番組活用のポイント

中学生日記
いじめなくしたい 決意
(前編・後編)

HOME > 番組活用のポイントと学習展開例 > ともに生きる 共生 >中学生日記 いじめなくしたい 決意

番組活用 > 展開例 >> ワークシート >>> PDF

この番組の良さ

番組画像
いじめの傍観者になる子供たち

子供の9割以上が小・中学校の間にいじめに直面すると言われています。いじめは、直接の被害者だけでなく、周囲の関係者の心も深く傷つけます。「いじめをなくしたい」と思っていても、自分がターゲットにされることを恐れて傍観者にならざるを得ない子供たち。そんな子供たちの苦悩が番組ではリアルに描かれています。

いじめに立ち向かう子供たち

友達の窮地を救いたい、これ以上いじめに加担したくない、そんな思いから立ち上がる子供たち。でも彼らは特別な生徒ではありません。どこにでもいるような普通の中学生です。時に落ち込み、時に傷つきながら、いじめに立ち向かう子供たち。その姿は生徒たちの共感を呼びます。「自分にも何かできる!」そんな気持ちにしてくれるドラマです。

このページのトップへ