NHK旭川放送局 旬 あさひかわ

 7月6日(土)放送  午前7:30~「おはよう北海道土曜プラス ぶらりみてある記」
⇒番組ホームページはこちら

7月9日(火)放送  午前11:30~「ひるまえナマら!北海道」
⇒番組ホームページはこちら

 

こんにちは。キャスターの安部遼です!
夏が来たー!とテンションが上がるような
陽気な日が続いているきょうこのごろですが、
みなさんいかがおすごしでしょうか(*^-^*)
そんな日はついお出かけしたくなりますよね!
きょうは夏におすすめしたい利尻島の話題をお伝えします。

20190711-01.jpg
▲稚内からフェリーで2時間ほど。
 およそ4500人が暮らす利尻島です。
 この日は天気も良く、
 くっきりと利尻山見えていました!
 利尻島はその景観からもわかるように、
 利尻山がとても有名ですが…

20190711-02.jpg
▲実は海もとってもきれい!なんです。
 夏の利尻は、
 透明度の高い真っ青な海が出迎えてくれます。

20190711-03.jpg
▲そんな海の魅力をシーカヤックで伝えているのが
 渡辺敏哉さん(わたなべ・としや)です。
 利尻出身で、島を知り尽くした自然ガイドです。
 それはそれはパワフルで、
 島の海も山も大好き!という熱い方でした♪

20190711-04.jpg
▲ペシ岬です!
 岩場には「ウミウ」などの海鳥がたくさん!
 切り立った崖の下にあるため、
 海からしか見ることができないとのことです。

20190711-05.jpg
▲利尻山からのミネラル豊富な湧き水のおかげで、
 昆布が豊かに育ちます!
 こんなにきれいに見えるんです!
 利尻昆布といえば、
 全国的にも上品なダシがとれると有名ですよね~。

20190711-06.jpg
▲放送ではお伝えしきれなかったのですが、
 透明度が高いおかげで海底まで見えますが
 一部モヤモヤッとしているのがわかりますか?
 実はこれは利尻山からの湧き水なのだそうです!
 実際に湧き出ているところを案内してくれました☆

20190711-07.jpg
▲渡辺さんの特におすすめなのが…
 やはりこちら!
 海から見た、利尻島です(*’▽’)
 すごくきれいで眺めも最高ですよね!
 青い空と海に挟まれた利尻山、
 まさに絶景です。
 この体験では
 利尻の海を思う存分満喫することができますよ。

20190711-08.jpg
▲続いては海の幸を味わってきました!
 この時期の名物といえば
 なんといってもウニ!
 町が運営している観光施設を訪ねました。
 手に持っているのは、
 実際に漁師さんが使っているもの!
 箱眼鏡と呼ばれる道具で、
 これで水中を覗いてウニをとります。
 実際のものよりも少し
 大きめに作られているそうです。

20190711-09.jpg
▲この体験ではウニを自分でとって、
 そのウニを味わうことができます。
 陸に固定された船の上から
 ウニを探してとります。
 ウニは海藻や岩の隙間にいて、
 探すのは結構、大変(^_^;)!
 この日は比較的、
 波も高かったのもあり、
 5分以上かかってしまいました。笑

20190711-10.jpg
▲ただ、最後まで諦めずに探しましたよー!
 波が穏やかな日だと
 水中も見やすいので
 とりやすいとのことで、安心してください!

20190711-11.jpg
▲ウニを手に乗せてもらっちゃいました。
 もぞもぞしてくすぐったかったです。
 一連の体験は
 スタッフさんが
 道具の使い方や
 コツを丁寧に教えてくれるので
 初心者でも安心です(^^)



20190711-12.jpg
▲とったウニを自分で殻むきして
 軍艦にして味わいました!
 思わず「んーーー!!美味しい!」と、
 声が出てしまいます。
 濃厚でクリーミー、絶品でした。
 利尻のウニは、利尻昆布を食べて育つので
 甘みが濃くなるんだそうです。

 

20190711-13.jpg
▲施設内では
 ウニと昆布が入ったアイスも食べられます!
 スプーンも昆布で出来ているので
 最後まで楽しんで食べることができますよ!☆
 昆布の旨みがしっかり出ていて、
 とても美味しかったです!

20190711-14.jpg
▲手には利尻町のイメージキャラクター「りしりん」を持って、
 みんな揃って「はい、チーズ!」
 みなさん気さくな人たちで、
 この施設をもっといろんな人に知ってもらって、
 利尻を楽しんで欲しい!と話してくれました。

 

20190711-15.jpg
▲そしてこの時期、
 島では120年続くというお祭りにも参加してきました。
 500キロを越す2つの神輿が町を練り歩き、
 町中に明るい声や音色が響きます。
 重たい神輿をみんなで上下左右に大きくふって、
 かつて盛んだったニシン漁の船が揺れる様子などを表現して、
 1年の豊漁と商売繁盛を願います。
 担いでいるのは町の若い人や漁師さんたちです。

20190711-16.jpg
▲一年に1度!
 町のみなさんが集まるお祭り
 ということで、
 毎年楽しみにしている人も
 多いのだそうです。

20190711-17.jpg
▲神輿を担ぐのは夜まで続きます、
 その時間、なんと8時以上!
 途中で疲れて動けなくなっている人もいるほどでした。
 ですが、みなさん最後に向けて、どんどん声が大きく!
 すごい迫力で、担ぎきる様子はかっこよかったです。
 地元のみなさんは、
 「海に育てられた感謝の気持ちを持って担いでいる」 と話してくれました。

取材では、
夏の利尻島はやっぱりアツイ!!ということ、
それに
山も海も島を愛するみなさんの気持ちが伝わってきました。
夏の利尻島は見逃せない!
ぜひ、この夏、
様々な体験をしに利尻島を訪れてみてはいかがでしょうか?(*^O^*)