NHK旭川放送局 旬 あさひかわ

旭川放送局が
“地域を応援する音楽番組”として制作した
「旭川発・故郷のうた
“Frozen Stars In Your Eyes”」


20190510-01.jpg


今年度(2019年度)も
超高精細の映像と、5.1サラウンドの音声による
NHKスーパーハイビジョン“BS4K”の
番組として、引き続き、全国放送します。

近々の放送は・・・

6/3(月)午後11:05〜
6/6(木)午後0:10〜
6/15(土)午前9:45~
6/17(月)午後3:50〜
6/24(月)午前6:50〜
6/28(金)午後1:55~

・・・の予定です。


20190510-02.jpg


インターネットでも
旭川局のホームページの他、
“NHKどーがレージ”“YouTube”
“ニコニコ動画”“GYAO !”で配信中です。
ぜひ、ご覧下さい。

さて、「旭川発・故郷のうた」の制作に
関わった方々をご紹介するシリーズ。
第7回は、アニメーションを担当した
應矢泰紀(おおや・やすのり)さんです。


20190510-03.jpg


應矢さんは、京都在住の映像作家。
アニメーションを始めとした多くの作品が
国際的な映像フェスティバルで入選するなど、
知見とスキルを兼ね備えたクリエーターです。
国内外のマンガ研究をリードする
京都精華大学「国際マンガ研究センター」と、
京都国際マンガミュージアムの研究員でもあります。


20190510-04.jpg


應矢さんとの出会いは、2017年の春。
当時、大阪放送局に在籍していた私は、
自転車の安全運転を呼びかけるキャンペーンの
プロデューサーを務めていました。

活動の一環としてキャンペーンソングを作り、
大阪出身の歌手、川中美幸さんに
歌ってもらうことになり、
そのプロモーション・ビデオの
アニメーションを担当したのが應矢さんでした。


20190510-05.jpg


初めての依頼にも関わらず、
應矢さんは希望を丁寧に聞いて下さり、
数え切れないほどの打ち合わせと修正を経て
プロモーション・ビデオが完成しました。


20190510-06.jpg


その後、私は旭川放送局に転勤になりましたが、
「旭川発・故郷のうた」の制作が決まり、
直ぐに頭に浮かんだのが、應矢さんのことでした。

「應矢さん、旭川を応援する
 音楽番組を作ることになりました。
 また、お力をお借り出来ますか?」
「再び、ご一緒できるとは、嬉しい限りです」

2017年12月、久しぶりに連絡すると、
明るい声で、快諾して下さいました。


20190510-07.jpg


應矢さんには
「旭川発・故郷のうた」の狙いとして・・・

◇ 大雪山に代表される道北の四季を美しく描き出す
◇ 北の大地に宿る“神秘的な力”を幻想的に表現
◇ 旭川のバーチャル・アイドルを案内役に起用
◇ スーパーハイビジョン放送を念頭に4Kで制作

・・・という4点を説明しました。


20190510-08.jpg


「アニメも4Kで制作するのですね?」
「はい、ぜひ、そうしたいです」
「4Kアニメの制作は、
 まだ前例を聞いたことがありません」
「4Kだと、作業の面で、どうでしょう?」
「これまでより4倍、
 きめ細かく描かなければなりません」
「それは手間ですね」
「特に、北海道の自然のシーンは大変です」
「森の木々の枝まで、見えてしまいますものね」
「画像データが大きいので、
 PCへの負荷も大きくなります」
「具体的には、どんな影響が考えられますか?」
「修正やレンダリング(映像の書き出し)に
 かなりの時間がかかると思います」


20190510-09.jpg


「旭川発・故郷のうた」の楽曲、
“Frozen Stars In Your Eyes”の
演奏時間は、6分47秒。
このうち、凡そ2分間に、
アニメーションを割り当てる構想です。
                        
4Kアニメの制作開始は、2018年2月1日。
納期は、編集の関係で3月19日。
わずか50日足らずの制作期間で、
4Kアニメを完成させなければなりません。


20190510-10.jpg


「未知の領域への挑戦ですね」
「はい、私たちはフロンティアです」
「北海道らしいチャレンジですね」

私と應矢さんは、楽曲のどの部分に
アニメーションを割り当てるか、
入念に打ち合わせ、
その結果を“絵コンテ”にまとめて
お互いにイメージを共有しながら
作業を進めることにしました。


20190510-11.jpg


應矢さんは、知人のアニメーターに声をかけ、
制作チームを編成。
作画をする人、補助する人、背景を描く人など、
役割を分担し、効率的に作業を進めていきます。

應矢さんは、シーンごとにアニメを制作し、
描き終える度に、
サンプルの動画を送ってくれました。
私は、それを視聴し、
必要に応じて修正箇所を伝えます。


20190510-12.jpg


納期まで1週間を切る頃になると、
私たちのやり取りは、濃密なものになりました。
完成直前のメールを、
應矢さんの了解を得て、掲載します。

※     ※     ※

2018/3/13 9:35 私→應矢さん
おはようございます。
次第にゴールが近付いてきました。
もうひと頑張り、よろしくお願い致します。
以下、お願いです。

AC-01b(ラベンダー畑)
このカットはズームバックしているので
動きに合わせてレンズのフレアを
変化させて下さい。


20190510-13.jpg


AC05(モカとタンポポ)
モカちゃんが耳に手を当てた後、
髪の毛の動き出しまでに1秒、余裕が欲しいです。
それと、タンポポが浮遊する速度を
もう少し遅くして下さい。


20190510-14.jpg


AC07(冬の到来)
このカットは、印象的な導入にしましょう。
最初に落下してくる雪の断片(結晶)が、
画面いっぱいに大きく見えてから
フレームアウトしていくと美しいと思います。


20190510-15.jpg


取り急ぎ、以上です。
お疲れのところ、心苦しいのですが、
よろしくお願い致します。

2018/3/18 15:28 應矢さん→私
思っていた以上に4Kは大変です。
特に、AC07(冬の到来)は
レンダリングに4時間以上かかります。
修正が必要な場合は、
後回しにしてもらえると助かります。

2018/3/18 16:30 私→應矢さん
了解です。AC07の修正は、後回しで結構です。

2018/3/19 22:35 應矢さん→私
PCの計算速度が落ちてきました。
AC15(ラストシーン)は、
一等星のきらめき、流れ星、オーロラが集中し、
かなりの負荷です。
レンダリングには、相当な時間が、かかりそうです。


20190510-16.jpg


2018/3/19 22:41 私→應矢さん
了解しました。
ご面倒をおかけします。
少し気になっているのは
AC12a(雲から月が出てくるカット)です。


20190510-17.jpg


月の出現が早いと、
次のカットでモカちゃんの顔が
ゆっくり照らし出される描写との
整合性が取れなくなります。


20190510-18.jpg


もう少し雲の動きを長めに見せて、
月が半分くらい出てから
次のカットに行きたいですね。
こちらの編集で修正できますか?

2018/3/19 22:48 應矢さん→私
そちらで修正出来るように
カットを長めに作ってあります。
細かいタイミングは、
編集で調整して頂けると助かります。


20190510-19.jpg


2018/3/19 22:51 私→應矢さん
了解です。
ところで、こちらの編集は、
あす午前10時30分からですが、
日中、應矢さんと連絡は取れますか?

2018/3/19 22:51 應矢さん→私
大丈夫です。
あすは他の仕事を休みにしました(笑)

2018/3/19 22:52 私→應矢さん
もう、あそこを直して下さい、とか
言いませんから、安心して下さい(笑)

2018/3/19 22:52 應矢さん→私
(笑)

※     ※     ※

應矢さんとのメールのやり取りを
ほんの一部でも読み返すと、
今でも胸が苦しくなります。
應矢さん、夜遅くまで丁寧に作業して頂き、
ありがとうございました。


20190510-20.jpg


今回の制作を振り返って應矢さんは、
次のように語っています。

「4Kアニメは初めての挑戦なので、
 ワクワクしながら作りました。
 作画領域が広いので、
 風景や背景に粗が見えたり、
 塗り残しがあったりしないよう、
 細心の注意を払いました。
 特に、AC13(月に輝く森)は
 細かく描き混んだので大変でした。


20190510-21.jpg

 北海道ならではの寒さや、
 空気の透明感を表現するために、
 森の奥の奥まで見えている感じ、
 冷たい空気が続いている感じが出せるよう、
 工夫しました。

 それと、夕暮れに
 タンポポの種が舞うシーンがありますが、
 あの場面では、
 大地に宿る神秘的な力を表現しました。


20190510-22.jpg


 人知を超えた存在が、
 直接、姿を現す訳ではないけれど、
 思いがけず、タンポポの種が飛んで来たり、
 月明かりに照らされて神々しい森が出現したり、
 北海道の自然が
 “それを見せてくれる”という私なりの解釈です。
 偶然の自然現象の中に
 “超常性”を感じてもらえればと思いました。


20190510-23.jpg


今回の制作を通して、私の中で、改めて
北海道への親しみや、畏敬の念が増しました。
今回は、4Kアニメの制作スキルも得て、
学ぶことが多かったですし、
表現の領域も拡がりました。
次回作では、どんな挑戦をしましょうか(笑)」


20190510-24.jpg


4Kアニメの制作という
“未知の領域”に挑んだ應矢泰紀さん。
50日に及ぶ“産みの苦しみ”は、
北海道の魅力を凝縮した
アニメーションに結実しました。
應矢さん、本当にありがとうございました。

(文・写真/星野豊)

◇次回(最終回)は、
 映像編集を担当した
 前田幸二(まえだ・こうじ)さんです。