ものがたり Story

柔らかい心
【最終週】 3月28日(月)~4月2日(土)

あらすじ Story

 あさ(波瑠)は、あることに気落ちしていた。新次郎(玉木宏)がその理由をはつ(宮﨑あおい)たちに話すと…。そしてある日、新次郎は、あさにある贈り物をする。新次郎が贈るものとは…。九州の炭坑で共に働いた宮部(梶原善)と治郎作(山崎銀之丞)が加野屋にやってくる。懐かしい話しであさや新次郎は、盛り上がる。あさは考えた末、ある大きな決断をする。その決断が気になる新次郎にあさは…。そんな時、あさを訪ねて平塚明(大島優子)がやってくる。平塚は、あさを地位と金の力をひけらかす押し付けがましい婦人、と批判する。その批判に対してあさは…。そして、加野屋に雁助(山内圭哉)がやってくる。新次郎や亀助(三宅弘城)と懐かしい話しで盛り上がっていると…。さらに加野屋に大隈綾子(松坂慶子)と成澤泉(瀬戸康史)がやってくる。女子大学校が軌道に乗った話を聞いたあさは…。そして、あさは、はつと今までふたりが歩んできた道のりを振り返り、語る。あさとはつの思いとは…。あさは、女子大学校の学生や宜(吉岡里帆)、千代(小芝風花)たちとピクニックに出かける。あさがこれまで自分が見て、感じたことを集まったみんなに語りかける。すると…。

→ ものがたりはこちらから