなった方・行方不明の方へ向け、家族からのメッセージを紹介してきた『こころフォトスペシャル』。今回は、亡き人との思い出を紡ぐ「あの場所」をたどります。

東日本大震災で奪われた命は2万以上。遺族たちはそれぞれに「あの場所」の思い出を持っています。亡き人と常に過ごした「あの場所」。大切な人を探し続けた「あの場所」。亡き人と行きたかった「あの場所」。しかし6年余りが過ぎ、新しい街並みが姿を現し、「あの場所」の面影は消えようと…

被災地を撮り続けてきた「定点映像」なども織り交ぜ、消えようとする風景に込められた遺族の思いを紡ぎます。ナビゲーターは鈴木京香さん。語りは大沢たかおさんです。


2本とも、お見逃しなく。
特集番組ページは、こちらから。