番組活用のポイント

その時 歴史が動いた 人間は尊敬すべきものだ
~全国水平社・差別との闘い~

HOME > 番組活用のポイントと学習展開例 >  ともに生きる 共生 > その時 歴史が動いた 人間は尊敬すべきものだ~全国水平社・差別との闘い~

番組活用 > 展開例 >> PDF

この番組の良さ

番組画像
日本初の人権宣言

1922年3月3日、全国水平社の創立大会で、日本最初の人権宣言といわれる「水平社宣言」が読み上げられました。番組は宣言の起草者である西光万吉の半生に焦点を当てます。被差別部落の出身であった万吉は、出自を隠して生きることに苦悩しますが、差別の撤廃には部落民自らが立ち上がるべきだと、全国水平社を仲間と共に立ち上げ、差別撤廃の運動は全国に広がりました。

不当な差別

番組は、被差別部落の人々が受けた不当な差別の実態を伝えます。部落民であるとの理由で、職を追われ、夫に離縁され、自ら死を選んだ女性の話は、差別が人間の尊厳を奪う、いかに理不尽なものか訴えかけてきます。

このページのトップへ