ホーム » 特集 » 「ビルマの戦い~インパール作戦」 「白骨街道」と名付けられた撤退の道

特集特集一覧へ戻る

「ビルマの戦い~インパール作戦」 「白骨街道」と名付けられた撤退の道

68年前の昭和19年3月、日本軍は3個師団を繰り出して、連合軍の反攻の中心地であるインド・マニプル州の州都インパールを攻略する作戦を開始した。前年から始まった連合軍の反攻を食い止め、中国・国民党政府への援助を遮断するためだった。

いったんは、連合軍にとっての拠点の一つ「コヒマ」まで進み、これを制圧、連合軍の補給ルートを遮断したかに見えたが、日本軍は前線への補給が続かず、作戦は発動から3か月あまりで失敗に終わった。そして、撤退路の多くで、将兵が飢えと病に倒れた。インパール作戦は、当初から無謀な作戦であると反対意見が多かったにもかかわらず、牟田口軍司令官によって強引に進められ、戦闘中に師団司令官が独自に撤退を決めたり、更迭されたりするなど特異な事態が出現、戦後も長きにわたって批判された。

インパール作戦を始め、ビルマで命を落とした日本軍将兵の数は16万人におよぶ。

この作戦に参加した日本軍将兵や日本軍と戦った英軍将兵の証言、関連の番組でインパール作戦を始め、ビルマ戦線で何が起きたのかを振り返る。

ビルマの山中を行く日本軍部隊ビルマ戦線でたおれた日本軍兵士

1. ビルマ攻略戦~拉孟・騰越での玉砕戦 第56師団の戦い

福岡・佐賀・長崎出身者で編成された56師団の兵士たちは、昭和17年にビルマの攻略戦に投入され、中国軍を国境の外へ押し出した後、国境の守備に就いた。

しかし、米軍の支援を受けた中国軍が昭和19年の半ばから反撃に乗り出してきた。国境を越えてくる優勢な中国軍に対し、インパール作戦のために援軍をえられないまま、拉孟・騰越で守備軍は玉砕した。

陸軍第56師団の将兵

証言
末吉政徳さん
第56師団
藤井大典さん
第56師団
江副高明さん
第56師団
関昇二さん
第56師団
証言
早見正則さん
第56師団
浅井朝光さん
第56師団
鶴九郎さん
第56師団
太田毅さん
第56師団
証言 番組
蒲池政人さん
第56師団
木下昌巳さん
第56師団
小林憲一さん
第56師団
ビルマ濁流に散った敵中突破作戦 ~徳島県・歩兵第143連隊~
番組 日本ニュース
中国雲南 玉砕・来なかった援軍 ~福岡県・陸軍第56師団~ 第88号 ビルマ戦線 第91号 ビルマ快進撃 第94号 特報ラングーン占領
日本ニュース
第95号 ラングーン完全占領 第98号 ビルマ英蒋軍撃破 第100号 マンダレー進撃 第102号 マンダレー攻略
日本ニュース
第103号 ビルマ戦線エナンジャン陥落 第104号 ビルマ戦線 緬支国境突破 第149号 北ビルマ国境 蠢敵掃蕩戦 第150号 雲南作戦
日本ニュース    
第151号 印緬国境戦 第235号 雲南戦線    

ページトップ

2. 密林に倒れた「最強」部隊を救出せよ ~第18師団・敦賀第119連隊~

福岡県久留米市で編成され、菊兵団と名付けられた陸軍18師団は、中国戦線、シンガポール攻略戦、ビルマ攻略戦を戦ったあと、ビルマ北部のフーコン谷地と呼ばれる密林で、昭和18年秋から重装備の連合軍と激戦を戦った。

しかし、補給のないなか装備の違いもあり、玉砕する部隊が相次ぎ、昭和19年6月までに3000人の戦死者を出した上に、撤退路で多くのが餓死者を出した。一方、福井県の敦賀119連隊は、菊兵団の盾となって、菊兵団の生き残った将兵の「収容」のため、最前線へ派遣され、やはり重装備の連合軍の攻撃と食糧医薬品不足のため、3000人の連隊兵士の半数が命を落とした。

福井県敦賀・陸軍歩兵第119連隊

証言
中村敏美さん
第18師団
井上咸さん
第18師団
永松一夫さん
第18師団
高平三郎さん
第18師団
証言
坂口睦さん
第18師団
古瀬正行さん
第18師団
大西清さん
第18師団
古野市郎さん
第18師団
証言
塙亮さん
福井県敦賀・歩兵第119連隊
中井昌美さん
福井県敦賀・歩兵第119連隊
辻安太郎さん
福井県敦賀・歩兵第119連隊
喜多利夫さん
福井県敦賀・歩兵第119連隊
証言
金森喜三郎さん
福井県敦賀・歩兵第119連隊
岡田信一さん
福井県敦賀・歩兵第119連隊
中野珪三さん
福井県敦賀・歩兵第119連隊
宮部一三さん
福井県敦賀・歩兵第119連隊
証言 番組
山崎喜一さん
福井県敦賀・歩兵第119連隊
上田一馬さん
福井県敦賀・歩兵第119連隊
高田栄さん
福井県敦賀・歩兵第119連隊
ビルマ 退却戦の悲闘 ~福井県・敦賀歩兵第119連隊~
日本ニュース      
第197号 ビルマ前線の陸軍部隊      

ページトップ

3. インパール作戦開始~コヒマまでたどり着いた高田第58連隊~

インパール作戦に参加したのは、15師団、31師団、33師団の3個師団であった。そのうち、31師団に所属する58連隊は、3月に出発して3000m級の山を弾薬や食料を積んだ牛を引いて越え、連合軍のインパールへの物資輸送の拠点コヒマに向かった。

いったんは、コヒマを攻略しインパールを孤立させたかに見えたが、補給と援軍を受けた英印軍の反撃が激しさを増し、5月末、31師団の佐藤師団長は、まったく補給のないことを理由に、独断で撤退を開始。激怒した牟田口軍司令官によって師団長を更迭される。さらに、雨季を迎えた密林の中で食糧のないまま撤退を始めた将兵たちは、病と飢えで次々に脱落、将兵の死体があふれたその撤退路は「白骨街道」とまで呼ばれるようになった。

新潟県高田・歩兵第58連隊

証言
佐藤友治さん
新潟県高田・歩兵第58連隊
山上博さん
新潟県高田・歩兵第58連隊
牧岡善太さん
新潟県高田・歩兵第58連隊
秦信之さん
新潟県高田・歩兵第58連隊
証言
大越正意さん
新潟県高田・歩兵第58連隊
山田義廣さん
新潟県高田・歩兵第58連隊
真貝秀広さん
新潟県高田・歩兵第58連隊
関口榮さん
新潟県高田・歩兵第58連隊
証言
塚田善四郎さん
新潟県高田・歩兵第58連隊
廼島哲郎さん
新潟県高田・歩兵第58連隊
田辺忠義さん
新潟県高田・歩兵第58連隊
久保隆一さん
新潟県高田・歩兵第58連隊
番組 日本ニュース  
インパール作戦 補給なきコヒマの苦闘 ~新潟県・高田歩兵第58連隊~ 第200号 緬印戦線(ビルマ インド) 第214号 緬印(ビルマ・インド)戦線  

ページトップ

4. 伸びきった補給線~インパールを目指した第15師団~

京都府出身者を中心に編成された第15師団は、昭和19年3月15日にチンドウィン川を越えて、直接インパールを目指し進軍を始めた。日本軍を引き込んでたたくという英印軍の方針もあり、部隊はインパールを見下ろす高地まで短時日でたどり着く。

しかし、人力で運べる分しか武器、弾薬、食料を持たない15師団は、ここで、豊富な砲弾と機甲部隊を持つ英印軍の激しい反撃にあい、草を食みながら白兵戦を挑むしかなくなる。補給を訴える15師団の山内師団長も牟田口軍司令官によって解任された後、15師団は撤退を始めた。この撤退路でも餓死、病死者が続出した。

陸軍歩兵第15師団の将兵

証言
桑原眞一さん
陸軍第15師団
谷祥二さん
陸軍第15師団
井上誠さん
陸軍第15師団
辻勉さん
陸軍第15師団
証言
田伏潤太郎さん
陸軍第15師団
赤松一朗さん
陸軍第15師団
神原弘吉さん
陸軍第15師団
原田重穂さん
陸軍第15師団
証言
稲石義雄さん
陸軍第15師団
竹中直輝さん
陸軍第15師団
毛受三郎さん
陸軍第15師団
相澤末蔵さん
陸軍第15師団
番組      
インパール作戦 補給なき戦いに散った若者たち ~京都 陸軍第15師団~      

ページトップ

5. 英軍将兵の見た「ビルマの戦い」

ビルマやインドで日本軍と戦ったイギリス人将兵は、死ぬまで銃を離さず、捕虜にもならない日本軍の戦いぶりに背筋を凍らせた。イギリス人将兵にとってもインパールの戦闘は、猛スピードで進軍してくる日本の大軍を迎え撃つ困難な戦いだったという。

コヒマでの防衛戦や、山岳地帯での白兵戦、日本軍同様に荷を積んだラバを率いた作戦、日本軍の武装解除などに当たったという人々の証言である。

日本軍と戦った英軍将兵

証言 日本ニュース
ゴードン・グレアムさん
キャメロン・ハイランダーズ第一大隊
フィリップ・メイリンズさん
英印軍インド歩兵第20師団
ジム・エバンスさん
英印軍インド歩兵第20師団
第201号 英印第七師包囲殲滅戦
日本ニュース      
第205号 緬印(ビルマ・インド)戦線      

ページトップ