NHK旭川放送局 旬 あさひかわ

視聴者がディレクターとなって番組企画のアイディアを競い、優勝した企画を
NHKが実際に番組化するBS1の「ザ・ディレクソン」。昨年、旭川市でも
番組イベントが開催され話題となりました。そして、NHK旭川放送局では、
視聴者参加の流れをさらに加速しようと、昨年の「ザ・ディレクソン」で
優勝を逃した参加者を対象に、自分のスマートフォンでミニ番組を制作してもらう
新たな企画をスタートしました。その名も「ザ・ディレクソン敗者復活!」
 
20190116-01.jpg
   (⇧ミーティングは市内のカフェでアットホームに)

視聴者8人が参加し、4グループに分かれてスマートフォンによる番組作りに
挑戦することになりました。番組ロケを前に、NHKの担当者が講師を務めて
スマホ撮影のコツ、番組構成の立て方などの勉強会も開催。会場のカフェに
来られない方は、ネットのテレビ会議システムで参加。みなさんとても熱心に
学んでいました。

20190116-02.jpg
(⇧会場に来られない人はネットのテレビ会議システムで)

 いよいよ昨年の暮れから、スマートフォンによるロケを開始。4グループが
「北海道の冬をもっと幸せにする」というテーマで、趣向をこらした番組を
作っています。寒い朝の撮影は大変ですが、きっときれいな映像が撮れるはず。
この日はダイヤモンドダストも見られました。

20190116-03.jpg
(⇧ スマートフォンに手ぶれ防止装置を取り付け いざ撮影!)

そして、もうひとり紹介しておきたいのがこの人。
昨年の「ザ・ディレクソンin旭川」で審査員を務めた、旭川市内で
広告会社を経営する海老子川雄介さん。得意のITの知識も生かして
総合ディレクターとして活躍、映像の編集も担当しています。

20190116-04.jpg
  (⇧参加する視聴者の代表として総合ディレクターを務める海老子川さん)

視聴者がスマートフォンを使ってどんな番組ができるのか、
第1回目の放送は1月18日(金)午前11時48分からの予定です
(放送予定は直前に変更することがあります)。
放送した番組はNHK旭川放送局のホームページでもご覧になれます。
どうぞお楽しみに!!

                   (文責 副局長 坂下史人)