番組活用のポイント

科学の考え方を学ぶ 考えるカラス <第1回~第10回>

HOME > 番組活用のポイントと学習展開例 > 学ぶ楽しさ > 考えるカラス

番組活用 > 展開例 >> ワークシート >>> PDF

この番組の良さ

意識的に「考え方」を学ぶ

「思考力を鍛える。」これはなかなか難しいことです。思考力を高めるためには、解決までの道筋(プロセス)や様々な考え方を知ることが大事です。そして、意識的に「考え方を学ぶこと」に取り組むことが必要です。課題を見つけ、観察し、仮説を立てて実験し、その結果を考察する。そのプロセスに基づいた様々な考え方を学ぶことができるのが、本番組「考えるカラス」です。

番組画像 番組画像
ここから先は、自分で考えよう

本番組は、大きく「考える観察」「デデニオン」「考える練習」の三部構成となっています。

「考える観察」では、観察のための視点や気付きのポイントなど、ものの見方を知ることができます。

「デデニオン」では、ユーモラスなアニメーションで、楽しく、わかりやすく考え方を示してくれます。デデニオンたちの仮説に基づいた試行錯誤が、考え方の幅を広げていくのに役立ちます。

「考える練習」では、不思議だなと思える事象について実験し考察します。結果の予想を三択問題にし、クイズ形式で選択し、理由を考えます。ただ選択するだけでなく、どうしてその結果になるのか考えていくことで、思考力を鍛えることができます。

番組画像
第1回 2本のロウソク

第1回 2本のロウソク

第4回 逆から考える

第4回 逆から考える

第7回 アリは線をいやがる?

第7回 アリは線をいやがる?

第8回 10円玉を落とす

第8回 10円玉を落とす

このページのトップへ