NHKティーチャーズ・ライブラリー

教室の声・利用者の声から

2016年 8月

教室の声~利用報告書より~

2016年8月5日

発信者:ティーチャーズ・ライブラリー事務局

平和

番組画像
NHKスペシャル 
オ願ヒ オ知ラセ下サイ
~ヒロシマ・あの日の伝言~

岡山県・中学2年・国語・教師

三省堂教科書に、番組制作者 井上さんの「壁に残された伝言」があります。教科書の中だけではわからないこと(実際の映像や被爆された方、伝言を残された方の思いなど)が生徒に伝わったようでした。ノートいっぱいに感想を書いた生徒もいます。私自身、今までDVDを視聴したことがなく、また、実物を見る機会をなくしていましたので、近いうち伺おうと思っています。壁の伝言を読んで涙する方を見て、生徒共々私も心を動かされました。今の戦争のない平和な世の中が永く続くことを祈っています。

番組画像
NHK特集 
きみはヒロシマを見たか~広島原爆資料館~

東京都・中学3年・総合的な学習の時間・教師

修学旅行で9月に訪れる資料館を事前に見せるかどうか考えましたが、見せることにより拒否反応を示していた生徒が、目を背けてはいけないんだという思いをもってくれたようです。オバマ大統領の広島訪問が話題になっていた時期だったので、より効果的でした。

番組画像
NHK特集 
夏服の少女たち~ヒロシマ・昭和20年8月6日~

愛媛県・小学6年・総合的な学習の時間・教師、生徒

アニメが混ざりながらの作品ということもあり、児童には一番見やすいのではないかと考え、授業で視聴しました。この視聴をきっかけに、児童の平和や原爆への関心は高まっていったように感じます。以下は児童の感想の一部です。

  • 私は、映像を見て、夏服を作った女の子たちは原子爆弾が落ちてすぐに亡くなってしまったことがわかりました。学校生活を楽しみにしていたのにすぐに命が亡くなるのはすごくつらいと思いました。
  • 楽しみにしていた夏服の色が明るい色だと目立ってしまうということで、暗い色に変えなければいけなかったのは残念だったろうなと思いました。
  • 今では当たり前の食べ物が、戦争中は貴重な食べ物だったのだということがわかりました。
  • 戦争は関係のない人までまきこんでひどいと思いました。
番組画像
そして男たちはナガサキを見た
~原爆投下兵士・56年目の告白~

徳島県・中学2年・道徳・教師

原爆投下は正しかったと思うか、間違っていたと思うかという議論をしたところ、色々な立場の意見が出て、途中で考えが変わる生徒もいた。これまでの平和学習とは違った視点の教材だったので考えが深まった。

番組画像
NHKスペシャル 沖縄・戦場の記憶

佐賀県・中学2年・総合的な学習の時間・生徒

僕たちのような若い世代は生まれた時から平和な世の中ですが、体験者の方々は自分たちが経験した恐ろしい体験を若い世代に伝えたかったんだと思います。戦後71年たった今、体験者の方々もだいぶ高齢になられてきました。なので、次は若い世代の人がこの恐ろしい体験を次の世代へと伝えていくべきです。世界ではいまだにテロなどで命を落とす人たちが大勢います。沖縄戦があった日本から世界へと平和の大切さと戦争の恐ろしさを伝えていくべきだと思いました。

キャリア

番組画像
プロフェッショナル 仕事の流儀
心を込めて、当たり前の日常を 
ビル清掃 新津春子

神奈川県・小学6年・総合的な学習の時間・教師

多くの仕事がある中でビル清掃でプロフェッショナルになっている新津さんの姿は心に残ったようでした。どんな場所でもあきらめないこと、居場所が生まれることを気づいた児童もいました。多くの人に観てもらいたい番組だなと思います。

番組画像
仕事ハッケン伝 ピース又吉×コンビニ業界

宮城県・高校1~3年・総合的な学習の時間・生徒

  • 今まで普通にコンビニで買っていた商品があれだけの時間考えて出来たのだと思うと1つの商品を売るのも大変なのだと思いました。これから先、もしかしたらコンビニなどでアルバイトをしたりするかもしれないので今まで買ってきた商品を考えてくださった皆さんに感謝をこめて働きたいと思いました。また、お年よりの人は話しが好きだといっていたのでコミュニケーションの力をつけていきたいと思いました。
  • 仕事をする上で大切なことが分かりました。それは、「調べる・理解する・考える」ということです。課題に対して、調べて知って、理解して。その上で考えるということが大切なのだと思いました。特に、考えて自分の意見、アイデアを持つことが大切だと思いました。ですが、考えるためには、知るということが必要で、知らなければ考えはでてきません。そして、知るために調べることが必要なのです。これは、仕事をする上だけでなく、日常生活・学校生活でも大切なことだと私は思いました。

ともに生きる

番組画像
探検バクモン 
ハンセン病を知っていますか

長野県・中学3年・人権教育・生徒

国立ハンセン病資料館の療養所の様子、特に特別病室の様子は衝撃的だった。さらに、そこに監禁されていたのが自分で罪を犯したのではなく、病気を発症しただけの人々ということにとても心が痛んだ。家族と暮らせない、子供を産むことができない、死んでもお墓に入れない。そんなのは「人として暮らしていくことをやめさせられている。」ことだと思う。今の私のように、「知らない」がゆえに、人に流され、偏見を信じこんできた人たちによる差別だと感じた。人権を大切にしていくうえで必要なことは、「知ること」「知ろうとすること」そしてそこから「考えること」だと強く感じる。

情報

番組画像
週刊 ニュース深読み 
つつぬけ?丸見え?
ネット時代の“個人情報”

神奈川県・中学1年・道徳・教師

中学生になり、携帯電話やスマートフォンを使う自由度が上がった生徒も多いので、使いたくて仕方ないのが現状です。折りにふれて、「使い方」については話をしていますが、映像の方がより説得力があります。軽い気持ちで自分や友達の写真をネット上にのせてしまう生徒たち、それが世界中に広まってしまい、悪用されることもある…そのような情報の「ひとり歩き」の怖さを実感したようです。

防災

番組画像
明日へ 再起への記録 
ガレキの町の小さな一歩
~岩手・大槌小学校6年生~

大阪府・中学1年・総合的な学習の時間・生徒

たった1回の出来事で多くの命を一瞬にうばい去っていく、という地震の恐ろしさは表現できないほどだと思います。震災で親を亡くしたり、子どもや友だちを亡くしたりしてしまった人達のことを、とても気の毒に思います。そこからやり直す、という気持ちを持てるというのは、その人が現実を受け止め強い心を持てるからだと思います。まだ私は大きな地震を経験していません。だから地震の恐怖も味わっていません。かといって、地震はいつ来るかもわかりません。だからいつ来ても大丈夫なように、1つでも多くの命を守るために、防災活動をしていかないといけないと思います。

環境

番組画像
サイエンスZERO 
最新報告!どうなる地球温暖化

愛媛県・中学1年・総合的な学習の時間・教師

地球温暖化と異常気象との関係がよくわかった。生徒たちはエルニーニョ現象やゲリラ豪雨との結びつきがあるのかどうかを気にしていたようだ。グラフや図表、具体的数値が盛り込まれ、現実的な問題として受け止めている生徒が多かった。

学ぶ楽しさ

番組画像
漢詩紀行 杜甫『春望』、李白『早発白帝城』、猛浩然『春暁』など 計17本

大阪府・高校2年・古典B・教師

漢詩自体の内容を、知識として理解することはできても、イメージをふくらませ、本来の意味で鑑賞させることは、非常に難しいと感じています。その理由の一つとして、私達は数千年の中国の歴史、国土、自然、雰囲気などを、実感として理解できないということが挙げられると思うのです。日本人が日本で感じる自然の厳しさや春の訪れの喜びと、中国で感じるそれには微妙に異なるところがあると思います。そういった点で、このDVDを授業に取り入れることで、土地の雰囲気、音楽、自然の広大な様子に触れることができた気がします。また、教科書にはない、詩家の人生、人となりを知ることで理解が深まったと思います。授業において、漢詩に費やすことのできる時間が圧倒的に足りない中、このDVDを使用することで、時間短縮が可能となり、より多くの作品に触れさせることができました。

このページのTOPへ

2016年 1月

教室の声~利用報告書より~

2016年1月22日

発信者:ティーチャーズ・ライブラリー事務局

番組画像
仕事ハッケン伝 
ワッキー×中華レストランチェーン~涙のニラレバ物語~

<感想> 神奈川県・小学5年・道徳・教師

「スピード感」と「コミュニケーション」について考えてほしく、このDVDを使⽤させていただきました。このDVDを見てから、給食の配膳スピードが3分から5分ほど縮まり、コミュニケーションも増えました。また返事も増えました。

番組画像
道徳ドキュメント 男らしさ、女らしさって何?

<感想> 愛媛・⼩学5年・道徳・教師

「●既存の考えや偏見にまどわされず、自分らしく、その人らしく⽣きていこうとする気持ちを養う」「●性的(セクシャル)マイノリティーについて知る」

上記の2つのねらいを持って5年生の道徳で活⽤しました。前半部分では多様な考えを認め合うということについて学習し、後半でDVDを活用しました。「セクシャルマイノリティー」という言葉はもちろん初めて知り、当事者の⾔葉や思い、行動に出会った子供たちは身近なこととしてとらえ、真剣に考える姿が印象的でした。思春期を迎える小学校⾼学年の児童にもわかりやすく学ぶことの多い内容でした。

<感想> 秋田・中学3年・道徳・教師、生徒

生徒の多くが、授業の初めは否定的な雰囲気だったが、性的マイノリティーについての理解を深めるにつれ、「自分らしく生きる」ことの大切さに気づくことができたようです。以下、生徒の感想を紹介します。

  • 人にはそれぞれ自分とは違う個性があるのだから、気にせず仲良くできると思った。
  • 周りからの意見よりも、自分らしく生きることが大事だと分かりました。
  • 差別をなくしていく努力と理解がわれわれにできることなのではないかと思いました。
  • 最初は少し抵抗があったけど、その人たちも悩んでいて、頑張って生きているので、違うとは思わず同様に温かく接したいです。

<感想> 福岡・高校2年・総合的な学習の時間・教師

自分たちと同年代の人が取材され、紹介されていたことで、生徒たちが自分たちに関わりのある問題と捉えることができ、真剣に観ることができていました。生徒たちの感想文の中には性的マイノリティーについて誤解をしていた、学校としての対応に驚いたなどの声があり、理解を促す第一歩として有効であったと感じています。特に勝法さんのVTRにおける「いないのではなく言えない」という部分の印象が強く、言えない環境を作り上げているのは、性的マイノリティーではない多くの人たちだ(私たち)という気づきもあり、次に予定している講演に良いかたちでつながりました。当事者の生徒にも希望を与える内容であり、良かったと思います。

番組画像
あしたをつかめ(25本セット)
利⽤DVD:保育士・電車製造技術者・グランドハンドリング・イルカトレーナー・漫画編集者

<感想> 兵庫・⼩学校2年・国語・教師

⼩学⽣(2年生)が内容を理解するには、難しい部分もあったが、身近なようでよく知ることのできない仕事の裏側を観ることができ、⼦供たちは興味を持って学習に取り組んだ。「仕事の内容」「その仕事をする理由」「工夫しているところ」を説明文にまとめる授業に利用させてもらった。

このページのTOPへ

2015年 9月

アンケート 教室の声~利用報告書より~

2015年9月17日

発信者:ティーチャーズ・ライブラリー事務局

番組画像
BS1スペシャル マイケル・サンデルの白熱教室
15歳の君たちと学校のことを考える(1)

<感想>大阪・中学2年・道徳・教師

普段の生活ではなかなか表面化されない生徒間の人間関係が浮かびあがってきて良かった。特に実体験が聞けたのは収穫であった(いじめられた体験など)。今回のDVDは学校内でのいじめがテーマだったが、現状でのいじめに対する生徒の意識レベルがわかった。生徒の実態が顕在化されたのが一番大きな成果だったと思う。

番組画像
その時 歴史が動いた 人間は尊敬すべきものだ
~全国水平社・差別との闘い~

<感想>兵庫・高校2年・人権学習HR・生徒

多くの人が現状に不満を感じながらも妥協して生活している中で、間違いを間違いと言える勇気はすごいと思います。こういう人たちがいるからこそ、今の日本があるのだと思うと感謝の気持ちも湧いてきます。昔と比べるとかなり改善しているものの、まだ差別というものが残っており、差別している者、されている者にかかわらず、そうした差別を無くそうとする考えを持ち、行動に移せたらなと思います。私もそうした心意気を持ちたいと思います。

番組画像
スマホ・リアル・ストーリー
無料ゲームのはずが…/一度押しただけで…/たった一言のちがいが…/知らない人とつながって…/送った写真のゆくえは…

<感想>鳥取・中学3年・道徳・教師

さまざまなトラブルが分かりやすく映像化されており、何が問題で、自分たちはどのようなことに気を付けて行動すべきかを、生徒たちもよく考えることができた。10分単位で編集がしてあり、必要なものを選んで視聴させることができたのもよかった。

番組画像
スーパープレゼンテーション ジャック・アンドレイカ
将来性のあるすい臓がん検査方法をティーンが開発

<感想>広島・高校1.2.3年・特別活動の時間・教師

同年代の若者が、志や家族への思いから大きな発明をしたこと。その実際の出来事に、皆、感動していました。生きる意義や、将来の仕事などを通しての意義を見通すための一つの体験を、この映像を通してできたようです。授業後も、活発に感想などを互いに言っていました。

番組画像
プロジェクトX 挑戦者たち
運命のゴビ砂漠~人生を変えた三百万本のポプラ~

<感想>大阪・中学3年・総合的な学習の時間・教師

3年生のスタートを切るにあたって、卒業までの日々を挑戦し続けてほしい、大切にしてほしいという意図から視聴しました。実際に生徒達は食い入るように見ていました。見た目は老人でも、心は挑戦者であり続ける遠山先生に生徒達は引き込まれていました。「目標の無い人生は闇だ!」という言葉が印象に残りました。

番組画像
課外授業 ようこそ先輩
武器を持つ?持たない? 紛争解決人 伊勢崎賢治

<感想>三重・高校1.2年・総合的な学習の時間・教師

小学生が議論する内容なので高校生がどう反応するか心配だったが、武器を持つことの可否について小学生たちの議論が白熱するにつれ、生徒たちも食い入るように視聴していた。戦争の始まるプロセスは決して遠いところではなく身近なことからなのだと感じられたと思う。

番組画像
番組画像
NHKスペシャル
東京大空襲 583枚の未公開写真

<感想>奈良・小学校4.5.6年・道徳・教師

本校では毎年平和学習ということで、夏休みの全校登校日の日に戦争に関するDVDを視聴しています。子供に見せるのにふさわしい作品を探すのが難しく、毎年苦労していました。

これまでは原爆に関する内容が主でしたが、今年は他のことで何かないかと考えていたところ、NHKティチャーズライブラリーの存在を知り、すぐに申し込みをさせていただきました。

さて、DVDについてですが、6年生は修学旅行で広島へ行くため平和学習をしており、問題ないのですが、やはり4・5年生にとっては少々きついものもあったようです。しかし、子供達は全員、70年前に実際に起こった現実を写したDVDを食い入るように見つめていました。

視聴後の感想では、戦争の悲惨さや二度と戦争をしてはならないという思いを口々に語っていました。どうもありがとうございました。

このページのTOPへ

2015年 1月

番外編・進級前の子供たちに見てほしい、この一枚…

2015年1月20日

発信者:ティーチャーズ・ライブラリー事務局

番組画像
小学校

クラスの団結力を高めるヒント

《番組内容》 時々迷々 クラスの旗

運動会のためにクラスの旗作りをすることになった4年1組の子供たち。その旗作りを通して子供たちのリアルな本音や気持ちの変化を感じながら、深く考えさせられる内容で構成されている。番組内に「本当にこれでいいの?」「どうしたいの?」と問いかける場面が設定されていることが魅力であり、視聴者が思わず引き込まれやすい番組。

教室の声

とても集中して子供たちは見ていました。効果的だったと思います。クラスの良さが実感できました。振り返りで「このクラスでよかった」「心が温かくなった」などの感想がたくさん見られました。

石川県 小学3 年 道徳

番組画像
中学校

人のいのちと、人として大切なこと

《番組内容》 プロジェクトX 挑戦者たち 炎上 男たちは飛び込んだ ホテルニュージャパン 伝説の消防士たち

1982年、東京・赤坂のホテル・ニュージャパンで火災が発生し、死者33人という災害史上例を見ない大惨事となった。この時、絶望的といわれた高層階から66人もの命が救出された。命がけの救出を担ったのは東京消防庁・特別救助隊。消防の世界で今も語り継がれている伝説の消防士たちの救出劇を克明に紹介する。

教室の声

東京消防庁・特別救助隊の仕事に対する思いが良く伝わってきて「何のために働くのか」という大きなテーマにつながるとても良いDVDでした。子供たちの感想の中にも「あれだけやりがいを感じられるような仕事に自分もつけるようにしたい」というものがあり、卒業を目前に控えた生徒たちにとって良い影響を与えられたと思います。

福井県 中学 道徳

番組画像
高校

人のために役に立つということ

《番組内容》 プロフェッショナル 仕事の流儀 いつも心に青空を~ユニセフ職員・杢尾雪絵~

中央アジア・タジキスタンで子供の命と健康を守るため奔走している日本人女性がいる。ユニセフのタジキスタン事務所代表・杢尾雪絵である。長い内戦状態にあり、子供の死亡率が高いこの地で、予防接種やエイズ対策などのプロジェクトを進める。政府との困難な協議に挑む流儀は、絶望の中でも「心のなかに青空を持つ」ことだという。

教室の声

《生徒の感想》 揺るぎない信念を持ち、仕事をしていた姿が印象に残っている。「一歩目は小さくても良い」という言葉に感動した。人は成果が小さかったり、なかなか出ないと嫌になったり、止めたくなったりするが、小さくても少しずつやっていけばきっと実現に近づいていくということが分かった。私も本当にやりたいことを見つけていきたい。

《先生》 今まで働く意義を収入を得るためだけと考えていた生徒に対して、やりがい、社会貢献という新たな視点を与えることができた。

福島県 高校 LHR

このページのTOPへ

2014年 11月

特集 いのちの教育

2014年11月

発信者:ティーチャーズ・ライブラリー事務局

ティーチャーズ・ライブラリーでは、さまざまなテーマで行なわれる「いのちの授業」で活用できる番組をそろえています。NHKの番組から厳選したDVDをぜひ、ご活用下さい。

Pick up! 教育実践例 教室の声~アンケートより~

中学校 いじめ
番組画像中学生日記 いじめなくしたい
決意(前編)(後編)
番組の内容

(前編)東桜中学2年B組では、山本瑞恵率いるグループが内気な女子をいじめていた。正義感の強い菜都美はついに我慢できなくなり、山本を非難する。この日を境に菜都美はいじめのターゲットになり、友人の多くが離れていった。

(後編)男子のいじめも進行していた。体が大きく粗暴な鈴木のグループが、体が小さくおとなしい英秀をいじめている。将平は、自己防衛のためにこのいじめに消極的に参加していた。悩む将平に、担任の先生がアドバイスを与える。将平は仲間を集め、「いじめに加担しない」ことを「ハンカチ」で表明するよう呼びかける。

滋賀県のある中学校では、いじめ防止啓発月間の取り組みの中で「中学生日記 いじめなくしたい 決意」を視聴して頂きました。先生から送られてきた「学習展開」や「ワークシート」をまとめてご紹介いたします。

目的・ねらい

生徒会活動の「いじめゼロ啓発運動」の活動とあわせ、DVDを視聴し、自分の学校生活の中での言動を見つめなおし、「いじめゼロ」の学校をめざし『自分のできることを考えて、行動にうつそう』とする態度を養う。いじめは集団の中で起こっている事実がある中で、集団作りの大切さを感じ取り、生徒間における「ピアサポート」(支え、助け合い) に重点を置いたDVD「中学生日記 いじめなくしたい 決意」の視聴を通して「友だち」のあり方、「どんな辛さも乗越えていける強さ、気持ち」のつながりを学ばせたい。

先生の感想

「いじめ防止啓発月間」の取り組みとして、利用させて頂きました。「ピンク・シャツデー※」の紹介とあわせて、全校でいじめについて考えることができました。生徒たちにとって、とてもわかりやすい内容で、リアルなところがよかったです。カナダの「ピンクシャツ」と、『中学生日記』の「ハンカチ」がだぶりました。すばらしい台本だと思いました。

対象者

全学年 各教室にて

授業者の留意点
  1. DVDの中では、先生がクラスでおこっていることに対して(いじめに関して)、アクションを起こしていないが、それは番組上のことであって「決してそうではない。全力で対処する」ことを伝える。
  2. DVDの中学校では、昼食時の食事の取り方、休み時間の体育館の使用等、学校のルールが異なるので、補足をする。
ワークシート

前編 < 感想や「どきっ」とした言葉を書いてみよう >

後編 < 感想やこれから自分のできることの決意など >

君はこのドラマのどこにいるだろうか

※ピンク・シャツデーとは
2007年カナダの二人の学生から瞬く間に世界中に広まった世界的いじめ反対運動。ピンクのシャツを来て登校した少年が「ゲイ」だといじめられた。それを見た二人の学生が50枚のピンクのシャツを友人に配り翌日登校した。学校では呼び掛けに賛同した多数の生徒がピンクのTシャツを着て登校。学校中がピンク色に染まり、いじめが自然となくなった。そのエピソードがSNS等で世界中に広まり、現在では70ヵ国以上の国で活動が行われている。カナダでは毎年2月最終水曜日がpinkshirtdayとして定められている。世界中で毎年2月の最終水曜日に皆がピンクのシャツを着て一つになり、「いじめや差別に負けないで輝こう」という事を歌った、レディー・ガガの「Born This Way」等を踊るチャリティーイベントが開催されている。(PINK SHIRT DAY JAPAN ホームページより引用)

Pick up! 教室の声~アンケートより~

小学校・中学校向け いのち 福祉

「いのち」をテーマにした授業では、生命の大切さを実感できるよう、体験型の授業をされている学校も多いようです。そうした体験とともに、ドキュメンタリー形式の視聴覚教材を用いることで、より豊かな感情を育むことができた、というご意見を数多くいただいています。

みんな生きている 捨てられる命
番組の内容

秋田県動物管理センターには、人間に捨てられた犬や猫たちが運び込まれます。1年間で、およそ2000匹のペットが持ち込まれ、ここで最期の日を迎えています。職員達は、動物たちの生命を少しでも助けようと努力していますが、救うことができる生命はほんのわずかです。人間の都合で生命を左右される動物の姿から、生き物を飼う責任や「いのち」について考えていくことができます。

よかったです!

命を大切にする授業の一環としてDVD を使い、授業を行った。身近な例でもあり、動物の命だけでなく、人間の命も大切なものであるということを理解することができた。

長崎県 中学1年 道徳

知った・気づいた!
  • 動物の命は自分でせきにんをもって育てないといけない、と思った。
  • 今までよりもっと命の大切さを知った。
  • 犬を飼うときは、ぜったいすてないことにする。

大阪府 小学4年 道徳

みんな生きている ようこそ!赤ちゃん
番組の内容

赤ちゃんを迎えるための準備に追われる河本家。「みんなで赤ちゃんを迎えたい」という思いから、家族全員で出産に立ち会います。もうすぐ生まれてくる赤ちゃんを心待ちにする兄弟の様子から、家族について深く考え、その大切さを再認識することができます。

よかったです!

DVDを通して赤ちゃんは家族や周りに祝福されて生まれてくるのだということを学び、自分たち自身も家族に祝福されて生まれてきたことを実感できたようです。「母親がお腹を痛めて産んだ命もいつ失うかわからないから大切にしていきたい」という意見も多くでてきたので、このDVDで授業ができて良かったです。

兵庫県 中学1年 道徳徳

知った・気づいた!

赤ちゃんふれあい体験・家族愛を主題とした公開授業で使いました。今一度、自分が産まれてきたときの家族の思いを振り返ることができ、命について生徒自身の考え方の変化を感じました。

以下生徒感想より
  • 私の命も大切な命。この世界に生まれてきてよかったと思いました。親に感謝です。
  • 今、子供を殺したりすることがあるけれど、本当に親がどれだけしんどい思いをして、産んだかを知っているのか、と思います。

高知県 中学3年 道徳

Pick up! 教室の声~アンケートより~

中学校・高校向け 福祉 異文化理解

中学・高校では、「福祉」「異文化理解」「共生」などのテーマにあわせて「いのちの授業」が行われますが、「副読本だけではなかなか伝わりにくい」という先生方の声を聞きます。ここで紹介する番組は内容が深く、難しく感じる生徒さんもいるようですが、先生からのアンケートでは、難しいながらも、「いのち」「ともに生きること」「よりよい生き方」について子供たちが真剣に向き合っている様子が伝えられています。

ヒューマンドキュメンタリー ある少女の選択 18歳“いのち” のメール
番組の内容

「いのちは長さじゃないよ。どう生きるかだよ。」そう語った田嶋華子さん。幼い頃から重い心臓病に苦しみながらも、最先端の医療で命をつないできました。そんな大きな困難や痛みをかかえる人と家族が、生きることと真剣に向き合ったドキュメンタリー番組です。

知った・気づいた!

命についてじっくりと考えることができました。生徒は、夏の体育館でしたが、とても見入っていました。それぞれの命、生き方を考えるよいきっかけになりました。ここから、さまざまな人とのかかわりを考える「福祉」につなげていきたいと思います。

以下生徒感想より
  • 命はたった一つで、そのたった一つを自分でどれだけ大切にできるのかが大事なんだと学んだ。
  • どれだけよい人生にできるかを考えなくてはいけないと思ったし、命をより大切にして生きていかなければいけないんだと思いました。

岐阜県 中学3年 総合的な学習の時間

わたしが子どもだったころ 政治学者 姜尚中
番組の内容

政治学者 姜尚中(カン・サンジュン)氏の少年時代をドラマで再現し、現在の姜氏のインタビューと合わせた番組です。姜氏が在日韓国人二世として過ごしてきた日々のなかで、生活習慣や文化の違いを感じ取る様子、自分の言動が周囲から肯定的に捉えられていないことに気づいて苦悩する少年時代の様子が克明に描かれています。鉄男(日本名)と尚中のどちらが本当の自分なのか?と自問自答しながら成長していく姿は、視聴する子供たちに強く訴えるものがあります。

よかったです!

多文化共生の学習で利用しました。3時間設定の2時間目です。1時間目はバーンガ※というトランプゲームをしました。2時間目にDVDを見て、3時間目にその内容を元に自分達がこれからの社会で実践できることを考えました。(校区内の授業研究にしました。)初め、DVDを見たとき中学生には難しいかと思いました。でも、ドラマの部分も多く、日本と韓国の文化の違いや、鉄男の心の葛藤がよく描かれており、生徒にも十分理解できました。最後に、日本と韓国どちらも受け入れていくという姜尚中さんの前向きな姿勢が、教師の意図するところと合致し、生徒にもよく伝わっていたように思います。

滋賀県 中学3年 総合的な学習の時間


※言葉が通じず、ルールが異なる状況下に置かれた少数派の人々の立場を疑似体験させるカードゲーム

このページのTOPへ

2014年 8月

教室の声~アンケートより~環境 テーマ別にDVDを活用する

2014年8月20日

発信者:ティーチャーズ・ライブラリー事務局

2014年度1学期は環境カテゴリーのDVDが好評でした。特に、小学校高校で利用が伸び、アンケートからも有効に活用していただいたことがわかりました。

今年度は総合的な学習の時間でも「環境」をテーマに取り上げる学校が増えたようです。今年は特に異常気象が多いです。2学期も大いに活用していただきたいと思います。

2014年度 4月~7月 貸し出しランキング TOP 5

1. ティーンズTV 地球データマップ どうする大量消費社会
2. ど~する?地球のあした 二酸化炭素はなぜ増える?
3. NHK スペシャル 気候大異変(2)環境の崩壊が止まらない
4. NHK スペシャル 気候大異変(1)異常気象 地球シミュレータの警告
5. ティーンズTV 地球データマップ 滅びゆく野生生物

※2014年4月1日~7月31日/ 視聴本数85本(小・中・高・大学総計)

よかったです!
ど~する?地球のあした リサイクルでゴミはなくせる?

資源回収と関連づけて見せたのでとても良かったし、生徒にとってもとてもわかりやすいものでした。リサイクルの意義が伝わるもので今回、このDVD を選んで良かったです。

愛知 中学 全学年 学活

ど~する?地球のあした 海のゴミから地球が見える

日常の中で知っているゴミとDVDで見たゴミの違いに驚いていました。そのゴミが環境に影響をおよぼしていることは薄々感じていたが、ゴミが問題を起こしているところまではわかっていなかった、単にゴミが“くさい” とか“きたない” という認識から生命や地球にかかわる問題だととらえ直しができた。今の現状をきっちりと把握し、主体的に活動する意識付けができた。

京都 小学校4 年 総合的な学習の時間

知った・気づいた! 番組画像
ティーンズTV 地球データマップ 汚染される惑星

自分たちの食べているスナック菓子が象の絶滅に繋がっているということに驚いている生徒が多くいました。人間を中心に地球が回っていると思っていたが、間違いだったと気付いた生徒もいました。

大阪 中学 理科Ⅱ

番組画像
NHKスペシャル 気候大異変(2) 環境の崩壊が止まらない

アマゾンでの急速な森林減少はよその国のできごとだと考えている生徒が多いようだったが、温暖化の影響は日本にも見られると知って考えを新たにしたようだった。

愛知 高校3 年 生物基礎

テーマ別にDVD を活用する

地球温暖化
  • NHK スペシャル 気候大異変(1)異常気象 地球シミュレータの警告
  • NHK スペシャル 気候大異変(2)環境の崩壊が止まらない
  • NHK スペシャル 北極大変動 第1 集 氷が消え悲劇が始まった
生態系
  • ティーンズTV 地球データマップ 滅びゆく野生生物
  • ど~する?地球のあした あぶない!日本のクワガタ
ゴミ問題
  • ど~する?地球のあした リサイクルでゴミはなくせる?
エネルギー問題
  • ど~する?地球のあした 二酸化炭素はなぜ増える?
  • NHK スペシャル 低炭素社会に踏み出せるか~問われる日本の進路~
  • ティーンズTV 地球データマップ どうする大量消費社会
水質汚染
  • ど~する?地球のあした 川はゴミ箱!?
  • ど~する?地球のあした 海のゴミから地球が見える
  • NHK スペシャル サンゴの悲鳴が聞こえるよ
環境汚染
  • ティーンズTV 地球データマップ 汚染される惑星

このページのTOPへ

2014年 1月

教室の声 いのち・福祉・食育・防災

2014年1月20日

発信者:ティーチャーズ・ライブラリー事務局

共生 生き方 いじめ

授業のテーマ・感想

みんな生きている 捨てられる命

「命の授業」をテーマに児童へ命の大切さを教えることが出来た。低学年ですが、(DVDの内容を)理解し、命への責任などを勉強できた。ペットが捨てられた後の現状を見せることで心に残る「命の授業」が出来た。

神奈川県 小学2年 道徳

ハイビジョン特集 本田美奈子 ―最期のボイスレター

道徳の資料「かけがえのない きみだから」の中にある“歌の世界で太陽になりたい”を読んで、本田美奈子さんの生き方を考え、自分の生き方に対して理想を持つ授業となった。美奈子さんの実際の映像を見て、力強い彼女の思いに感動した生徒が多かった。

静岡県 中学2年 道徳

他にもこんなDVDが活用されています▼

プロフェッショナル 仕事の流儀 ~脳神経外科医・上山博康~
プロフェッショナル 仕事の流儀 ~ユニセフ職員・杢尾雪絵~
みんな生きている ようこそ!赤ちゃん
みんな生きている 命の恵みいただきます

道徳ドキュメント 家族ではないけれど

ボランティアについての啓発になった。人とつながることの大切さ、自分ができることを困っている人に対してやっていくことの大切さを理解し、実行していこう、という感想が多かった。

神奈川県 中学1年 道徳

道徳ドキュメント 自分の仕事を見つけるまで

「福祉」の導入で活用。障がい者に対する見方を変えたかったのと、「働くことで得られる幸せは誰でも同じ」ということなどを生徒たちに感じて欲しかったのですが、生徒たちはいろいろ考えていたようです。15分という時間の中にしっかりと内容が盛り込まれていて、とても良かったです。

北海道 中学1年 総合

他にもこんなDVDが活用されています▼

道徳ドキュメント なにを優先するの?優先席
道徳ドキュメント 家族ではないけれど
道徳ドキュメント 自分の仕事を見つけるまで

みんな生きている 命の恵みいただきます

クラスの子ほぼ全員が「命をいただく」ということまで考えていなかったが、これから給食をもっと感謝して残さずいただきたいと、ふりかえりカードに記入していた。命の大切さを真剣に考えるいいチャンスになったと思います。

栃木県 小学5年 道徳

防災

授業のテーマ・感想

防災対策 安全教育

シンサイミライ学校 いのちを守る特別授業 ~“釜石の奇跡”片田教授と子どもたち~

(DVDの中の)資料をたくさん交えながらの授業の様子にどの子も集中して見ていました。(釜石の子供たちの様子を見て)自分達もしなきゃいけないという緊張感を持つことができました。家に帰って家族と話し合いをした子もいたようです。

大阪府 小学6年 総合的な学習の時間

NHKスペシャル 巨大津波“いのち”をどう守るのか

何回も目にしてきた津波の映像ではありますが、実際に津波を経験し命が助かった方々の話も入っていたので、子供たちは真剣に視聴していました。自分の命を守るためにまず逃げること、正しい情報を得ることを理解してくれたと思います。

大阪府 中学全学年 防災教育(道徳)

他にもこんなDVDが活用されています▼

NHKスペシャル 巨大津波 “いのち”をどう守るのか
クローズアップ現代 首都直下 震度7の衝撃
NHKスペシャル 防災力クライシス そのとき被災者を誰が救うか

被災者の心情

クローズアップ現代 子どもたちが綴った大震災

生徒達が顔を上げてしっかりと見ていたのが、印象的でした。子供の言葉や感情を通して、震災後のつらさ、現状を学び、自らがしっかりしなければならないと感じた生徒も多かったように思います。

番組画像 番組画像

北海道 高校2、3年 避難訓練時

他にもこんなDVDが活用されています▼

明日へ 再起の記録 ガレキの町の小さな一歩
NHKスペシャル 巨大津波 “いのち”をどう守るのか

原発事故

NHKスペシャル 汚された大地で チェルノブイリ20年後の真実

理科総合Aで学習中の「放射線」に関するビデオとして視聴しました。人体への影響が後年わかってくるということが良く理解できたようです。途中、放射線によるフィルムの感光が映り、それを見た生徒から「放射線が確かに飛んでいて、当たることが良く分かった」と感想が出ました。学習が深まったころにもう一度視聴させたいです。

栃木県 高校3年 理科総合A

他にもこんなDVDが活用されています▼

ETV特集 ネットワークで作る 放射能汚染地図 福島原発事故から2か月

NHKティーチャーズ・ライブラリー事務局からのお願い

ティーチャーズ・ライブラリーのDVDは全国の先生にご利用いただいています。ご理解・ご協力をお願い致します。

  • 返却日は厳守してください。遅れる場合は事務局へご連絡をお願いします。
  • DVDは大切に扱ってください。
  • アンケートは利用証明となりますので、必ずご提出ください。

TEL&FAX 03-3462-7932(平日午前10時~午後6時) http://www.nhk.or.jp/archives/teachers-l/

このページのTOPへ

2013年 11月

平和学習・キャリア教育向けが人気です!

2013年11月

発信者:ティーチャーズ・ライブラリー事務局

2013年度 現在(10月31日まで)で866本のDVDを授業で視聴していただいています。 そのうち、40%が総合的な学習の時間、道徳、学活(LHR)で活用されています。これらの授業で特に人気の高い活用は「平和学習」「キャリア教育」です。今回のきずな通信は平和学習・キャリア教育の活用事例を中心にお届けします。

  1. NHK特集 夏服の少女たち~ヒロシマ・昭和20年8月6日~
  2. NHKスペシャル 沖縄 よみがえる戦場~読谷村民2500人が語る地上戦~
  3. NHKスペシャル サダコ~ヒロシマの少女と20世紀~
pick up 4. 長崎の鐘は鳴り続ける
  5. NHKスペシャル 赤い背中~原爆を背負い続けた60年~
  ※2013年4月1日~10月31日/視聴本数:319本(小中高総計)

  1. 仕事ハッケン伝 安田大サーカス クロちゃん×保育業界
pick up 2. 仕事ハッケン伝 ワッキー×中華レストランチェーン
  3. 仕事ハッケン伝 ピース又吉×コンビニ業界
  4. あしたをつかめ みっくん先生ただいま奮闘中 保育士
  5. 仕事ハッケン伝 内藤大助×宅配業
  ※2013年4月1日~10月31日/視聴本数:246本(小中高総計)

栃木県の高校2年生のクラスでは修学旅行に行く前長崎の鐘は鳴り続けるを視聴したそうです。先生・生徒の感想を見てみよう。
こちらをクリック!!

埼玉のある中学校では2年生の全クラスで 「上級学校調べ」の一環として仕事ハッケン伝を3本も視聴したそうですよ。先生・生徒の感想を見てみよう。
こちらをクリック!!

平和 番組内容

学年:高校2年 (長崎県に修学旅行に行く予定)
授業:総合的な学習の時間

長崎の鐘は鳴り続ける
(2000年 43分)

被爆後の長崎で白血病におかされながらも平和への願いを書き続けた医師・永井隆さんの人生とメッセージ

※授業の構成:DVD(43分)を見て、A4ワークシート(自作:DVD内容紹介と感想記入欄)に感想を記入。

<生徒の感想>
  • DVDを見て知識が増えたと思います。・・・平和への願いを思って、たくさんの本を書いていた永井さんはほんとにすごくて尊敬しました。他にも、平和のためにがんばっている人はたくさんいると思うので個人的にまた学習しようと思います。
  • 永井さんが書いた「長崎の鐘」という本が読みたくなりました。永井さんが本当に平和を願う想いで書いた本には何があるのか、読んでみてどのように思うか、気になりました。戦争関係のことに興味を持ったのは、自分でもびっくりしました。

NHKティーチャーズ・ライブラリー事務局より

ダイジェスト版は著作権上、つくることができないのです。申し訳ございません! 生徒さんの自筆のワークシートを読ませていただきました。DVDを見たことで興味・関心・意欲が高まる導入となっていることが目に見えるように伝わってきて、大変うれしく思いました。ありがとうございました。

<先生の感想>
  • 今回はじめて利用させてもらい、生徒の事前学習用に、とてもよかったと思います。来年度、修学旅行を担当する先生にも利用をすすめたいと思います。また、ダイジェスト版があれば、助かります。

TOP3 平和学習 小・中・高

番組画像

番組画像

小学校

1. NHK特集 夏服の少女たち~ヒロシマ・昭和20年8月6日~
2. おはなしのくに いわたくんちのおばあちゃん
3. NHKスペシャル サダコ~ヒロシマの少女と20世紀~

中学校

1. NHK特集 夏服の少女たち~ヒロシマ・昭和20年8月6日~
2. NHKスペシャル サダコ~ヒロシマの少女と20世紀~
3. NHKスペシャル 沖縄 よみがえる戦場~読谷村民2500人が語る地上戦~

高校

1. NHKスペシャル 沖縄 よみがえる戦場~読谷村民2500人が語る地上戦~
2. シリーズ証言記録 兵士たちの戦争 沖縄戦 住民を巻き込んだ悲劇の戦場
3. 長崎の鐘は鳴り続ける

キャリア 番組内容

学年:中学2年
授業:特別活動(上級学校調べ)

仕事ハッケン伝 (2011年 43分)

ワッキー×中華レストランチェーン
村井美樹×鉄道会社
ピース又吉×コンビニ業界

タレントたちが“やってみたかった仕事”に挑戦。特別扱いなしの本気指導で仕事の醍醐味をハッケンする

※使用教材 : 先生自作ワークシート(DVDのあらすじ + 設問)

<生徒の感想>

《ワークシートの設問》 「あなたたちも数年後に仕事に就きます。そのためには、中学生の時期には何が大切だと思いますか。前回、前々回のピース又吉さん、ワッキーさんの中華料理店での奮闘もあわせて考え、書いてみてください」

  • いつになっても、どこに行っても勉強をするのだと思った。失敗の積み重ねにより、一人前になれるのだと感じた。どの職業に就いても楽ではなく、がんばらないといけない。
  • 一番大切なものは、人と人とのかかわりだということを、このDVDを見て学びました。
  • お店で料理を頼んだら当たり前、電車が動いて当たり前、などと思わずに裏で誰かががんばって働いている。感謝しなくてはいけないと思った。仕事に就くときは、言われてうれしい、されてうれしい態度で接したいと思った。

NHKティーチャーズ・ライブラリー事務局より

「上級学校調べ」ということで、仕事を知る学習にとどまらず、将来のために現在の生活につながるキーワード(「思いやり」「挨拶」「コミュニケーション」「努力」「感謝」など…)をDVDからたくさん感じとってもらえたようです。ワークシートを読ませて頂いた時、生徒さんたちが「仕事とは…?」と、自らに問い、真摯に考えている様子が文字から浮かび、みんな輝いて見えました!

<先生の感想>

・1年次に職業体験を実施し、2年次に上級学校調べを実施するのですが、自分の将来、仕事、適性について、もう一度考え、現在まで逆算して考えていく形で取り組んでいます。テレビでおなじみのタレントさんが真剣に仕事に取り組んでいる姿が、生徒たちにはとても好評でした。

TOP3 キャリア教育 小・中・高

番組画像

番組画像

小学校

1. プロフェッショナル 仕事の流儀 闘いの螺旋、いまだ終わらず~漫画家・井上雄彦~
2. プロフェッショナル 仕事の流儀 人間、死ぬまで勉強~料理人・西健一郎~
3. 仕事ハッケン伝 ワッキー×中華レストランチェーン

中学校

1. 仕事ハッケン伝 ワッキー×中華レストランチェーン
2. 仕事ハッケン伝 安田大サーカス クロちゃん×保育業界
3. 仕事ハッケン伝 ピース又吉×コンビニ業界

高校

1. 仕事ハッケン伝 安田大サーカス クロちゃん×保育業界
2. 仕事ハッケン伝 ワッキー×中華レストランチェーン
3. 仕事ハッケン伝 内藤大助×宅配業

このページのTOPへ

2013年 9月

利用者の皆さまからのご要望

2013年9月

発信者:ティーチャーズ・ライブラリー事務局

○番組数を増やしてください

A.2013年7月28日に編集委員会が開かれ、追加番組を選定しました。

2014年度に追加する番組の著作権・肖像権の処理などを行っています。

○番組を20-30分に編集してください

A. テレビ番組を放送以外の目的のために再編集することは、著作権法で制限されています。

ティーチャーズ・ライブラリーでは1コマの授業で番組を活用していただくために、学習展開例や番組活用ポイントをホームページやガイドブックに載せています。今回、中学校の「教室の声」でご紹介したように「二回に分けて観る」という授業の進め方もあります。

○ホームページで番組の一部を配信

A. ティーチャーズ・ライブラリーのホームページで番組の一部を配信することは著作権上、困難です。

○NHKに行かないでもっと簡単に試聴がしたい

A. 事前試聴のための貸し出しも行っております。アンケートには先生が試聴した際の感想をご記入ください。

○他の先生に紹介したい

A. 利用ガイドブック・チラシ(番組一覧表)の発送を承っています。お気軽にお問い合わせください。

このページのTOPへ

2013年 1月

ティーチャーズ・ライブラリー通信 巻頭言

2013年1月

発信者:ティーチャーズ・ライブラリー事務局

ティーチャーズ・ライブラリー事務局では、ホームページ上に「ティーチャーズ・ライブラリー通信」を設け、お勧めの番組の紹介や、先生が実際に使ってみた実践例、利用されたみなさんの声などを、随時紹介していきます。ティーチャーズ・ライブラリーを使うときの参考に、ぜひなさってください!

通信の一回目では、このところ、貸出数の多い、防災教育といじめについて、番組の活用術や、使ってみての反響をまとめました。

このページのTOPへ

いじめについて考えよう

2013年1月

発信者:ティーチャーズ・ライブラリー事務局

番組画像

最近、いじめのニュースが大々的に取り上げられている中、先生方の関心はいじめ関連のDVDに集まっています。

みんな生きている いじめをなくすには

本編はいじめにあった子供の親による、小学校での講演を中心にしていますが、番組のねらいである「優しい心が大切」と感じることに、利用校種の区別はなく、中・高でもご利用いただけます。今年度は小・中・高と幅広い学年で活用されています。小学校では、子供たちと同年代の親が語る「命の大切さ」が子供たちの心に響いたようです。「ドキュメンタリーであることで、より一層、心が揺さぶられる」との声がありました。中学校では、講演中に出てくる自殺した中学生の写真が生徒たちにいじめのリアリティを強く感じさせます。高校では「小中学生だったころの自分を思い出し、命の尊厳を学べた」との意見がありました。幼かった自分を回想することで、現在を見つめなおすことができるようです。

クローズアップ現代 ケータイが生む新たないじめ

ドキュメンタリー映像です。現代の中高生の内情が浮き彫りにされています。携帯に没頭し自分を見失いがちな生徒が、携帯によるいじめの事例を映像から客観視することで、自らを見つめ直すきっかけとなります。

中学生日記 いじめをなくしたい

ドラマ形式です。いじめが起きた場合、教師がどのように生徒たちと接すればよいか?ドラマの中では、具体的な対応策は出てきませんが、先生方同士で「意見を出し合うきっかけとなった」という意見も頂いています。

このページのTOPへ