NHK旭川放送局 旬 あさひかわ

 

20190613-01.jpg

局長の星野です。
組織改正に伴う異動により、
6月13日を以って
旭川を離れることになりました。

道北の皆さんには、
ニュース取材、
番組制作へのご協力を始め、
様々な放送事業にご高配を賜り、
厚く御礼申し上げます。

在任中の2年の間には、
様々な出来事がありました。

震度7を観測した
北海道胆振東部地震、
それに伴う全道ブラックアウト、
天皇皇后両陛下(当時)の
利尻島ご訪問、
道北の広域観光を推進する
大雪カムイミンタラDMOの創設、
旭川空港の国際線ターミナル開業・・・

旭川放送局は、災害時には、
被災地に応援要員を送り出し、
生命と暮らしを守る放送を届けたり、
この街が未来に向かって
新たな歩みを進める際には、
課題も含め、きめ細かくお伝えしたり、
常に「地域へのまなざし」を大切に
皆さんと共に歩んできました。

 20190613-02.jpg

旭川放送局が制作した
地域を支援する音楽番組
「故郷のうた」の中には、
次のような歌詞があります。

「北の空に誓う、私たちの街は
 ずっと輝いていると、
 いつも微笑んでいると」

道北に暮らす皆さんが故郷を慈しみ、
大切に思っていることを歌っています。

どうか、これからも
美しい故郷を守り、育んで下さい。
私は、旭川を離れても、
ずっと道北を応援し続けます。

この街に暮らし、道北の方々に
親切にして頂いたご恩返しを、
これからの人生の中で
していきたいと思います。

お世話になりました。
ありがとうございました。


令和元年6月
旭川放送局長 星野豊