番組活用のポイント

コミ☆トレ ねらわれたお頭~わかりやすく伝えよう~ しのびよる悪の手~する前に考えよう~ おいしい修行に気をつけろ~心をおちつける~

HOME > 番組活用のポイントと学習展開例 > ともに生きる 共生 > コミ☆トレ

番組活用 > 展開例 >> PDF

この番組の良さ

番組画像
魅力的な番組構成

本番組は、新米忍者たちが社会の中で生きていくために必要なコミュニケーション力を身につけていくストーリーに加え、番組内で視覚トレーニング、学んだことを振り返る場面があります。15分間、子供たちの集中が持続するように工夫されて構成されている番組です。

失敗から学ぶ

本番組は、新米忍者のしおんとみくりが、日常生活の中でトラブルを起こしてしまう、うまくいかない場面から始まります。学級の中で、うまくいかないと感じている子はいませんか。先生から見て心配な子はいませんか。子供にとって自分の失敗を振り返ることは、とても大切なことです。しかし、落ち着いて失敗を反省するのは、とても難しいことでもあります。本番組の視聴を通して、失敗に気づき、どのように行動するべきなのかについて、客観的な視点で考えることができます。

よりよい人間関係を築く

学習指導要領(特別活動)には、「~集団や社会の一員としてよりよい生活や人間関係を築こうとする自主的、実践的な態度を育てる~。」という文章が明記されています。よりよい人間関係を築くためには、一人ひとりのコミュニケーション力を高める指導が必要です。気持ちの伝え方、友だちとの関わり方、自分の気持ちをコントロールする方法などについて、家庭だけでなく学校で指導することが求められています。望ましい学級集団づくりのためにはよりよい人間関係づくりの指導が必要なのです。

学習したことを振り返る

本番組では、最後に振り返りクイズ「どうする?しおん君」があります。番組視聴を通して学んだことを、学校生活と重ね合わせ、適切な行動を確認することができます。学校生活の中で、よくある場面での行動を考えることにより、実生活ですぐに実践することができます。

番組画像

このページのトップへ