2016年11月30日 (水)【今回のお題】北の「なごり列車」

どうも川村です。

もうすっかりニュースでもご存知の通り、

道北は早々と大変な大雪に見舞われております。

市内はまだ11月だというのにこの有様です。

1shinai.jpg

                         常磐公園11月29日

2shinai.jpg

                         市内中心部11月30日

一体今何月なのかっ?という感じですがそうこうしているうちに12月です。

もうすっかり本格的な冬の到来なのであります。

この調子では「なごり雪」まではまだ相当かかりそうです。。。。

そんな中、先日日本海に面した増毛町で

「おかあさんといっしょ宅配便~ガラピコぷー小劇場」が開催されました。

1garamashi.jpg 3garamashi.jpg

午前と午後の2回のステージには、大勢の親子の皆さんにお越しいただきました。

終演後の写真撮影会も大いに賑わいました。

6garamashi.jpg4garamashi.jpg5garamashi.jpg

足もとの悪い中、会場にお越しいただいた皆さん、有難うございました。

ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

さてその増毛町ですが、

最近道内のみならず全国から大勢の人たちが集まってきています。

人々が集まるその中心地はここ。

8mashi.jpg

JR留萌本線の終点、増毛駅です。

昨年12月に放送した「呑み鉄」で六角精児さんが訪れた、あの駅です。

4mashi.jpg

留萌本線の留萌~増毛間は12月4日を最後に廃線となるため、

なごりを惜しむ人たちや鉄道ファンが連日、沿線を訪れています。

5mashi.jpg

6mashidog.jpg雪の中、ワンちゃんも名残を惜しんでおります。(;_;)/~~

留萌本線の留萌~増毛間は日本海に沿って走る風光明美な区間だったこともあり、

その廃止を惜しむ声が全国から集まっています。

7mahi.jpg

しかしながら利用者の減少に加え、冬季をはじめとした厳しい自然環境によって

たびたび運休となるなど、この区間の鉄道は大変深刻な状況に置かれていました。

今でこそ最後の思い出にと大勢の人たちが乗車していますが、

最近では1列車あたりの平均乗車人数が3人程度という状況が続いていました。

 6mashi.jpg

北海道は今、人口が減りつつある上に北国ならではの厳しい自然環境も相まって

この留萌本線の沿線に限らず、鉄道を維持していくには極めて困難な状況にあるのです。

今年の台風による鉄道施設の甚大な被害もこの状況に追い打ちをかけました。

一時の感傷にばかり浸っているわけにもいかない事態です。

JR北海道は先日「自社単独では維持困難」とする10路線13区間を発表しましたが、

道内の重要路線である宗谷本線の稚内・名寄間や

根室本線の釧路・根室間を含むその内容に、全道に衝撃が走りました。

民間企業のJRでは北海道の鉄道を独自で維持できる環境ではなくなりつつあるということを

改めて思い知らされたのです。

1mashi.jpg

鉄道をはじめとした道内の公共交通機関をどう維持していくのか、

北海道は今、大きな課題に直面しているのです。

ということで今回は深刻な話になりましたが、ここで番宣です。

今週金曜日(12月2日)の「北海道スペシャル」(北海道内向け全道放送)は

この問題をとりあげます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

JRshougekitop_bnr.jpg

JR北海道が、13区間、1200キロに及ぶ路線の見直しを発表しました。

12月2日(金)放送の「北海道スペシャル」では、スタジオにJRの幹部や自治体の代表、

専門家らを招き、「北海道の鉄道はどうなるのか」「地域の交通をどう守るのか」議論します。

皆さまからのご意見や質問を生放送の番組の中でご紹介させていただきます。

ご意見・質問の投稿方法についてはNHK札幌放送局のホームページでご確認ください。

★12/2(金) 19:30~20;43 GTV(全道放送)

    北海道スペシャル「鉄路縮小の衝撃」

北海道内のみの放送ですが、是非多くの皆さんのご意見をお寄せください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ではまた。

投稿者:ブログスタッフ | 投稿時間:16:00 | 固定リンク

2016年11月02日 (水)【速報】富良野が「神った」夜

どうも川村です。

前回ご案内した富良野市からの「今夜も生でさだまさし」は

一足早い冬景色、さらにはなんと放送直前にファイターズが日本一!となり、

カープファンには申し訳ありませんが、まさに「神ってる」生放送となりました。

今回はその模様をご紹介します。

13sada.jpg

まだ10月だというのに富良野市周辺は

放送の6時間ほど前から深々と雪が降り続いていました。

会場の新富良野プリンスホテルの玄関前もすっかり雪景色です。

3sada.jpg

深夜にもかかわらず会場のホテルロビーには抽選で選ばれた30人の観覧の皆さんだけでなく

当日の宿泊客の方々も大勢詰めかけました。

10sada.jpg

番組冒頭では、当日南富良野町を訪れたさださんから、被災地の皆さんと

コンサートを通じて交流してきた時のエピソードが紹介されました。

4sada.jpg

旭川放送局からは長野アナウンサーをはじめ高藤・西岡・日高・吉田の

4人の女性キャスターが登場、冬の北海道の魅力を紹介しました。

12sada.jpg 手作り感満載なのであります。。

5sada.jpg

おかげさまでさださんも突っ込み満載で一気にコーナーを盛り上げていただきました。予定の持ち時間を大幅に超えるノリの良さ。さすがです。

 

 

 

 

 

2sada.jpg番組後半ではなんと祝勝会直後のファイターズ・栗山監督からさださんの携帯電話に入電、

盛り上がりは最高潮に達しました。

 

11sada.jpg

会場にお越しいただいた皆さん、またご協力いただいたホテルの関係者の皆さんに

あらためて感謝申し上げます。

さて最後にこちらもぜひご紹介しなければいけません!

9sada.jpg番組名物、ホワイトボードアート(勝手に名付けました)です!

「画伯」こと美術スタッフの小針さんの力作です。

今回はラベンダーの丘と「北の国から」に登場する

「石の家」を配した美しい風景画を描いていただきました。

 

 

 

 

 

 

6.2sada.jpg

小針画伯です。

カメラ目線いただきました。

有難うございます。m(_ _)m

 

まずはこんな感じで描き始めて、、

8sada.jpg 制作途中はこんな感じ。

そして完成まで約6時間、すごいです。恐れ入ります。

さて「生さだ」次回11月は先日大きな地震に見舞われた

 鳥取からの放送です。今年最後の放送です。こちらもお楽しみに。

ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

続いて道北が登場する番組のご紹介です。

★ 新日本風土記 「蕎麦」

   11/4(金)  21:00~21:59 

  (再放送 11/11(金) 8:00~8:59)

main_banner.jpg

 日本人が大好きな“そば”。その歴史は、“コメ”よりも古い。およそ1万年前の縄文草創期にはすでに日本で栽培されていたという。痩せた土地でも育ち、わずか75日で収穫できる“そば”は、山がちで気候の変化の激しい島国の暮らしを支えてきた。稲が育ちにくい山奥では主食として、大災害に見舞われたときや長い飢饉に苦しめられたときに救荒作物として、人々の命をつないできた。
食べ方も、地域によって様々。それぞれの土地の風土や暮らしと密接に関わりながらたくさんの郷土そばが生まれ、ハレの日のご馳走として、客人に振る舞われた。
現在、国内産のそばの45%を占める北海道や「そばの自慢はお里が知れる」という諺が残る長野。そば職人たちが160年前のそばの種を蘇らせた山形。  

「蕎麦の国・ニッポン」を巡りながら、全国各地に、そばが人々の暮らしに果たしてきた役割を探っていく。日本人にとって、そばとは一体何なのか?小さな島国で“命”をつないできた食の物語。

20161104.jpg

北海道のみならず日本最大のそばの作付面積を誇る幌加内町が登場します!

是非ご覧ください。

ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

せっかくなので幌加内町の公式キャラクター「ほろみん」もご紹介しちゃいます。

horominn.png 色黒で元気そうだな~

幌加内町そばのそば大使として、日夜「身を粉にしてがんばる」元気な子だそうです。

番組ともどもよろしくお願いします。

ではまた。

投稿者:ブログスタッフ | 投稿時間:15:03 | 固定リンク

2016年10月28日 (金)【今回のお題】南富良野便り

どうも川村です。

今年の北海道は例年より冬の訪れが早いようです。

そんなわけで今回は突然ですが、

雪が積もってしまう前に先日の台風災害で大きな被害を受けた

南富良野町を訪ねました。

3nanpu.jpg

旭川から富良野に向かう途中に見える十勝岳連峰も既に冬の佇まい満載です。

そろそろ本格的な雪の季節だなぁ。。(・.・;)

などと言いながら、さらに国道を南に進みます。すると。

1nanpu1.jpg

南富良野町の中心部に入る手前、空知川にかかる国道の橋はまだ片側通行が続いています。

この場所では空知川の増水によって橋の一部が損壊してしまいましたが、

懸命の復旧作業で災害の翌日から一部通行可能になりました。

今も完全復旧に向けて急ピッチで補修工事が進められています。

8nanpu.jpg

空知川の流れも元通りですが、まだ災害の爪痕がいたるところに見られます。

10nanpu.jpg

とはいえ、今は復旧も進みいつもの穏やかな風景が広がっています。

 2nanpu.jpg

 ということで、ここは南富良野町の中心部、幾寅地区。洪水の被害が集中した場所です。

空知川に近い農地は氾濫した濁流によって、大変な農業被害をこうむりました。

4nanpu.jpg

長い時間をかけて大切に土を育ててきた農家の方々の心境はいかばかりか、

本当に言葉もありません。このように大変な状況ですが、

それでも被災した農地では着々と土を入れ替えるべく、復旧作業が続けられています。

一日でも早く豊かな農地に戻りますように。

 さあそうなると、南富良野の見どころをご紹介しないわけにはいきません。

まずは有名な名所から。

20nanpu.jpg

 でーん。なんじゃこりゃ?と思われるかもしれませんが、ここはあの高倉健さん主演の映画

「鉄道員」のロケ地となった場所、JR根室本線・幾寅駅の駅前です。

手前の車両は実際のロケで使われたディーゼルカーですが、

今は廃車になって車体の1/3だけが保存され

ロケのセットとして使われた建物と一緒に展示されています。

13nanpu.jpg

駅前広場からみるとこんな感じです。

実際にロケが行われた駅舎が今も現役で使用されています。

14nanpu.jpg

正面の駅名表示は映画で登場した架空の駅「幌舞駅」となっております。

実はこの駅舎、

撮影用に古さを出すため内装も含めて改装されこのような外観になったそうです。

実際よりはかなりの「年代物」のように見えているというわけです。

 24nanpu.jpgちなみに本名(?)の「幾寅駅」の看板は駅舎右上に小さく掲示されております。

 もうすっかり「幌舞駅」になりきっているのであります。

 

 

 

駅舎の中は映画「鉄道員」ゆかりの資料の展示室になっていて、

映画のロケで使われたセットや撮影時の写真などが展示されています。

16nanpu.jpg

17nanpu.jpg 18nanpu.jpg

 2年前、高倉健さんが亡くなった際には大勢のファンが健さんをしのんでこの駅を訪れました。

健さんの命日は2014年11月10日、まもなく3回忌を迎えます。

復興にむけて力強く前進する南富良野町を健さんも天国から見守ってくれていることでしょう。

少しでも多くのファンの皆さんにまたこの駅に集まってもらいたいものです。

19nanpu.jpg

ただ残念ながら幾寅駅を含む根室本線の東鹿越・新得間は多くの個所で橋が流されるなど甚大な被害を受けているためいまだに運転再開のめどが立っていません。

できるだけ早い開通が望まれます。

 

 

 

 

 

 

 

さてそんなわけで幾寅駅は列車がこないためちょっとさみしい状況ですが、

幾寅地区にあるもう一つの「駅」は賑わっています。

21nanpu.jpg 

国道沿いにある「道の駅・南ふらの」です。

この道の駅も川の氾濫で一部が水没しましたが今はすっかり復旧しています。

写真が中途半端で分かりにくく申し訳ありませんが、

独特な建物の形状はカヌーの先端をイメージしているそうです。

南富良野町は平成元年の国体のカヌー競技が行われたということで、

カヌーやラフティングが盛んな町です。

この道の駅にはそんなきれいな清流に関係のある人気者(?)がいます。

それがこちら。

23nanpu.jpg

入口正面の大きな水槽の中にいるのは、、

22nanpu.jpg

じゃーん。幻の魚といわれるイトウです。でかい。さらに顔が可愛い。

イトウはサケ科の魚で国内最大級の淡水魚です。大きなものでは体長が1mを超すそうです。

現在では北海道の一部でしか生息しておらず、環境省の絶滅危惧種に指定されています。

南富良野町はこの貴重なイトウの生息地なのであります。

町では「イトウ保護管理条例」を制定して生物多様性の保全と

活力ある街づくりを目指しています。

6nanpu.jpg

南富良野町では11月3日に「みなみふらの復興祭り」が開催されるということです。

きれいな水が流れる南富良野町、一日も早い完全復興を祈らずにはいられません。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

さてその南富良野町のお隣、富良野市から

この週末はこちらの番組の生放送があります!

◎今夜も生でさだまさし~北の国から2016富良野~

  10/30(日)午前0:05~1:35 (29日深夜) 

                   GTV(全国放送)

b1341.png

今夜も生でさだまさし~北の国から2016富良野~

       北海道・新富良野プリンスホテルから生放送!!

ミュージシャン・さだまさしさんが、

ラジオのディスクジョッキースタイルで送る生放送トーク番組。

さださんが豊富な知識と経験、幅広いネットワークを使って、

視聴者から寄せられた質問や悩みにこたえていきます。

リスナーとパーソナリティーが織り成す、温かくて深い人間味あふれるラジオの世界をテレビで実現します。

さらに、突然生ライブ演奏も…!?

旭川放送局の女性キャスター4人も総出で冬の道北の魅力を紹介します!

これは必見であります!!是非ご覧ください!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ではまた。

投稿者:ブログスタッフ | 投稿時間:14:05 | 固定リンク

2016年10月20日 (木)【今回のお題】旭川・秋の2題

どうも川村です。

今回はこの秋、旭川放送局が関係してきたイベントや事業のいろいろをご紹介します。

ざっくりしていますが、この1カ月でご紹介しそこなった「あれこれ」を

遅ればせながらご覧いただくという趣向です。

( 要は川村の怠慢による情報の遅延であります。誠に申し訳ございません。(-_-メ) )

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ということでまずは先月旭川市内で行われた

NHKの教育番組を使った実践授業の様子をご紹介します。

2gaku.jpg

先月13日、旭川市の新富小学校で、

NHK・Eテレの教育番組を利用した放送番組活用研究プロジェクトの実践授業が行われました。

この授業は幼稚園児と小学校低学年の教育番組の視聴効果を検証することを目的に

兵庫県の園田学園女子大学の堀田博史教授を中心に、道北地区放送教育研究協議会と

NHK制作局青少年・教育番組部、NHK放送文化研究所が共同で実施したものです。

この授業では幼稚園児と小学校低学年の児童たちが一緒に

Eテレの番組「しぜんとあそぼ」を見てそのあと実際に近くの公園で自然を観察にでかけます。

3gaku.jpg 今回の番組のテーマは「木」

番組は元々は幼稚園・保育所向けに制作されています。

番組視聴後の観察行動を分析して

番組が子供たちにどのような視聴効果を生みだしたかを検証することが研究の目的です。

今回は特に幼稚園児と小学校低学年という年齢の違う子供たちが

同じ番組を同時に見ることで

その後の行動にどのような影響が現れるのかが大きなポイントです。

5gaku.jpg 番組を見終わって、

6gaku.jpg

早速フィールドワークへ出発。子どもたちには「事前に図書館で番組で見たことを調べてもいい」

と伝えているのでこの段階ですでに、すぐに外へ出る子と、

図書館で調べ物をしてから出ていく子たちに分かれます。

9gaku.jpg

子どもたちは学校のすぐ裏の公園で、番組で見た「木」に関する様々な情報の中から

興味を持った事柄に関係したものを「たからさがし」ということで集めて回りました。

10gaku.jpg

幼稚園児と小学生が協力し合って宝探しをする光景も。

15gaku.jpg

約1時間の「たからさがし」を終えて、集めた「たからもの」の発表会です。

子どもたちがどのようなものに興味を持ったかを検証します。

14gaku.jpg 宝物は葉っぱや木の実や虫など様々。

この実践の分析結果は今後、

放送教育に関する全国研究会の場で発表されることになっています。

NHKではこうした学校での放送番組活用についても、

教育現場と連携して実践・研究に取り組んでいます。

13gaku.jpg

 ヽ(^。^)ノ ヽ(^。^)ノ (^。^)ノ ヽ(^。^)ノ ヽ(^。^)ノ

 さてもう一つ、9月に開催されたイベントのご報告です。

NHK旭川放送局が旭川市の三浦綾子記念文学館や

三浦文学ゆかりの自治体などとと連携して展開してきた

「三浦文学でまちおこし」事業の最後を飾るイベント「塩狩峠フェスタ」が先月25日

和寒町などの主催で、小説「塩狩峠」の舞台となった塩狩駅一帯で開催されました。

 4sio.jpg

当日はこのイベントに合わせてJRの臨時列車「塩狩峠号」も運行されました。

3sio.jpg

イベントにはこの臨時列車などを利用して道内外から約300人が訪れました。

1sio.jpg

臨時列車には特注のヘッドマークも取り付けられたのであります。

2sio.jpg ヘッドマーク、でかいぞ!

三浦綾子の旧宅を旭川市内から移設した「塩狩峠記念館」では通常の展示のほかにも

「塩狩峠」の朗読劇も開かれ、普段は静かな峠は一日賑わいました。

6sio.jpg

7sio.jpg ちなみに記念館の館内は生活感がそのまま残っています。

 

 

 

 

8sio.jpg

 

 

当時は駄菓子屋を営んでいたという

旧三浦宅、

その店先の様子もそのまま

保存されています。

 

5sio.jpg

 

この日は和寒町が整備した塩狩峠のフットパス(散策路)を歩く催しもおこなれました。

17sio.jpg

 

 

そうなると川村も歩かないわけにはまいりません。

参加者の皆さんと一緒に、

峠近くの「夫婦岩」を目指しました。

 

 

 

 

 

 

 木漏れ日がさす、

実に気持ちの良い道を歩んでまいります。

12sio.jpg

と、この辺までは順調でしたが、、、、

19SIO.jpg

いよいよ夫婦岩という所での

最後の上りははっきり言って

「シャレにならない」急こう配。

軽い気持ちで参加した川村は

この段階で

ちょっと後悔しましたが、

ここまで来て引き返す、

なんてなことは

意地でもできません。

 

 

 

 ひーひー言いながらどうにか登りきるとそこには、、、、

14sio.jpg こ、これは!?

15sio.jpg

じゃーん。城跡か何かの人工物のような巨岩が2つ並んでおります。ヽ(@。@)ノ

これが標高330mの山頂に鎮座する「夫婦岩」です。実はこの写真の右には

ちょっと小ぶりな「子岩」もあります。

昭和初期まではここで祭祀も行われていたそうです。

1300万年前の火山の噴火によって噴出した溶岩が侵食か積み重なることによって

このような形になったと考えられているそうです。自然の力はすごい。(・.・;)

では最後に夫婦岩からの絶景をご覧ください。

 16sio.jpg

 ヽ(^。^)ノ ヽ(^。^)ノ (^。^)ノ ヽ(^。^)ノ ヽ(^。^)ノ

さて今回はEテレに関係した話題をご紹介しましたが、

旭川放送局関連番組のご案内もEテレの番組です。

★ハートネットTV 公開すこやか長寿 「北海道 富良野市」

 10/20(木)20:00~20:29 Eテレ<全国放送>

 (再放送)10/27(木)13:05~13:34 Eテレ

      20160620135557733.jpg

地元のおしどりご長寿夫婦を招いての健康や家族円満の秘けつを伺うほか、
夫婦の出会い等の実話をもとにした笑いと涙の芝居「すこやか笑劇場」など。
20161020.jpg
<出 演>山田邦子(タレント)、進藤学(タレント)、磯部さちよ(タレント)

 ヽ(^。^)ノ ヽ(^。^)ノ (^。^)ノ ヽ(^。^)ノ ヽ(^。^)ノ

今回は番組のご紹介が放送当日になり、申し訳ございませんでした。

再放送もよろしくお願いします。

それではまた。   (了)

投稿者:ブログスタッフ | 投稿時間:16:50 | 固定リンク

2016年10月06日 (木)【今回のお題】神々と賢者のいる山

どうも川村です。

今年は北海道を台風が次々に上陸するという異常気象のため

道北をはじめ道内各地で大きな災害が相次ぎました。

被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

そんな天気もやっと落ち着き、道北にもついに秋がやってきました。

IMG_9872.JPG ナナカマドも秋色です。

そうなると。突然ですがやはり大雪山の紅葉をご紹介しないわけにはいきませんので

早速行ってまいりました。大きなお世話とは思いますが、しばしお付き合いください。

バイ1.JPG

目指すは大雪山系の旭川側、東川町から登る北海道最高峰の旭岳(2291m)です。

もちろん川村は根性がないので山頂は目指しません。

標高1600mの5合目に当たる「姿見の池」まで、それもロープウェーにお任せです。

早速山上目指して出発。(訪問日10月2日)

バイ4.JPG

この段階でもう眼下は目を奪われるような絶景であります。

奥に見えるのは大雪山系のもう一つのピーク、黒岳です。あちらは上川町側から登ります。

バイ2.JPG 

というわけでロープウェイでわずか10分で5合目に到着。

どーんと雄大な光景が目の前に広がります!

1widedatsestu.jpg 

もう枠組みなんか無視してお構いなしに力いっぱいはみ出しちゃうぐらい雄大なのであります!!(゜_゜)

dai-7.jpg

当たり前ですが旭川市内から見える姿とは迫力が違います。

この5合目の「姿見駅」を中心に周囲約1.7kmが自然探勝路になっています。

dai-9.jpg

旭岳は火山なので、探勝路を行くと噴気孔も間近に見られます。

山が生きているのが実感できると同時に、否が応でも少なからず見ているこちらも緊張が走ります。

 dai-10.jpg 鏡池

とはいえ、この風景を見ていると古くからアイヌの人たちがカムイミンタラ」=「神々の遊ぶ庭と呼んで敬ってきたのもよくわかります。

IMG_9832.JPG

「姿見の池」まで登るとほぼ探勝路の見どころをすべて制覇したことになります。

山頂まではここから約2時間の道のりだそうです。

dai-6.jpg

そんなわけで、この風景を眺めていると全く飽きることがありませんが

いかんせん川村の場合は足腰の方があやしくなってきたので、、

dai-3.jpg

後ろ髪引かれる思いで旭岳を後にしたのでありました。(・_・)/~~~

dai-11.jpg

もうまもなくこの山にも冬がやってきます。

ということで絶景の大雪山、「こんなもんじゃ全く物足りない!」という皆様に

とっておきの番組をご紹介します。例によって強引に告知が始まります。 _(._.)_

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

小さな賢者たち~天空のお花畑 大雪山 

  10月10日(祝・月) 20:00~20:59 BSプレミアム

IMG_9843.JPG

IMG_9787.JPG

世界屈指の豪雪地帯、北海道の屋根と呼ばれる大雪山。
雲の上に広がる大雪原は、夏の訪れとともに、広さでも、花の種類の多さでも、高山植物では日本一のお花畑に姿を変える。

実は、この可憐な花々はみな、短い夏、厳しい高山で子孫を残していくため、過酷な闘いを繰り広げている。太陽の動きに合わせ回転するものや、雨を予知して花を閉じるもの、色を変化させたり、特別な時にしか花粉を出さないようにしたりするものなど、まるで意志を持っているかのよう。

高精細4K撮影やハイスピード撮影、コマ撮りなどの特撮映像をふんだんに盛り込み、可憐な花々に秘められた「知恵」の数々をファンタジックに描く。

 000180284.jpg

今年1月北海道向けに放送した内容にさらに追加のロケを敢行。大雪山の自然を存分にご堪能ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

道北もあっという間に冬が近づいておりますが、これからも道北情報をがんがんお届けします。

ではまた。(了)

投稿者:ブログスタッフ | 投稿時間:17:30 | 固定リンク

2016年09月02日 (金)【今回のお題】ラジオはネットで聴こう。

どうも川村です。

突然ですが、昨今はあれもこれもネット時代とやらで放送サービスも

少なからず世の中の動きに合わせて変わりつつあります。

ラジオだってこんな時代ですから変わります。

って何をそんなに大袈裟に言っているかというと、

何の事は無い、今回の告知のテーマの前振りに過ぎないのであります。

ということで早速本題です。じゃーん。

netradio-8area_pc.jpg

NHKのネットラジオサービス「らじる★らじる」が9月1日から

ついに全国に拡大されました!!!

つまり日本全国どこにいてもネット環境があれば、

NHKの北海道向けの放送が聴けるようになったのであります。

ここで「らじる★らじる」とはなんぞや?という疑問にお答えします。

「らじる★らじる」は山間部など電波の入りづらい地域、夜間の外国電波混信、

マンションなど鉄筋コンクリート住宅の全国的普及など、

ラジオ放送が聴取しにくい状況の改善を目的として

2011年から始まったNHKのネットラジオサービスです。

インターネットを通してラジオ第1(R1)・ラジオ第2(R2)・FMの番組を、

電波による放送と同時に提供しています

電波状況にかかわらずネット環境さえあれば

お手持ちのパソコン・スマートフォン・タブレットなどにより

明瞭な音声でNHKの各チャンネルのラジオ放送を聞くことができます。

radiru.gif ちなみにこの子はイメージキャラクターの「らじる」です。

まあ、名前そのままなんですが。。。サービスの目印はこの子なので、よろしくお願いします。。

さてその「らじる★らじる」を利用方法をご案内します。

 ①パソコンで聴くなら・・・

 NHKのホームページ「NHKオンライン」のトップページにある

bn_radio.jpg というバナー(ボタン)をクリックすれば

「らじる★らじる」のトップページに移り、各放送波の番組表が表示されます。

あとは聞きたい放送局とR1・R2・FMから放送を選ぶだけです。

放送局は東京をはじめ、札幌・仙台・名古屋大阪・広島・松山・福岡から選べます。

②スマートフォン・タブレットで聴くなら・・・

 専用アプリが無料で提供されています。

上記ホームページからダウンロードサイトへのガイドがあります。

rr-link-aprdl_on.png 

007.JPG

アプリはiOS 8.0以降のiPhone、iPod touch、iPad、

またAndroid OS 2.3.3以降のスマートフォン、Android3.0以降のタブレットに対応しています。

移動中でも、ラジオがない場所でも、対応スマートフォンがあれば

NHKラジオをお聞きいただくことができます。

※一部ご利用いただけない機種があります。

※サービスの利用に料金はかかりませんが、データ通信費は利用者の負担となります。

rajiru_about.png

先日来、日本中を台風や地震などさまざまな災害が襲っていますが、

そんな時でも「らじる★らじる」を使えば全国各地のきめ細かい情報を入手できます。

様々な場面でご活用ください。

ラジオといえば昔は

 kiki037-01l.jpg(放送博物館収蔵品)

ってな感じでしたが(いささか古すぎますが)もう今はネットで聴く時代になりました。

ぜひご活用ください。

ヽ(^。^)ノヽ(^o^)丿ヽ(^。^)ノヽ(^o^)丿ヽ(^。^)ノ

さてそうなると旭川放送局制作のラジオ番組を全国の皆さんに

聞いていただきたいなぁ。。と思っていたら、おお!!ちょうどいい番組がありました!

大変わざとらしいです。(--〆)

北海道朗読スペシャル「塩狩峠」~三浦綾子の名作を味わう~

9/4(日)16:05~16:55 ラジオ第一

IMG_1144.JPG

旭川出身の作家、三浦綾子の代表作「塩狩峠」の発表から半世紀。自らの命を犠牲にして大勢の命を救った、愛と信仰に貫かれた青年の生涯を描いたこの作品の朗読会が、先月舞台となった和寒町で開かれました。その模様を会場での録音でお届けします。朗読は札幌放送局の高橋美鈴アナウンサー、ナレーションは旭川放送局の長野亮アナウンサー、またギタリストの亀岡三典さんのギター演奏が朗読を彩ります。

今年旭川放送局では旭川市の三浦綾子記念文学館、三浦作品のゆかりの1市2町をはじめ

地元新聞社などとともに「三浦作品でまちおこし」というイベントを展開しています。

今回の朗読会は一連のイベントのうちNHKが和寒町と共催で実施したイベントです。

IMG_1142.JPG

日曜夕方のひと時、不朽の名作の朗読でお過ごしください。

ヽ(^。^)ノヽ(^o^)丿ヽ(^。^)ノヽ(^o^)丿ヽ(^。^)ノ

最後にせっかくなので会場となった和寒町公民館「恵み野ホール」をご紹介します。

 043-01.JPG

和寒町の中心市街地にある大変きれいで機能的な多目的ホールです。

ホールの目の前には、

041.JPG

といったような貴重な物も展示されているのであります。

ちなみにこのD51337号機は「機関車人生」の半分以上を宗谷本線でご奉公した車両です。

IMG_2290.JPG

この小説の舞台になった峠道を何度越えたことでありましょうか。

ということでかなり話が脱線しましたが、

これからはいつでも「らじる★らじる」で北海道の情報に触れることができるようになりました!

ご利用お待ちしております。何だかお店の宣伝みたいですが。

ではまた。(了)

 

投稿者:ブログスタッフ | 投稿時間:12:10 | 固定リンク

2016年08月25日 (木)【今回のお題】台風一過の道北で

どうも川村です。

さてオリンピックが終わったと思ったらもう8月もあとわずかになりました。

そんなわけで(どんなわけ?)今回も面倒な前置きなしで

夏が終わる前に急いでさっそく番組のお知らせ2連発です。

意味なく急いでいます。(-_-)

まずはこちらから。

キッチンが走る! 夏スペシャル
「開拓者の夏物語 北の大地で味めぐり!~北海道 富良野・美瑛~」 

g1730.jpg

8月26日(金) 19:30~20:43 総合(首都圏・甲信越向け)

8月27日(土) 10:05~11:18 総合(全道放送 首都圏・甲信越は再放送)

 【再放送を含め地域によって放送日が異なります。番組HPなどでご確認ください】

旅人は2チームに分かれて、美瑛と富良野の開拓者魂あふれる生産者と出会います。美瑛チームは、杉浦太陽とフレンチの秋元さくら。そして富良野は、和食の田村隆とNHK ドラマ「農業女子はらぺ娘」で、富良野の農家を演じたお笑い芸人バービーがタッグを組みます。
カヌーや乗馬で大自然を満喫。道中では、シェフが食材の新しい魅力を引き出し、農家の悩みを解決する新コーナーも導入します。さらにカメラは、シェフがメニュー会議で悩む姿などリアルな「キッチンの舞台裏」にも迫ります。

  

ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿

ということなので例によって現地をご紹介、と思っていた矢先、

ご承知の通り北海道に3つの台風が立て続けに上陸するという

観測史上初めての自然災害が道内各地を襲いました。

道北の美瑛・富良野も場所によっては河川の増水など大きな被害に見舞われました。

11-bi.jpg

これは台風9号が北海道に上陸した翌日・24日に撮影した

旭川市と美瑛町の境を流れる辺別川の様子です。

天気は回復していましたが川の流れは普段とはまるで違う様相を呈していました。

12-bi.jpg

ちょっとわかりにくいですが、遠くには川の水があふれたと思わる個所を

土のうなどを使って修復する作業が行われていました。

この状況で気になるのはこれから収穫期を迎える農地の様子ですが、、

15-bi.jpg

美瑛町側のこの水田は無事だったようです。

まずは一安心ですが、このまま順調に収穫まで天候が安定する事を祈らずにはいられません。

 19-bi.jpg 豊作祈願。

一方、川から離れた丘の様子も気になりましたが、

一部の場所とはいえこちらは幸い大きな被害はなかったように見えました。

20-bi.jpg

とはいえ、このような悪天候が続けば収穫に影響が出かねません。

道内各地では実りの季節を迎えたタマネギやジャガイモなどをはじめ

様々な農作物に大きな損害が出ています。

先人達が切り開いた北の大地で厳しい自然を相手に農業に携わる人たちは本当に大変です。

これからの天気も気が気ではないと思います。

日本の食を支えている皆さんに頭が下がる思いで美瑛の丘を後にしました。

23-bi.jpg

そんな厳しい自然を乗り越えて生産される北の恵みと

北海道ならではの雄大な風景を番組でしっかりとご堪能ください!

ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

さて続いてもう一つ。来週は道北から生放送の番組があります!

g1801.jpg

ひるブラ

「癒やしの空間☆天空のガーデン!~北海道・上川町~」

8月29日(月)12:20~12:43総合(全国放送)

旭川から十勝まで南北2百キロに広がる8つの庭園のうち「大雪森のガーデン」で自然を体感!丘に立って風を感じ、珍しい植物にふれあう。北海道ならではの極上の癒やし旅!

続いて8月30日(火)は・・・

★ひるブラ「北の大地で餅のフルコース!~北海道・名寄市~」

8月30日(火)12:20~12:43総合(全国放送)

実りを迎えた北海道のモチ米をご紹介!涼しい気候で育つので柔らかく、時間が経ってもかたくなりにくいのが自慢。餅つき名人も登場。北の大地が育む餅をフルコースで満喫!

ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

 そうなるとやっぱり事前に現場を見てこないと気が済まない悪い癖。

今回は上川町の「大雪森のガーデン」に行ってまいりました。

1-gar.jpg

じゃーん。こちらはちょうど1年前、「ガーデンショー」開催中に一度ご紹介しましたが、

今回は「今はもう秋」、とまではいかないものの夏の終わりの風景をご覧いただきます。

8-gar.jpg

これも台風が去った翌日・24日の空です。

台風一過の青空ですが、やっぱり雲の感じがちょいと秋の風情を醸し出しています。

5-gar.jpg

こちらでは今「ガーデンショーリバイバル」ということで、昨年話題となった

「森の木琴」「ドレスガーデンカント」も復活展示しています。

7-gar.jpg

1-IMG_4385gar.jpg こちらが「森の木琴」

次は「ドレスガーデン・カント」を撮った写真ですが、

川村の体力が限界だったのでものすごい遠景になっちゃいました。_(._.)_

11-gar.jpg

こりゃあまりに酷いので昨年の様子をご参考までにご覧ください。

1-IMG_4381gar.jpg 2015.7撮影

さて、そんな魅力満載の晩夏の道北からの生放送、

ぜひご覧ください!!ヽ(^。^)ノ

最後に再度放送時間のご案内です。

名寄市の「もち米」の魅力も必見ですぞ!!

 ★ひるブラ★

8月29日(月)12:20~12:43総合(全国放送)

「癒やしの空間☆天空のガーデン!~北海道・上川町~」

8月30日(火)12:20~12:43総合(全国放送)

「北の大地で餅のフルコース!~北海道・名寄市~」

ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

来週は川村も「てるてる坊主」を用意して放送日の晴天を祈願します!

ではまた。

投稿者:ブログスタッフ | 投稿時間:12:00 | 固定リンク

2016年08月01日 (月)【速報】スーパーハイビジョン試験放送開始

どうも川村です。

今回はいきなり本題です。

ついに本日から始まりました、スーパーハイビジョン試験放送!!

ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿

 bn_shv.jpg

NHK旭川放送局でも今日から一般公開がスタートしました。

ということで今回はこのスーパーハイビジョン(SHV)受信会場をご紹介します。

10sh.jpg

まずは基本情報から。

会場は旭川放送局(旭川市6条通6-27)第2スタジオです。

16sh.jpg 25sh.jpg

「第2スタジオって言われても一体どこにあるの?」とご心配の皆様、

安心してください。ロビーにはいれば一目瞭然なのであります。

じゃーん。

13sh.jpg 15sh.jpg

床に装飾されたどーもくんの案内に従って進んでいけば。。。。

14sh.jpg

あっという間に到着なのであります。

スーパーハイビジョンシアターにようこそ!!

18sh.jpg

観客席は15席とささやかですが、85インチディスプレイで上映される4K8Kの

超高精彩映像の美しさと立体感あふれる22.2マルチチャンネルの音響によって

スーパーハイビジョンならではの圧倒的な臨場感を体験できます。

 24sh.jpg

旭川放送局ではこの後リオデジャネイロオリンピック期間中は受信装置を

旭川局から旭川市科学館へ移動して多くの皆さんにオリンピックを

スーパーハイビジョン映像でお楽しみいただくことにしております。

公開予定は次のようになっております。

旭川放送局会場

★8月1~4日:10:00~17:50

★8月5日  :10:00~12:00

8月6~22日は旭川市科学館サイパルでの公開のため

旭川局での公開はありません。ご注意ください。

★8月23日以降: 平日 10:00~17:00

           土休日 10:00~16:00

旭川市科学館サイパル会場(オリンピック期間中のみ)

 会場:旭川市科学館サイパル(旭川市宮前1条3-3-32)

★8月6~22日 なお公開時間は日によって異なります。

       旭川放送局のホームページ等でご確認ください。

 なおこの試験放送を受信できるテレビはまだ市販されていません。

ぜひ旭川局をはじめお近くのNHK各放送局などで体感してください。

12sh.jpg のぼりも新調してお待ちしております。

(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿

最後に番組のご紹介です。

Journeys in Japan 「宗谷 北の大地をゆく」 

journeys_logo_2.png

 8/3(水) 14:00~14:28 BS1

日本在住の外国人が旅人となり、日本各地の魅力を海外に紹介する旅番組、「Journeys in Japan」

北海道本土の最北端に位置する稚内とその周辺「宗谷地方」には、氷河期につくられたうねるような丘陵がどこまでも続く独特の景観が広がります。
アイルランド出身のジョン・ムーアが、丘陵地に整備されたハイキングコース「フットパス」を歩き、たくさんの風力発電の風車や遠くサハリンを望む雄大な景色を満喫します。そして天然物のホタテの一大産地・猿払村を訪ね、「育てる漁業」に転換して苦境を脱した人々の情熱にふれるとともに、絶品のホタテを味わいます。
さらに、北海道にしかいない日本最大の淡水魚、イトウ釣りに挑戦。幻の魚を愛し、未来に向けて守っていこうとする地元の釣り人たちの思いを知ることとなります。

JourneysinJapan20160803.jpg

 ★にっぽん百名山「礼文岳」 

100meig2329.jpg

 8/8(月)19:30~19:58

北海道の北部、日本海に浮かぶ礼文島。
島は「花の礼文」と言われ、南北30km、東西8kmの細長い島の中央部には標高490mの礼文岳がある。田中澄江の『花の百名山』『新花の百名山』に、「レブンソウ」と「オオカサモチ」で名を連ねる名峰です。
夏、島は一面の花園に覆われます。なだらなか丘を結ぶ小道が何本もあって、そこには、本来、標高の高い山でしか観ることのできない貴重な花々が咲きます。
今回は1泊2日で2つのコースを歩きます。1日目は礼文岳へ。出発は内路にある登山口。ダケカンバの林からトドマツの森へと登ります。次第にハイマツやガンコウランなどの低木に覆われ、いよいよ山頂へ。山頂からは360度の大パノラマ。
2日目は、礼文島の中でも花が多く自然が色濃く残る島の西海岸、桃岩展望台コースを縦断します。

hyakumeizan20160807.jpg

(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿

スーパーハイビジョンともども道北関連番組もよろしくお願いします!

ではまた。

投稿者:ブログスタッフ | 投稿時間:19:50 | 固定リンク

2016年06月30日 (木)【今回のお題】美瑛町の真打ち登場

どうも川村です。

早いもので道北もすっかり夏の観光シーズンを迎えました。

という事で、やっぱりここはお約束で花咲く美瑛の丘に早速行ってまいりました。

17biei.jpg

この時期、畑の緑と花と青空と、丘の風景はどこも大変美しいコンビネーションです。

農水省の「美しい日本のむら景観百選」にも選定されている風景です。

19biei.jpg

こちらは美瑛の丘を一躍全国的に有名にした定番の風景、

「赤い屋根の家」の丘です。遅ればせながらこのコーナー初登場です。

観光スポットの「真打ち」登場といったところです。

ありきたりな表現ですが「まるで絵のような光景」であります。

この風景を楽しめる観光列車「富良野・美瑛ノロッコ号」の運転も始まりました。

16biei.jpg

ところで数ある美瑛町の観光スポットの「真打ち」の中でも

特に観光客に人気の場所と言えば「青い池」です。

今ではすっかり北海道を代表する風景の一つになりました。

その「青い池」が今年はちょっと「レベルアップ」したという事なので、

現場第一主義の川村(-_-)が早速現認してまいりました。

それがこちら。

1biei.jpg

じゃーん。って何がレベルアップしたのか?

実は池の青さが昨年よりアップしたのであります。

最近、青い池を訪れた観光客から「思ったより青くなかった」という声が

寄せられるようになり、その対策として町ではこの冬、池の底を浚渫(しゅんせつ)して

このように青い色を復活させたという事なのです。

そんなに違うのか?では2年前の写真と比べてみると、、

1.55biei2014.jpg 

                   2014年7月12日

この時もそこそこ青く見えてはいます。ふむふむ。

そしてこちらが今年。

 2biei.jpg 

                    2016年6月29日

天気が違うので写真ではなんともちょっとわかりにくいのですが、

実際に現場に行くと青さとともに水の透明感がぐっと上がっているように見えます。

このような地元の努力のおかげで、

3biei.jpg 

このようにグッドな風景が楽しめるのであります。ヽ(^o^)丿

従ってもうこの時期から平日にもかかわらず池を訪れる観光客も続々なのであります。

9biei.jpg

 さてこの美瑛町ですが、

実は総面積が東京23区とほぼ同じという広大な町なのです。

あまりに広すぎてイメージしにくいと思いますが上空から見ると、

1bieiair.jpg

雲に隠れている十勝岳連峰までぜーんぶ美瑛町です。

もちろん見えていないこの手前や、右方向も全部美瑛町。

ちなみに旭川空港を離着陸する飛行機はルートにもよりますが、だいたい

美瑛町上空をいい感じの高度で通るので、空からも絶景を望むチャンスがあります。

美瑛町を通る際の着陸進入コースはこんな感じです。

20biei.jpg

くどいですが、後ろの十勝岳連峰まで全部美瑛町です。(゜-゜)

空路で旭川にお越しの際はぜひ機内からの風景にもご注目ください。

(・ω・)/ (・ω・)/ (・ω・)/

さて「美瑛町の真打ち」で思い出しましたが(うそ。)、

そんな素晴らしい風景がいっぱいの美瑛町で収録した番組のお知らせです。

やっぱり無理やりです!

shinuchi.jpg

★7月2日、9日(土)午前10:05~10:55 【ラジオ第1<全国>】

漫才・漫談・落語を基本要素として構成する公開演芸番組。

えりすぐりの出演者による話芸で全国のリスナーに楽しんでいただくとともに、

公開番組として各地域の皆さんにもお楽しみいただきます。

shinuchi-biei.jpg

<7月2日放送>
【漫才】宮田陽・昇 【落語】三遊亭歌武蔵 【ものまね】北口幹二彦
<7月9日放送>
【漫才】おぼん・こぼん 【漫談】ぴろき 【落語】昔昔亭桃太郎

~北海道・美瑛町町民センターで収録~

(・ω・)/ (・ω・)/ (・ω・)/

 ということで、今週と来週末は、美瑛町の素晴らしい風景に思いをはせながら

真打の話芸で楽しいひと時をお過ごしください。

ではまた。

投稿者:ブログスタッフ | 投稿時間:15:00 | 固定リンク

2016年06月21日 (火)【今回のお題】備えあれば憂いなし。

どうも川村です。

ちょっと前の話ですが、今回は先日NHK旭川放送局で実施された

災害時の対応訓練の様子をご紹介します。

訓練の主人公はこの車です。

P4210752.JPG

その名も「非常用送信車両」、通称「Eカー」と言います。

何をする車かというと、災害などで放送波を送る送信所が被災してしまい

放送が送れなくなってしまった際に、送信所の役割を担うという優れモノです。

簡単に言うと「移動できる送信所」ということです。

余談ですが、後方に見えているH型の煙突様の物は局舎の煙突です。

車とは関係ありません。念のため。

さて車に取り付けらているポールを伸ばすとこんな感じになります。

 4-may1.jpg

高いですなぁ。10m近くあります。

 3-may1.jpg

ポールの先端にはこのようなアンテナが取り付けられています。

ここから放送波が送られます。

実際に先日の熊本地震でも被災した送信所の代わりとして活躍しました。

この日は札幌に配備されているEカーを使って運用訓練を実施しました。

7-may1.jpg

「屋根に上がって危ないなぁ」と思われるかもしれませんが、

そういう仕事なのであります。安全第一で取り組んでいます。

NHKではいつ起こるかわからない大災害時にも放送を途切れさせないため、

いつでもこうした機材を確実に運用できるよう日々訓練を重ねています。

ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿

さて災害への備えといえば来る6月25日(土)、

NHK旭川放送局と旭川地方気象台では、地震や津波、台風などの災害が発生した時、

NHKがどのように情報をお伝えしているかなど、体験しながら学べるイベント

「たいけん!! はっけん!! 防サイキッズパーク!in名寄」を開催します。

昨年7月の旭川市に続いて2回目の開催です。

bosai333.png

会場では災害時に情報を伝えるアナウンサーになりきって、原稿を読むアナウンサー体験や

お天気マークを動かして、北海道の天気情報を伝えるお天気キャスター体験など

NHKの防災情報の発信現場を体験できる様々なコーナーが登場します。

また会場にはNHKから「どーもくん」と「防サイくん」、

気象台からは「はれるん」が会場に遊びに来ます。

20160530102901441-1.jpg20160530105250398.jpg勢ぞろい。
防サイくんの「クイズで学ぼう!北海道の防災」のコーナーもあります。

参加は無料(一部事前申し込みが必要)ですので、当日直接会場にお越しください。

ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿

ということで例によって頼まれもしないのに、とりあえず会場となる名寄市砺波の

天塩川河畔を川村が一足早く視察してまいりました。<(_ _)>

1nayo.jpg

当日はこの場所で北海道開発局・北海道・名寄市などが主催する

「天塩川総合水防演習」が実施されます。

今回はこの演習に合わせての開催となっております。

2nayo.jpg 

会場横を流れる天塩川です。悠々たる流れは道北らしい雄大な風景です。

 ということでせっかくですから名寄市を少々ご紹介します。

10nayo.jpg

名寄市といえば全国一の作付け面積を誇るもち米の産地として知られています。

名寄産のもち米は、全国の有名和菓子店などでも使用されており品質の高さでも

トップクラスです。

11nayo.jpg

市内の水田はちょうど田植えが終わったところです。

さて以前このコーナーで名寄市をご紹介した際に、

3nayo.jpg

といったようなもの(排雪列車「キマロキ」)をご覧いただきました。

日本で現存しているのはここ名寄市だけという貴重な展示物ですが

「え~?また~?!」とお思いの皆様、安心してください。今回はこちら、

4nayo.jpg

「キマロキ」を展示している「名寄市北国博物館」の本体、

つまり内部の展示をご紹介します。

まずは北国の生き物たちのジオラマがお出迎え。

 5.5nayo.jpg

名寄市北国博物館は、厳しい寒さと大雪におおわれる冬と、豊かな恵みをもたらす夏という寒暖差が大きく明瞭な四季をもつ北国・名寄の歴史と自然に学び、その知恵をより発展させて、これからの暮らしに継承する拠点として建設されたそうです。

こちらは名寄市内で出土した縄文期の土器。

7nayo.jpg

ここに氷河期後の人の暮らしがあった事を伝える展示物です。

建設の趣旨には「厳しい自然の中で生み出された先人の知恵を体験しながら、学び・伝承するだけではなく、マイナスイメージの強かった”北国”を楽しみ親しんで、新しい北国文化を創造していくことをめざしています。」とあります。展示品の数々からはその趣旨の通り、北国の生活の知恵を感じることができます。

 こちらは厳しい冬の寒さをしのぐ歴代の暖房器具の数々。

8nayo.jpg

 名寄市はかつてスキー板の一大生産地だった地域です。

その時代を伝える貴重な資料も展示されています。

9nayo.jpg

このほかにも見所いっぱいの名寄市です。

この機会にぜひ訪ねてみてはいかがでしょう。

では最後にあらためて「防サイキッズパークin名寄」のお知らせです!!

000177151.png

会場でのイベント内容や交通案内など、くわしくはNHK旭川放送局のホームページでご案内しています。

ぜひお越しください!!

ではまた。

 

投稿者:ブログスタッフ | 投稿時間:15:20 | 固定リンク

ページの一番上へ▲

新着記事

プロフィール

NHK旭川放送局長 川村 誠 (かわむら まこと)
川村 誠 (かわむら まこと)

兵庫県出身。1985年報道カメラマンとしてNHK入局。名古屋・岡山・長野・福岡・報道局のほか、NHKの映像音声など知的財産を管理・活用する知財展開センターアーカイブス部勤務を経て、2014年6月より旭川 放送局長。北海道生活は初めてのビギナー道民。
◎好きなもの
鉄道旅行・動物(何でも)・英米ロック・揺れていない飛行機
◎苦手なもの
満員電車・昆虫(一部)・揺れている飛行機


RSS