番組からのお知らせ

放送予定

※放送予定は急きょ変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

5月12日
5月13日

ジェフ・バーグランドさん

アンコール「日本の旧家」

ゲスト:ジェフ・バーグランド(京都外国語大学教授)

※5月12日は2番組を取り上げて放送します。

5月12日(月) 「日本の旧家 1200坪の大屋敷を観る ~新潟県・伊藤家~」
再放送 5月20日(火)午前0時45分〜
放送 1996年4月1日 放送時間 49分
歴史的バックグラウンドが異なる日本の旧家(豪農・商家・武家・公家)を、作家の谷村志穂さんが訪ねる4回シリーズ。第1回は、敷地面積8800坪、建坪1200坪、部屋数65という日本一の大屋敷を持ち、近在に7つの山林を所有する新潟県中蒲原郡横越村の典型的な豪農、伊藤家を訪ねる。

5月12日(月) 「日本の旧家 醤油醸造に生きる三百年 ~千葉県・高梨家~」
再放送 5月20日(火)午前0時45分〜
放送 1996年4月2日 放送時間 49分
シリーズ2回目は、しょう油の産地、千葉県野田市の旧家を谷村さんが訪れる。醸造元の高梨家は、今の当主が30代という旧家、邸内を歴史館にして一般に公開している。番組では、年中行事を追いながら「家」と家族の生活を描く。


※5月13日は2番組を取り上げて放送します。

5月13日(火) 「日本の旧家 武家茶道 上田宗箇流第十六代宗家 ~広島県・上田家~」
再放送 5月21日(水)午前0時45分〜
放送 1996年4月3日 放送時間 49分
シリーズ3回目は、武家茶道の家元の旧家を谷村さんが訪ねる。当主の上田宗嗣さんは宗箇流の16代家元。先代が再建した茶室でのお手前ほか、茶の湯の神髄に迫る。また若い継承者の姿を描きながら伝統の「家」を見つめる。

5月13日(火) 「日本の旧家 四條流料理道を守って1200年 ~東京都・四條家~」
再放送 5月21日(水)午前0時45分〜
放送 1996年4月4日 放送時間 49分
歴史的バックグラウンドが異なる日本の旧家(豪農・商家・武家・公家)を、作家の谷村志穂さんが訪ねる4回シリーズ。最終回は、日本料理道の総家元四條家と復活した「包丁初め俎(まな)板開き」式を紹介する。
5月14日(水) 「ハイビジョンスペシャル 小さな狂言師 誕生~野村萬斎・親子三代の初舞台」
再放送 5月22日(木)午前0時55分〜に変更
放送 2004年3月18日 放送時間 110分
狂言師・野村萬斎の長男・祐基君(当時3歳)が、狂言『靱(うつぼ)猿』の子猿役を務めることになり、萬斎の父・万作とともに親子三代で初舞台を踏むことになった。番組の前半は、伝統の舞台に向けてけいこをする祐基君、そして厳しく指導する父と祖父の姿をたどったドキュメンタリー、後半は、『靱(うつぼ)猿』の舞台を伝える。
5月15日(木) 「ハイビジョン特集 ベス・チャトー 荒れ地で育む"奇跡の庭"」
再放送 5月23日(金)午前1時00分〜
放送 2008年11月27日 放送時間 109分
イングリッシュ・ガーデンの本家、イギリスの東南部エセックス州に「世界一のプランツ・ウーマン」と呼ばれるカリスマ・ガーデナーがいる。ベス・チャトーさん、85歳(当時)。庭造りを始めて半世紀。雨が少ない乾いた土地で水やりを一切しなくても1年中ダイナミックな美しさを保つ"奇跡の庭"を作り出してきた。自然環境に徹底して寄り添い、生物本来の力を引き出す彼女ならではの技と庭の四季と、庭に刻まれる人生を見つめる。
5月16日(金) 「昭和歌謡黄金時代 作詞家星野哲郎 日本の心を綴って50年」
再放送 5月24日(土)午前1時50分〜に変更
放送 2008年11月23日 放送時間 89分
『函館の女』、『兄弟船』、『365歩のマーチ』など日本人の心をつづり、常に日本の歌謡界をリードしてきた星野哲郎。海を愛しふるさとを愛し、4000曲を超える"人生の応援歌"を作り続けてきた星野の世界を伝える。