NHK旭川放送局 旬 あさひかわ

 こんにちは。

キャスター・リポーターの松田萌香(まつだもえか)です。

22年過ごした札幌を離れ旭川にやって来て、右も左もわからない新社会人
……だったのはもう半年前。
テレビやラジオを担当させていただき、日々勉強しています。
これからもよろしくお願いします!

さっそくですが先日、増毛町に伺いました。
増毛町は海の恵みも山の恵みも豊富なうえ、
廃線になった駅舎をはじめとして数々の建物が大切に保存されていて、
町並みがとてもきれいでした。
今回はくだもの狩りをメインにさまざまなところを訪ねました。
伺ったのは、市場には出荷せずに加工品を作ったりお客さんにくだもの狩りをしてもらう
観光果樹園のマルゼン佐藤果樹園です。
 20181003-01.jpg

写真のぶどうは「ナイアガラ」です。
ちょうど私の目の高さに実っていて、
今まで見たことのない光景にちょっぴり面白さを感じました。
木の下ところどころにテーブルといすが置かれていたので
背の高い方でもゆっくりくだもの狩りを楽しめますよ。
私が手に取ったぶどうはどれも甘い!とびきり甘い!
今月下旬に向けてさらに甘くなっていくそうですよ!
ほかにもりんごやプルーンもくだもの狩りできるんです。
プルーンは今月中旬まで、
ぶどうとりんごは今月下旬まで楽しめます。

放送では紹介しきれませんでしたが、増毛漁協にもお邪魔しました。
 20181003-02.jpg

増毛漁協のみなさんです。
今はサケと甘エビがおいしいそうです。
背後に積んであるケースには甘エビがぎっしり詰められていました。
なんと、ふたを開けるとピチピチ跳ねるんです!!
珍しいものを見せていただきました。ありがとうございます!

そのほか協力していただいた増毛町の方々、ありがとうございました。

これからぶどうやりんごがどんどん実るということで、
果物に魚介類と、10月下旬まで増毛町の秋ならではの魅力をたっぷり堪能できると思います!