防災 貸し出し番組一覧

HOME > 貸し出し番組一覧 > 防災

地震、津波、台風、水害…。日本列島はさまざまな自然災害に襲われてきました。いざという時にどのようにして命を守るのか、2011年の東日本大震災を機に防災教育の重要性が叫ばれ、教育現場やメディアがさまざまな取り組みを始めています。「防災」には、自然災害のしくみや実態を扱った番組、防災意識を高めるのに役立つ番組をまとめました。

※東日本大震災を扱った番組には、津波や火災の生々しい映像が含まれています。事前に映像をご覧いただき、子供たちに見せてストレスにならないかどうか、ご判断した上でご利用下さい。

新規追加番組

番組画像

NHKスペシャルNEW
果てなき苦闘 
巨大津波 医師たちの記録

放送日:2011年7月2日 放送時間:50分

内容紹介

宮城県石巻市は、東日本大震災の巨大津波で市内の医療機関のほぼ全部が機能停止、唯一石巻赤十字病院が20万人の命を支える使命を負った。津波による低体温症、ガソリンが肺に入って起きる肺炎=津波肺、避難所の食糧不足や劣悪な衛生環境…病院は、日本の災害医療が初めて経験する事態に直面した。地震直後の映像とNHKの3か月間の取材から、災害弱者を支え続けた石巻赤十字病院の苦闘をたどる。

対象学年

中学校・高校・大学

対象科目

総合・学級活動

おすすめ番組

番組画像

シンサイミライ学校おすすめ
いのちを守る特別授業 “釜石の奇跡”
片田敏孝教授と子どもたち

放送日:2012年3月11日 放送時間:50分

内容紹介

群馬大学の片田敏孝教授は、岩手県釜石市で小中学生3000人が大津波から避難した「奇跡のサバイバル」を生んだ、防災授業の第一人者である。和歌山県田辺市の中学校で行われた“いのちを守る特別授業”で片田教授は、中学生たちに釜石の子供たちの避難ぶりを伝え、「災害の時にちゃんと逃げる自分を作ろう」「想定にとらわれるな」「最善を尽くせ」「率先避難者たれ」と語る。

対象学年

小学校高学年・中学校・高校

対象科目

総合

番組画像

特報首都圏おすすめ
御嶽山噴火の衝撃
~登山者50人の証言・映像記録~

放送日:2014年10月3日 放送時間:25分

内容紹介

2014年9月の御嶽山噴火は60人を超える死者・行方不明者を出し、火山の猛威を見せつけた。番組では、生還した登山者からの映像と証言で、噴火の実態、高速で落下する噴石の危険を明らかにする。いつ発生するか分からない噴火にどう備えるのか、登山者でにぎわう山々で緊急時に命を守るにはどうすればいいのか…御嶽山噴火から火山防災を考える。

対象学年

小学校中学年以上・中学校・高校

対象科目

社会・総合・学級活動

番組画像

証言記録 東日本大震災おすすめ
第36回 福島県新地町
津波は知っているつもりだった

放送日:2014年12月14日 放送時間:43分

内容紹介

2011年3月11日、福島県新地町では101人もが津波の犠牲になった。1960年のチリ地震津波の際、潮がひいた浜で魚や海藻をとった楽しい思い出だけが語り継がれ、津波への警戒感が薄かったのだ。ある集落の人々のこの日の行動をつぶさにたどり、たった一度の津波経験が皮肉にも大きな被害につながった経緯を描く。

対象学年

小学校中学年以上・中学校・高校

対象科目

総合・学級活動

その他のラインナップ

番組画像

NHKスペシャル
防災力クライシス
そのとき被災者を誰が救うか

放送日:2011年1月17日 放送時間:49分

内容紹介

阪神・淡路大震災から16年。われわれは、地域の防災力が機能しない「防災力クライシス」に直面している。自治体だけでは無理があると、一部の地域では、被災直後の役割や、救急医療の一部を住民に担ってもらうなどの試みを模索している。防災を支える社会基盤の変化に対応して始まった、命を守る新たな仕組み作りを最前線から考える。

対象学年

中学校・高校

対象科目

道徳・総合

番組画像

NHKスペシャル
巨大津波 “いのち”をどう守るのか

放送日:2011年5月7日 放送時間:73分

内容紹介

甚大な被害をもたらした東日本大震災。あの日、三陸沖の海底で何が起きたのか。NHKや被災地の人々が捉えた映像、被災者の証言、専門家の分析から巨大津波の全貌を浮かび上がらせる。そして、地震発生から津波襲来までの間、人は何を考えどう行動していたのか、命を守るために何が必要だったのか、その教訓を学び取っていく。

対象学年

小学校高学年以上

対象科目

社会・総合

番組画像

NHKスペシャル
巨大津波が都市を襲う
~東海・東南海・南海地震~

放送日:2011年9月1日 放送時間:49分

内容紹介

東日本大震災をきっかけに、国は、東海・東南海・南海地震が同時に起こる「3連動地震」の被害想定の見直しに乗り出している。新たな研究から、津波を巨大化させるメカニズムが判明。予測の2倍近くの津波が沿岸を襲うこと、被害を想定していなかった都市にも津波が到達する可能性を指摘。どうすれば命を守れるのか。最新の研究と各地の取り組みを伝える。

対象学年

中学校・高校

対象科目

総合

番組画像

NHKスペシャル
被曝治療83日間の記録
~東海村臨界事故~

放送日:2001年5月13日 放送時間:49分

内容紹介

1999年9月の東海村臨界事故は、日本の原子力開発史上最初の犠牲者を出した。亡くなった作業員・大内久さんを治療した東大病院の医師や看護婦たちが、83日間の治療の実態を語る。染色体を破壊し、人間の体を内側から壊していく放射線被曝。それに対する造血細胞や培養皮膚移植の試み。治療チームに次第に募る絶望感…。放射線被曝の実相を生々しく伝える。

対象学年

中学校・高校

対象科目

社会

番組画像

NHKスペシャル 
汚された大地で
~チェルノブイリ20年後の真実~

放送日:2006年4月16日 放送時間:49分

内容紹介

史上最悪の原発事故から20年、人々の苦しみは続いている。「いまだわからないことばかり」とも言われる放射線の人体への影響。広島の医師や研究者も加わり、暗中模索の中で事実解明や因果関係の究明が続けられている。最新の動きを追いながら、「汚された大地」で何が起きているのか明らかにしていく。

対象学年

中学校・高校

対象科目

総合

番組画像

アインシュタインの眼 
津波TSUNAMI~迫り来る水の恐怖~

放送日:2010年6月6日 放送時間:44分

内容紹介

津波は、海底に断層が生まれる瞬間に押し上げられた海水が、海面に持ち上がって周囲に広がることで発生する。津波がどのように生まれ、どのように伝わっていくのか。なぜ陸に近づいてから波が高くなり陸を駆け上がるのか。ハイスピードカメラや小型カメラを駆使して津波のメカニズムに迫る。

対象学年

中学校・高校

対象科目

総合・地学・地理

番組画像

明日へ 再起への記録 
ガレキの町の小さな一歩
~岩手・大槌小学校6年生~

放送日:2011年9月19日 放送時間:48分

内容紹介

津波で壊滅的な被害を受けた岩手県大槌町。大槌小学校は、隣町の小学校と一緒に避難所に間借りするという形で「学び舎」を再開したが、再起への道は容易ではない。津波で仲間を失い、4人の子供は親を失った。仮の「学び舎」を舞台に、母親を亡くした6年生の少女の日々に寄り添いながら、子供たちの半年を見つめる。

対象学年

小学校高学年・中学校

対象科目

道徳・学級活動

番組画像

クローズアップ現代 
子どもたちが綴った大震災

放送日:2011年6月23日 放送時間:26分

内容紹介

大震災から3か月後、被災地の子供たち80人が自身の体験を作文に綴った。子供たちは想像以上に厳しい現実に直面していた。一方で、震災を乗り越えようとする力もみなぎっていた。恐怖や悲しみ、寂しさ。作文から読み取れる子供たちの心の揺れを受け止め、震災をどう乗り越えていけばいいのか、探っていく。

対象学年

小学校高学年・中学校・高校

対象科目

学級活動・総合

番組画像

クローズアップ現代 首都直下 
震度7の衝撃~どう命を守るか~ 

放送日:2012年4月19日 放送時間:26分

内容紹介

首都直下地震が起きれば、震度7の激しい揺れが東京を襲う。首都・東京が被災地になり、支援の手も届かないという事態が予想される中、自分たちの命をどう守っていくのか。各地で始まっている新たな取り組みや、今すぐにでも個人で始められる対策を具体的に紹介。首都直下地震にどう向き合っていけばいいのか考える。

対象学年

小学校高学年・中学校・高校

対象科目

社会・総合

番組画像

証言記録 東日本大震災
第14回 宮城県南三陸町
~高台の学校を襲った津波~

放送日:2013年2月17日 放送時間:43分

内容紹介

宮城県南三陸町は東日本大震災で20mを超える大津波に襲われた。高台にあった指定避難所の戸倉中学校で、校庭に避難した生徒と近隣の住民は大混乱に陥る。ある教師は同僚とともに老夫婦を救おうとして波に飲まれ、一人だけ生き残った。生徒たちは、水に沈む人を助けたり、低体温の男性に抱きついて温めたりした。命を守るためにぎりぎりの行動をとった教師と生徒の証言を記録する。

対象学年

小学校中学年以上

対象科目

道徳・学級活動・総合

番組画像

ETV特集
ネットワークで作る放射能汚染地図
~福島原発事故から2ヶ月~

放送日:2011年5月15日 放送時間:89分

内容紹介

被ばくが人体に及ぼす影響と土壌汚染への対策を、客観的に考えてゆくための基礎となる「放射能汚染地図」。先の展望の見えない避難住民たちに必要とされるデータである。番組では福島原発事故発生の直後から、第一線で活躍する科学者たちとともに、詳細な放射能汚染地図を作成してきた。調査プロセスの中で出会った人々の苦悩を伝える。

対象学年

小学校・中学校・高校

番組画像

課外授業 ようこそ先輩
火山はすごい! 火山学者 鎌田浩毅

放送日:2009年2月8日 放送時間:29分

内容紹介

火山学者で京都大学教授の鎌田浩毅が、母校・杉並区立天沼小学校の子供たちに火山のすごさを伝える。東京に暮らす子供たちにとって火山は遠い存在。度肝を抜く服装で現れた鎌田は、教室に噴火の映像や、溶岩や火山灰の実物を持ち込んだ。それらを手がかりに子供たちは、富士山が噴火したらという想定でさまざまな被害を予測する。授業2日目は、富士山の溶岩流の現地見学。子供たちは現場で、「火山の怖さ」と共に「恵み」も見つけてゆく…。

対象学年

小学校高学年・中学校・高校

対象科目

学級活動・総合・理科

番組画像

課外授業 ようこそ先輩
記事にしよう 未来のふるさと
石巻日日新聞 武内宏之

放送日:2012年7月16日 放送時間:23分

内容紹介

石巻日日新聞の武内宏之報道部長は、東日本大震災直後、印刷ができない中で手書きの壁新聞を発行、被災者たちに希望を与え続けた。母校・石巻市立住吉小学校での授業の課題は、震災から立ち直った8年後の石巻を想像して新聞にすること。子供たちは、「町の現状はどうか」「何が復興の課題か」を考えつつ、仮設住宅・商店街・市役所を取材する。「復興の仕上げをするのはこの子供たちだ」…武内さんの思いが授業にこもる。

対象学年

小学校中学年以上・中学校

対象科目

学級活動・総合

番組画像

サイエンスZERO
突然風速100メートル!
巨大竜巻はなぜ起きるのか

放送日:2012年8月26日 放送時間:30分

内容紹介

竜巻は、地上で最も大きな破壊力を秘めた自然現象の一つ。2012年5月には関東地方に大きな被害をもたらした。竜巻の最大の謎は、「いつ・どこで・どのような条件で発生するのか?」。最近、そのメカニズムが少しずつ明らかになってきた。カギは、積乱雲の中の渦「メソサイクロン」と、地表を流れる風が作る「ガストフロント」。二つがうまく合致すると、渦は竜巻に成長する。竜巻研究と予測の最前線を紹介する。

対象学年

高校

対象科目

理科・総合

このページのトップへ