平和 貸し出し番組一覧

HOME > 貸し出し番組一覧 > 平和

初めて核兵器の犠牲となった広島・長崎、住民を巻き込んだ地上戦で数多くの犠牲が出た沖縄…綿密な取材や体験者の証言などを通して、太平洋戦争の実態を子供たちに伝え、平和について考えるきっかけとする番組をそろえました。修学旅行の学習にも活用できます。

新規追加番組

番組画像

NHKスペシャルNEW
きのこ雲の下で 
何が 起きていたのか

放送日:2015年8月6日 放送時間:65分

広島

内容紹介

1945年8月6日、広島。原爆投下3時間後、爆心地から2kmの御幸橋で新聞社のカメラマンが撮影した写真が、2枚だけ残っている。NHKがその内容を分析した結果、写っている約50人の中に、火傷で皮膚がむけた人たちや横たわって死にひんした人たちが確認できた。31人の証言と写真から、70年前にきのこ雲の下で何が起きていたのかに迫る。

対象学年

小学校高学年・中学校・高校

対象科目

総合・学級活動

番組画像

NHKスペシャルNEW
“あの子”を訪ねて
~長崎・山里小 被爆児童の70年~

放送日:2015年8月9日 放送時間:49分

長崎

内容紹介

長崎市の山里小学校は、原爆で児童1300人が命を落とした。奇跡的に生き残った37人の手記は永井隆博士によって『原子雲の下に生きて』として出版され、彼らは「あの子」と呼ばれて平和への願いの象徴とされてきた。彼らをNHKは継続的に取材、2015年にも18人に会えた。被爆体験を周囲に話せずひっそりと生きる人。家族の一言に深く傷ついた人…「戦争よりも戦後がつらかった」と語る被爆者の歳月を描く。

対象学年

小学校高学年・中学校・高校

対象科目

社会・総合

番組画像

NHKスペシャルNEW
アニメドキュメント 
あの日、僕らは戦場で~少年兵の告白~

放送日:2015年8月11日 放送時間:73分

沖縄

内容紹介

沖縄戦の際、日本で唯一の少年ゲリラ部隊が戦闘に参加した。14~17歳の少年1000人が陸軍中野学校出身の将校からゲリラ戦の訓練を受け、「護郷隊」の名で戦ったのである。しかも、本土でも同様の組織が計画されていた。少年たちはどのようにゲリラ兵にされ、どのような戦いを経験したのか、沖縄北部の山岳地帯で戦った元少年兵30人を取材、今まで知られなかった沖縄戦の一面をアニメで伝える。

対象学年

小学校高学年・中学校・高校

対象科目

社会・地歴・総合・道徳

番組画像

その時 歴史が動いたNEW
さとうきび畑の村の戦争
~新史料が明かす沖縄戦の悲劇~

放送日:2004年3月31日 放送時間:43分

沖縄

内容紹介

沖縄戦では県民の四人に一人、十数万人もが犠牲となった。2003年にアメリカで発見された日本軍の作戦文書から、男性住民が根こそぎ防衛隊員に動員されたこと、日本軍が住民に偽装して米軍を攻撃する計画を立てていたことなどが、多くの犠牲者が出た一因であることが分かった。番組は、犠牲率が47%と県内最大の西原村(現・西原町)を舞台に、村人が戦争に巻き込まれていった過程を検証する。

対象学年

小学校高学年・中学校・高校

対象科目

社会・地歴・総合・道徳

番組画像

NHKスペシャルNEW
終戦60年企画
そして日本は焦土となった
~都市爆撃の真実~

放送日:2005年8月11日 放送時間:58分

本土空襲

内容紹介

第二次世界大戦では、空からの爆撃で都市が戦場となり、世界で百万人を超える市民が犠牲になった。中でも頂点は、ドイツのドレスデン空襲と、終戦まで5か月に及んだ日本焦土作戦だ。目標を限定した精密爆撃路線が否定され、国際法が禁じていた都市へのじゅうたん爆撃が拡大していった経緯を、米軍側の資料と元兵士らの証言で描く。

対象学年

中学校・高校

対象科目

社会・地歴・総合

新規追加番組

番組画像

にっぽん再発見おすすめ
九州沖縄スペシャル
沖縄戦の絵~戦後60年・体験者が描いた戦場~

放送日:2005年12月3日 放送時間:43分

沖縄

内容紹介

NHK沖縄放送局では戦後60年に合せ沖縄県と共催で、「体験者が描く沖縄戦の絵」を募集、285人から547点が寄せられた。沖を埋める連合軍の艦船、吹き飛ばされる人の体、ガマ(壕)の中の恐怖、そして集団自決…60年前の「あの光景」を克明に思い出して描いた絵から、沖縄戦の実態、そして「後世に伝えたい」という沖縄の人々の強い願いが伝わる。

対象学年

小学校高学年・中学校・高校

対象科目

社会・地歴・総合

番組画像

NHKスペシャルおすすめ
オ願ヒ オ知ラセ下サイ
~ヒロシマ・あの日の伝言~

放送日:2000年8月6日 放送時間:49分

広島

内容紹介

広島の爆心地に近い袋町小学校(旧・袋町国民学校)は、原爆投下直後、臨時の救護所となった。そこには多数の被爆患者が収容され、行方不明の家族を探す人々が訪れた。そして校舎の壁には、家族の消息を尋ねる伝言がたくさん書き残された。番組は、長い間塗装の下で眠っていた伝言が解読されていく過程と、被爆55年後に届いた当時の伝言と対面した家族の思いを伝える。

対象学年

小学校高学年・中学校・高校

対象科目

社会・地歴・総合

番組画像

長崎の鐘は鳴り続けるおすすめ

放送日:2000年8月7日 放送時間:43分

長崎

内容紹介

医師・永井隆(1908~51)は、被爆後の長崎で、白血病に冒されながらも平和へのメッセージを書き続けた。永井博士の50回忌にあたる2000年、相次いで未発表の書簡や原稿が見つかった。被爆地・長崎のシンボルと言われる永井隆の人生と平和へのメッセージを見つめ直す。

対象学年

小学校・中学校・高校

対象科目

社会・総合・道徳

その他のラインナップ

広島

番組画像

NHK特集
これがヒロシマだ 原爆の絵アメリカを行く

放送日:1982年6月7日 放送時間:49分

広島

内容紹介

被爆者・松原美代子さんは、被爆者たちが自らの体験を描いた絵を、1982年にアメリカを訪れ、各地で展示した。体験者にしか描けないこれらの絵を見たアメリカの人たちには、原爆の恐ろしさを認識する人もいる一方で、原爆は必要だと言う人もいた。原爆の問題が持つ複雑さを描く。

対象学年

中学校・高校

番組画像

NHK特集
きみはヒロシマを見たか~広島原爆資料館~

放送日:1982年8月6日 放送時間:78分

広島

内容紹介

広島平和記念資料館には、6000点におよぶ被爆資料が展示されている。特に多いのが、カバン、弁当箱、学生服などの動員学徒の遺品。これは、建物疎開に動員されて被爆し、死んでいった学生たちの受難の証しである。遺品をもとに広島原爆の全貌を明らかにする。資料館を訪れる際の事前学習に役立つ番組。

対象学年

小学校・中学校・高校

対象科目

総合

番組画像

NHK特集
夏服の少女たち
~ヒロシマ・昭和20年8月6日~

放送日:1988年8月7日 放送時間:50分

広島

内容紹介

その日、学徒動員で建物の取り壊し作業をしていた13歳の少女たちの頭上に閃光が走った。そして、彼女たちが自ら縫い上げた夏服だけが、無残に焼け焦げボロボロになって親元に戻ってくる…。
広島県立第一高等女学校の生徒たちが残した日記をもとに、少女たちのつかの間の青春の日々をアニメーションで、残された遺族の深い悲しみをドキュメンタリーで描く。

対象学年

小学校・中学校・高校

番組画像

NHKスペシャル
ヒロシマに一番電車が走った 
~300通の被爆体験手記から~

放送日:1993年8月6日 放送時間:55分

広島

内容紹介

原爆投下の後、広島の人々は焼け跡でどう生きたのか─NHK広島放送局に300通を超える体験記が寄せられた。この体験記を基に、アニメーションと証言で、死と絶望の中で生き抜いた人々の姿を浮き彫りにする。アニメ部分の主人公は、戦時中に路面電車の車掌を務めていた15歳の少女・春川弥生。原爆で母も友達も失った弥生は、再び走り始めた電車に乗務する話を持ちかけられる…。

対象学年

小学校高学年・中学校・高校

対象科目

総合

番組画像

NHKスペシャル
原爆投下 10秒の衝撃

放送日:1998年8月6日 放送時間:59分

広島

内容紹介

原子爆弾が爆発してから広島が壊滅するのに要した時間はわずか10秒。炸裂前から放たれていた放射線、3秒で地上を焼き尽くした熱線、10秒で広島市をのみ込んだ衝撃波。人々がキノコ雲を見た時点で、広島は既に破壊されていたことになる。惨禍の始まりとなった10秒間を科学的に検証し核兵器の恐怖を描く。

対象学年

小学校・中学校・高校

番組画像

NHKスペシャル
サダコ
~ヒロシマの少女と20世紀~

放送日:1999年8月6日 放送時間:74分

広島

内容紹介

広島で被爆した佐々木禎子さんは、白血病で12歳で亡くなった。病床で千羽鶴を折り続けた禎子さんの死後、級友たちは「原爆の子の像」を建てた。やがてサダコと折鶴の物語はユダヤ人ジャーナリストにより世界に紹介され、原爆の悲劇としてさまざまな国で読まれるようになった。サダコの短い一生を振り返り、サダコの物語が希望の物語として世界で読み継がれている様子を描く。

対象学年

小学校3年・中学校2年・高校2年

番組画像

NHKスペシャル
原爆の絵~市民が残すヒロシマの記録~

放送日:2002年8月6日 放送時間:58分

広島

内容紹介

NHK広島放送局が2002年、「原爆の絵」の募集を呼びかけたところ、725枚の絵が寄せられた。28年前に集まった絵と、今回集められた絵をあわせ、3000枚に達する「原爆の絵」が、いつ、どこの場所を描いた光景なのかを絵を描いた被爆者に取材し、明らかにしていく。

対象学年

中学校・高校

番組画像

おはなしのくに
いわたくんちのおばあちゃん

放送日:2009年8月18日 放送時間:15分

広島

内容紹介

友人のいわたくん家のおばあちゃんがなぜ家族と写真に写りたがらないのか小学4年生の“ぼく”は知っている。それは先日の平和学習の時間におばあちゃんの話をきいてわかったことだ。広島の原爆で写真に写っていた家族全員を失ったおばあちゃんの体験をもとに、戦争の悲惨さについて学ぶ。

対象学年

小学校

対象科目

道徳・国語・社会

長崎

番組画像

そして男たちはナガサキを見た
~原爆投下兵士・56年目の告白~

放送日:2001年8月9日 放送時間:44分

長崎

内容紹介

原爆投下から1か月後の1945年9月中旬、アメリカ軍の調査団が長崎に入った。原爆を投下したB-29の搭乗員6名も含まれていた。彼らは、自らが破壊した街を訪れ、何を見て、何を思ったのか。元搭乗員に原爆投下の是非や爆心地へ入った時の心境について取材し、原爆投下国の論理をみつめる。

対象学年

中学校・高校

対象科目

総合

番組画像

NHKスペシャル
その時私は母の胎内にいた~長崎・原爆学級~

放送日:2003年9月26日 放送時間:56分

長崎

内容紹介

長崎市立城山小学校で「原爆学級」の資料が発見された。胎内被爆した子供達が一つのクラスに集められ、子供の発育に、放射線がどう影響するかアメリカによる調査が行われていた。原爆学級の実態を明らかにし、自分と母親が被爆した時の詳しい様子に向き合う姿を追う。

対象学年

小学校・中学校・高校

番組画像

NHKスペシャル
赤い背中~原爆を背負い続けた60年~

放送日:2005年8月9日 放送時間:52分

長崎

内容紹介

長崎原爆の熱線で背中を真っ赤に焼かれて横たわる少年のカラー写真。谷口稜曄(すみてる)さんの60年前の姿である。現代医療でも完治しない背中に、妻の栄子さんは毎日薬を塗る。背中の痛みを抱えながら、講演に呼ばれれば必ず出かける谷口さん。2005年4月ニューヨークでの核兵器廃絶を求める集会にもその姿があった。癒えることのない背中の傷と原爆の記憶を背負い続けて来た谷口さんの戦後を見つめる。

対象学年

小学校・中学校・高校

沖縄

番組画像

NHKスペシャル
沖縄・戦場の記憶

放送日:1997年8月15日 放送時間:59分

沖縄

内容紹介

沖縄県浦添市の米軍基地・牧港補給地区の中には戦前、「小湾」という小集落があった。沖縄戦で集落は焼失、住民は避難民となり、米軍の猛爆撃や日本軍からのスパイ視にさらされた。そして戦後、米軍基地建設のため住民は集団移住、集落は消滅したのである。元住民の証言を通して沖縄戦と米軍支配の実態を明らかにし、沖縄と日本の関係を問いかける。

対象学年

小学校高学年・中学校・高校

対象科目

社会・地歴・総合

番組画像

NHKスペシャル
沖縄 よみがえる戦場
~読谷村民2500人が語る地上戦~

放送日:2005年6月18日 放送時間:52分

沖縄

内容紹介

太平洋戦争末期の沖縄では、住民を巻き込んだ本格的な地上戦が戦われ、20万人を超える人々が犠牲になった。沖縄戦で米軍の上陸地となった読谷村では、村民の戦争体験を後世に伝えようと2500人の証言を集め、2004年に村史にまとめた。それらの証言を基に、洞窟での集団自決、日本軍による殺害など、住民が体験した地上戦の過酷な実態を描く。

対象学年

小学校・中学校・高校

対象科目

社会・総合・国語
※2案あります


番組画像

シリーズ証言記録
兵士たちの戦争 沖縄戦
住民を巻き込んだ悲劇の戦場

放送日:2008年4月30日 放送時間:43分

沖縄

内容紹介

沖縄本島に送られた山形県の歩兵第32連隊は、1945年4月に戦闘が始まると1週間で半数が死傷、その後も戦車への斬り込み攻撃、南部の洞窟での持久戦で犠牲者を増やしていった。また、軍が現地の住民にスパイの恐れを抱いていたことから、住民との摩擦も起きた。全3000人中生存者1割未満という、歩兵第32連隊の過酷な沖縄戦の実態を、証言で浮かび上がらせる。

対象学年

中学校・高校

対象科目

総合・地歴・公民

番組画像

みんな生きている
聞かせて 戦争のこと

放送日:2008年9月24日 放送時間:15分

沖縄

内容紹介

沖縄県読谷村に住む小学4年生の嘉納英佑くんは、毎年夏、祖父母の戦争体験を聞いて感じたことを詩に書いている。「ひいおじいさんが亡くなったと聞いた時、息子であるおじいさんはどう思ったのだろう」聞きたいけれどなかなか聞けない英佑くん。終戦の日に向けて、犠牲となった家族と向き合う英佑くんの目線から見える戦争を描く。

対象学年

小学校3~6年

対象科目

社会・道徳・総合

番組画像

笑う沖縄 百年の物語

放送日:2011年6月18日 放送時間:58分

沖縄

内容紹介

沖縄戦、米軍統治、基地問題と厳しい歴史をたどってきた沖縄で民衆の心を支えてきたのが「笑い」だ。沖縄の笑いには、権力者への風刺と沖縄への愛情があふれている。本職は医師でありながら「沖縄のチャップリン」と呼ばれた小那覇ブーテン、「ワタブーショー」で大人気を博した照屋林助、沖縄文化を堂々と打ち出した「笑築過激団」、米軍基地を笑い飛ばす「お笑い米軍基地」など、沖縄の笑いの歴史を集大成したドキュメンタリー。

対象学年

中学校・高校

対象科目

社会・地歴・総合・道徳

東京・その他

番組画像

シリーズ証言記録 市民たちの戦争
試練に耐えた「少軍隊」
~宮城・学童集団疎開の記録~

放送日:2010年4月25日 放送時間:25分

宮城・東京

内容紹介

戦時中、40万人もの児童が体験した学童疎開。東京・浅草から宮城に疎開した児童たちは、東北の寒さや深刻な食糧不足で厳しい疎開生活を強いられた。卒業式のために東京に戻った児童は東京大空襲で犠牲となり、宮城に残った児童も親を失い孤児となった。疎開生活の実態と東京大空襲の悲劇を描く。

対象学年

小学校中学年以上・中学校・高校

対象科目

総合

番組画像

NHKスペシャル
東京大空襲 583枚の未公開写真

放送日:2012年3月18日 放送時間:49分

東京

内容紹介

1945年3月10日の「東京大空襲」は、10万人余りの市民の命を奪った。それから67年を経て新たに、空襲直後の市民の姿を捉えた580枚余りの写真が発見された。撮影したのは、陸軍参謀本部の指示を受けた従軍カメラマンたちだ。カメラは、爆撃直後に逃げ惑う市民や、火の海と化した街並みなどを記録していた。空襲下を生き抜いた市民の貴重な記録から、東京大空襲の真実に迫る。

対象学年

小学校高学年・中学校・高校

対象科目

社会・地歴・総合

番組画像

NHKスペシャル
少女たちの戦争
~197枚の学級絵日誌~

放送日:2014年8月14日 放送時間:49分

滋賀

内容紹介

1944年4月から1年間、滋賀県の小学5年生の少女たちが、197枚の絵日誌を描いた。戦場から遠い地方の町の、子供たちの日常の記録である。当初子供たちは、戦時下にあってものびのびと自然や学校生活などをつづっていた。しかし戦況が悪化する中、町の雰囲気に影響され、感じたことを自由に描けなくなる。少女たちの目に映った「戦時」を見つめる。

対象学年

小学校高学年・中学校・高校

対象科目

社会・地歴・総合

番組画像

その時 歴史が動いた
引き裂かれた村
~日米戦の舞台・フィリピン~

放送日:2007年9月5日 放送時間:43分

フィリピン

内容紹介

太平洋戦争でフィリピンから米軍を敗走させた日本は、1943年に「独立」を認め、翌年、アメリカ支配に抵抗していたフィリピン人を「マカピリ」(比島愛国同志会)に組織した。一方反攻をめざすアメリカは、日本の占領に反対する抗日ゲリラを支援する。住民がマカピリと抗日ゲリラに分かれて戦った村カブヤオを例に、引き裂かれた民衆の苦悩を描く。

対象学年

中学校・高校

対象科目

社会・地歴

番組画像

その時 歴史が動いた
3000万の署名 大国を揺るがす
~第五福竜丸が伝えた核の恐怖~

放送日:2009年2月18日 放送時間:43分

東京他

内容紹介

世界最初の被爆国・日本の政府は、冷戦下の核実験に抗議せずにいた。しかし1954年3月1日、ビキニ環礁でのアメリカの水爆実験で、漁船・第五福竜丸の乗組員23人が被ばくする。その後もマグロや雨から放射能が検出され、強い不安を感じた女性たちは核実験反対の署名運動に乗り出す。3千万の署名が集まり、翌年8月に広島で第一回原水爆禁止世界大会が開かれるまでの歩みを描く。

対象学年

中学校・高校

対象科目

社会・地歴

番組画像

世界・わが心の旅
中国 ありがとう 屋根裏の日々

放送日:2000年1月15日 放送時間:44分

中国

内容紹介

漫画家・ちばてつやには、中国に50年以上探し続けてきた命の恩人がいる。旧満州の奉天(現・瀋陽)で暮らしていたちば一家は、終戦後、反日感情の中で市内を転々とした。彼らを一冬屋根裏部屋にかくまってくれたのが、父親の同僚だった。屋根裏で幼い弟たちに描いてやった絵物語が、最初の「漫画」だったという。恩人を探し求めるちばは、かつての日本と中国の不幸な関係に思いを向けてゆく…。

対象学年

小学校高学年・中学校・高校

対象科目

社会・総合・道徳

このページのトップへ