番組活用のポイント

日曜インタビュー 橋のない川に橋を…作家 住井すゑ

HOME > 番組活用のポイントと学習展開例 >  ともに生きる 共生 > 日曜インタビュー 橋のない川に橋を…作家 住井すゑ

番組活用 > 展開例 >> PDF

この番組の良さ

番組画像
生き方を考える

「生きている限り老後はない」、これは番組での住井すゑさん(以下住井さんと表記)の言葉です。この言葉からもわかるように、生涯現役でライフワークである『橋のない川』の執筆活動や、講演会『九十歳の人間宣言』に意欲的に取り組んできました。

インタビューから、住井さんのその前向きな生き方がリアルに伝わってきます。ひとつひとつの言葉に、人生観について考えを深めることができる番組です。

『橋のない川』の題名の由来

住井さんは、インタビューの中で、その代表作である『橋のない川』の題名の由来について、「アメリカとシベリアを隔てるベーリング海峡が、もし陸続きだったら、世の中どうなっていたかを考えたから」と語っています。

「世界が一つであれば」という思いを胸に、差別について執筆活動を進めてきた住井さんの活動や、その著書とあわせることで、人権意識を高める学習としても活用できます。

このページのトップへ