NHK旭川放送局 旬 あさひかわ

こんにちは!影島亜美です。

7月17日放送 ほっとニュース北海道「JIMOTO自慢」の取材で、
緑豊かな山々に囲まれた、旭川市の江丹別地区に行ってきました!

200720-01.jpg
訪れたのは、旭川あらかわ牧場。
この牧場では、酪農の傍ら、美味しいチーズを作っています。

その中から、今回紹介するのは…こちら!

200720-02.jpg
昆布だしを使ったチーズです。

コンセプトは「和の心を込めた、日本の美味なるチーズ」です。
日本酒や焼酎と一緒に食べてもらいたいと、道産の昆布だしを使い、味わい深いチーズを目指したそうです。
味だけではなく、チーズの形やパッケージも扇子型にし、“和”にとことんこだわっています。

作っているのは、この牧場の2代目で、チーズ職人の荒川求さん。
搾乳や乳製品づくりなどの体験を通して、牧場に来てくれるお客さんに、思い出と一緒に
持って帰ることができるお土産を作りたいと思い、チーズ作りをはじめたそうです。
朝早くから工房に立ち、こだわりを持ってチーズ作りに励みます。

そんな荒川さんが情熱を持って作った昆布だしのチーズ、道内から数多くの職人が参加した
「北海道地チーズ博」で、今年のグランプリに輝きました!

200720-03.jpg
私もチーズを試食させていただいたのですが、
昆布だしの塩味とチーズの甘さがよく合って、とても美味しかったです(*^^*)
歯ごたえもよく、噛むと“キュッ、キュッ”という食感も楽しめました!

そして、人生初めて、牛舎にも入らせていただきました!

200720-04.jpg
荒川さんの牧場では、約40頭の牛を育てています。
この牛たちから生産されたミルクを使って、チーズが作られているのです!
日中は牧場で放牧もされており、のびのびとした環境で育てられているのが印象的でした。

荒川さんの将来の夢は、自分が作ったチーズを、日本を代表とするチーズの1つにすること!
今後はチーズの種類を増やして、お客さんがチーズを選べる楽しみを作れたら、と話していました。
現在、新作も試作中とのこと…とっても楽しみです(^^)♪

放送に協力してくださった、旭川あらかわ牧場の皆さま、本当にありがとうございました!