ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK旭川放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK旭川放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

今月のおすすめ番組総合ほか

今月のおすすめ番組

※放送日、タイトル、内容等は変更になる場合があります。
※時刻に( )がついているものは、時刻が若干前後する場合があります。

8月13日(日)
午前9:40〜9:58

【NHKワールドTV(国際放送)】
Wild Hokkaido! #10
「占冠の森」


北海道の雄大で彩り豊かな大自然の魅力に加え、観光情報も紹介する新番組「Wild Hokkaido!」。
連続テレビ小説「マッサン」でヒロインを務めた俳優、シャーロット・ケイト・フォックスさんがナビゲーターのひとりとして北海道を旅し、世界中の人を魅了する北海道の大自然の魅力を世界にご紹介する「大自然・観光情報番組」です。


▼番組ホームページ
https://www.nhk.or.jp/wildhokkaido/ja/

8月14日(月)
午後8:00〜8:43

【総合テレビ<全国>】
NHKスペシャル 証言ドキュメント
「忘れられた戦場〜樺太・40万人の悲劇〜」


北海道の北に浮かぶ巨大な島、サハリンはかつて「樺太」と呼ばれ、40万人の日本人が暮らしていました。
昭和20年8月、玉音放送が流れた後に、現地司令部に、ある命令が届きました。「自衛戦闘ヲ敢行スベシ」。各地でソビエト軍との交戦が続き、兵士と民間人合わせて5千人から6千人が犠牲となりました。
なぜ戦闘を続けることになったのか―。今回NHKは、国内外で眠っていた日本軍の内部文書や行政幹部たちの記録を発掘。さらに、100人を超える元住民や軍関係者の証言や手記を集めました。
見えてきたのは、住民をも動員して「本土決戦」を実行しようとした軍と行政機関の姿。そして、東京の参謀本部―札幌の司令部―樺太というピラミッド構造のもと、上部組織への忖度によって、理不尽な判断が繰り返され、末端の兵士や住民の犠牲が拡大していった実態だったのです。
8月9日のソ連軍侵攻後、終戦を挟んでおよそ2週間続いた樺太戦の全貌を、証言と新資料によって立体的に描き出し、戦争末期、日本の最末端で顕在化した組織の病理と矛盾がもたらした悲劇の実相に迫ります。

▼番組ホームページ
http://www6.nhk.or.jp/special/index.html

 8月27日(日)
午後2:00〜4:59.55

【FM<単域>】
第84回 NHK全国学校音楽コンクール 道北地区大会

全国の小中高校が参加して行われる「NHK全国学校音楽コンクール」。
平成29年度は84回目を迎えます。
道北地区で行われる地区大会の模様を収録し、参加校すべての自由曲と金賞受賞校の課題曲を放送します。


  道内ゆかりの選手たちのスポーツ放送予定はこちらから!

▼ホームページ
http://www.nhk.or.jp/sapporo/sports/
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
↑ ページの先頭へ