ホーム » 特集 » 「少年・少女が見た戦争」

特集特集一覧へ戻る

「少年・少女が見た戦争」

日本が国の力を総動員して、アメリカやイギリスなどの連合軍と戦ったこの戦争には、
数多くの少年・少女たちが巻き込まれました。

戦場に駆り出され、次々と命を落としていった20歳前の少年兵。
中学生や女子学生は兵器や航空機の工場などに動員され、厳しい労働を強いられました。
また、沖縄で行われた地上戦では、日本軍に協力した少年・少女が数多く亡くなりました。

夏の特集では、当時少年・少女だった人たちの番組や証言を集めました。
当時、若くして戦争にほんろうされ、苛酷な体験をした人たちの声に耳を傾けてみてください。

1. 戦場に駆り出された10代

太平洋戦争の最前線で戦ったのは、日本軍もアメリカなどの連合軍も若者が中心でした。戦争終盤、日本では兵役につかなければならない年齢が18歳まで引き下げられ、多くの10代が戦地に送られました。また、軍人になることを志願した少年も次々と戦地に赴きます。戦場には、10代の少年兵士が大勢いたのです。

ここでは、フィリピン・レイテ島の沖で撃沈された「戦艦武蔵」に乗り組んでいた少年兵や千島列島の占守島(しゅむしゅとう)でソ連軍と戦った少年戦車兵の証言を紹介しています。

また、16歳でアメリカ海兵隊に入り、沖縄戦で戦った米兵の証言も聞くことができます。

兵士となった少年たちは戦場で何を見たのでしょうか。

陸軍少年戦車兵

番組 証言
フィリピン・シブヤン海 "戦艦武蔵の最期" 小田英孝さん
占守島の戦い
正木日吉さん
駆逐艦・第2水雷戦隊
戸谷永吉さん
駆逐艦・第2水雷戦隊
証言
古居義信さん
空母・瑞鶴
川内勝さん
空母・瑞鶴
菅野等さん
戦艦・武蔵
塚田義明さん
戦艦・武蔵
証言
吾田豊さん
戦艦・武蔵
依田功さん
戦艦・武蔵
千木良礼一さん
戦艦・武蔵
エド・ホフマンさん
アメリカ軍
日本ニュース
第32号
海の誇りを胸に海兵団入団
第158号
学生航空隊入所式<戦わん哉青少年も蹶起>
第158号
一日入校の靖国の遺児<戦わん哉青少年も蹶起>
第184号
続け陸軍少年兵
日本ニュース
第200号
少年兵志願者壮行大会
第204号
海軍予備学生の飛行訓練
第219号
出陣準備 雛鷲目指す
第219号
驅潜訓練
日本ニュース 戦時録音資料
第221号
征け空の少年兵 東北大会(福島)
第221号
征け空の少年兵 八王子大会(東京)
陸軍少年戰車兵學校(一) 陸軍少年戰車兵學校(二)
戦時録音資料
陸軍少年戰車兵學校(三) 陸軍少年戰車兵學校(四) 陸軍少年戰車兵學校(五) 陸軍少年戰車兵學校(六)
戦時録音資料
陸軍重砲兵學校(一) 陸軍重砲兵學校(二) 陸軍重砲兵學校(三) 陸軍重砲兵學校(四)
戦時録音資料    
陸軍重砲兵學校(五) 陸軍重砲兵學校(六)    

ページトップ

2. 厳しい労働を担った少年・少女

昭和19年、国の政策で中学生や女学校に通う生徒たちは、兵器などをつくる工場労働や農作業に動員されるようになりました。これは、戦争の状況が日本に不利になり、食糧や物資の不足が深刻になってきたからです。工場などで働く生徒たちは、朝から晩まで厳しい労働を強いられました。

ここでは、暴力によって管理されていた仕事の様子や動員先で起きた悲劇についての番組や証言を集めています。

女子挺身隊員となった女学校生たち

番組 証言
ぼくたちは兵器を作った ~大阪砲兵工廠(しょう)~ 封印された大震災 ~愛知・半田~ 三宅仁さん
東南海地震
鶴田寿美枝さん
東南海地震
証言
片山美奈さん
東南海地震
土屋嘉男さん
東南海地震
長坂宗子さん
東南海地震
細山喬司さん
東南海地震
証言
西村健さん
大阪砲兵工廠
村上八恵子さん
大阪砲兵工廠
川原節子さん
大阪砲兵工廠
生田穗さん
大阪砲兵工廠
証言 日本ニュース
深田糺さん
筑豊炭田・元炭鉱労働者
イ・ウンシクさん
筑豊炭田・元炭鉱労働者
チェ・オナムさん
筑豊炭田・元炭鉱労働者
第180号
中学生の洋上訓練<断乎敵撃滅>
日本ニュース
第180号
中学生に近代兵器訓練<断乎敵撃滅>
第180号
八万学徒空の進軍<断乎敵撃滅>
第191号
女子青年団の戦力増強結集大会(東京)
第195号
女子挺身隊 兵器生産へ
日本ニュース
第212号
生産挺身 兵器工場の動員学徒
第219号
多量生産
第228号
女性航空挺身 新司偵を整備する女子挺身隊員
第240号
国土も決戦場 ~航空機~

ページトップ

3. 沖縄戦で失われた命

太平洋戦争の終盤、沖縄では地上での激しい戦闘が行なわれ、住民が巻き込まれました。女子学生は「ひめゆり学徒隊」などに参加し、負傷した兵士の看護や食事の準備にあたりました。また、「鉄血勤皇隊」(てっけつきんのうたい)が結成され、14歳から17歳の男子生徒が伝令や弾薬の運搬などを行いました。こうした少年・少女の多くは日本軍とともに撤退し、戦死や集団自決(自殺)に追い込まれました。

ここでは、「ひめゆり学徒隊」「鉄血勤皇隊」として動員された当時の女子学生や中学生が、同級生の死や苛酷な戦争体験を語った証言や番組を紹介しています。

米軍に捕らわれた学徒兵沖縄師範学校女子部の生徒たち

番組 証言
戦場の少年兵たち ~沖縄・鉄血勤皇隊~ 宮良ルリさん
ひめゆり学徒隊
宮城喜久子さん
ひめゆり学徒隊
上原当美子さん
ひめゆり学徒隊
証言
津波古ヒサさん
ひめゆり学徒隊
本村つるさん
ひめゆり学徒隊
宮平盛彦さん
沖縄県・鉄血勤皇隊
比嘉重智さん
沖縄県・鉄血勤皇隊
証言
與座章健さん
沖縄県・鉄血勤皇隊
摩文仁朝彦さん
沖縄県・鉄血勤皇隊
神谷依信さん
沖縄県・鉄血勤皇隊
山田義邦さん
沖縄県・鉄血勤皇隊
証言
運天政和さん
沖縄県・鉄血勤皇隊
比嘉森正さん
沖縄県・鉄血勤皇隊
石川栄喜さん
沖縄県・鉄血勤皇隊
新垣幸栄さん
沖縄県・鉄血勤皇隊
証言 日本ニュース  
宮城真一さん
沖縄県・鉄血勤皇隊
山城興文さん
沖縄県・鉄血勤皇隊
第252号
義烈 空挺部隊
 

ページトップ

4. 満州開拓の"理想"を信じた少年たち

昭和13年、「満蒙開拓青少年義勇軍」(まんもうかいたくせいしょうねんぎゆうぐん)が創設されました。これは、国の政策で、満州(現・中国東北部)の開拓と警備を未成年の少年たちに担わせる目的でつくられました。「王道楽土を建設し、五族協和を実現する」というスローガンを信じて、8万6千人の少年たちが満州に送り込まれたのです。

しかし、昭和20年8月9日、ソ連軍が満州に侵攻し、少年たちの運命は暗転します。満州に渡った少年のうち、約2万人が命を落としました。

ここでは、義勇軍に参加した人たちが語る当時の生活や苛酷な逃避行などの番組や証言を紹介しています。

満蒙開拓青少年義勇軍の若者たち

番組 証言
満蒙開拓青少年義勇軍 ~少年と教師 それぞれの戦争~ 小松久さん
満蒙開拓青少年義勇軍
佐藤仁さん
満蒙開拓青少年義勇軍
櫻井玄さん
満蒙開拓青少年義勇軍
証言
大巾博幸さん
満蒙開拓青少年義勇軍
白鳥栄さん
満蒙開拓青少年義勇軍
有賀元彦さん
満蒙開拓青少年義勇軍
楯美明さん
満蒙開拓青少年義勇軍
証言
小川袈娑男さん
満蒙開拓青少年義勇軍
掘込松平さん
満蒙開拓青少年義勇軍
小平和俊さん
満蒙開拓青少年義勇軍
山田一苗さん
満蒙開拓青少年義勇軍
証言
阿部松次郎さん
満蒙開拓青少年義勇軍
桜井達さん
満蒙開拓青少年義勇軍
宮川清治さん
満蒙開拓青少年義勇軍
熊谷元一さん
満蒙開拓青少年義勇軍
証言    
腰原利由さん
満蒙開拓青少年義勇軍
三澤豊さん
満蒙開拓青少年義勇軍
   

ページトップ

5. 空襲・爆撃にさらされて

昭和19年6月からアメリカ軍の大型爆撃機・B29による空襲が始まりました。最初の標的は、九州の小倉にあった「陸軍造兵廠」(りくぐんぞうへいしょう)。陸軍の兵器や砲弾をつくる工場です。この空襲で、動員されていた若者が数多く犠牲になりました。

さらに、戦争末期になるとアメリカ艦船の砲撃や空母から出撃する航空機の爆撃で多数の市民が亡くなりました。

大分県の保戸島では、空母から飛び立った航空機が国民学校の校舎を攻撃、多くの子どもたちが死傷しました。

ここでは、激しい空襲や爆撃を体験した人たちの番組や証言を集めています。

大分・保戸島国民学校の子どもたち

番組 証言
爆撃された教室 ~大分・保戸島~ 工藤實雄さん、宮子さん、加藤昭さん
北九州空襲体験者
加藤昭さん
北九州空襲体験者
杉野慧子さん
北九州空襲体験者
証言
岡本信子さん
北九州空襲体験者
三浦春松さん、タズ子さん
保戸島空襲
島田弥喜雄さん
保戸島空襲
島田繋夫さん
保戸島空襲
証言
安藤キヨ子さん
保戸島空襲
三木功さん
保戸島空襲
田邉国光さん
保戸島空襲
鈴木研治さん
保戸島空襲
証言 日本ニュース
矢内米子さん
保戸島空襲
伊東フミ子さん
保戸島空襲
大倉シマ子さん
保戸島空襲
第212号
米機撃墜
日本ニュース      
第222号
北九州敵機撃墜
     

ページトップ

6. 学童疎開、そして対馬丸の悲劇

空襲が激しくなると、東京からは20万人を超える学童が地方に集団疎開をしました。しかし、昭和20年3月10日、中学校や女学校を受験するため、東京に戻っていた国民学校6年生は東京大空襲に居合わせて、多くの人が焼死しました。

一方、戦場になることが予想された沖縄では、子どもやお年寄りを本土や台湾へ疎開させる動きが始まります。しかし、最初の疎開船「対馬丸」が、アメリカ潜水艦の攻撃を受けて沈没。これによって800人の子どもを含む1400人あまりの命が奪われたのです。

ここでは、精華国民学校の卒業生の集団疎開についての証言や対馬丸に乗船し、漂流の末生き残った人の番組や証言を紹介しています。

疎開に向かう学童たち対馬丸とともに遭難した姉妹

番組 証言
海に沈んだ学友たち ~沖縄 対馬丸~ 試練に耐えた「少軍隊」 ~宮城・学童集団疎開の記録~ 柴田恵喜さん
精華国民学校
戸田山幸子さん
精華国民学校
証言
長門郡司さん
精華国民学校
吉田道子さん
精華国民学校
三輪和代さん
精華国民学校
佐野繁さん
精華国民学校
証言
原田静枝さん
精華国民学校
嘉藤長二郎さん
精華国民学校
新崎美津子さん
対馬丸遭難者
儀間真勝さん
対馬丸遭難者
証言
喜屋武盛守さん
対馬丸遭難者
平良啓子さん
対馬丸遭難者
糸数裕子さん
対馬丸遭難者
中島高男さん
対馬丸遭難者
証言 日本ニュース
堀川澄子さん
対馬丸遭難者
第146号
産業少戦士 壮行会<少年進軍譜>
第146号
天津海洋少年団の訓練<少年進軍譜>
第213号
防空演習
日本ニュース
第216号
国土戦場 サイパン島守備隊玉砕
第220号
学童疎開生活
第260号
疎開地から東京へ
第260号
苦悩する都市 浮浪者の群れ
日本ニュース      
第248号
天皇陛下 戦災地を御巡幸
     

ページトップ

7. 被爆した"2世"の若者たち

昭和20年8月6日、原子爆弾が投下され、広島市は壊滅的な被害を受けました。死者の数は約14万人に上ったのです。(昭和20年末まで)

実は戦前、広島県からは数多くの移民がアメリカに渡っていました。そして戦争当時、移民の子どもたちが数多く日本に留学していました。こうした移民"2世"の中に被爆した人がいたのです。彼らの中には、帰国後、後遺症に苦しんだり、差別を受けるなど苦難の道を歩んだ人がいます。

ここでは、被爆した移民"2世"の人たちの証言を紹介しています。

広島の女学校に通っていたころの据石和さん

証言
森中照子さん
在米被爆者
据石和さん
在米被爆者
下田要さん
在米被爆者
山岡明さん
在米被爆者
日本ニュース  
第257号
原子爆弾 広島市の惨害
     

ページトップ