放送予定

10月20日
10月22日

「フランス・19世紀末の天才画家たち」ゲスト:永井龍之介(画商・永井画廊代表)

永井龍之介さん
10月20日(月)午前9時00分〜
ハイビジョンスペシャル
「天才画家の肖像 ゴッホとゴーギャン 二人のひまわり」2002年11月14日 / 120分
再放送
10月28日(火)午前0時45分〜

ゴッホ(1853-90、オランダ出身)とゴーギャン(1848-1903)。この二人の天才が出会い、それぞれの世界を築く上で大きな転機となったのが、南仏アルルでの9週間の共同生活(1888-9)だった。ゴッホの「耳きり事件」という悲惨な破局を迎えたこの共同生活は、何をもたらしたのか。番組では、二人が描いた「ひまわり」を始めとする数々の作品を徹底検証し、二人の絵画に込めた世界観を見ていく。

10月21日(火)午前9時00分〜
プレミアム8
「シリーズ巨匠たちの肖像 セザンヌ・革命を起こした隠者」2010年5月25日 / 89分
再放送
10月29日(水)午前1時15分〜に変更

彼の「果物」を描くセンスをゴーギャンは盗みたいと思い、ピカソから“われらみんなの父”と敬愛された画家、セザンヌ(1839-1906)。生前は世間から認められず、南仏の故郷に引きこもり、新たな絵画技法の開発に明け暮れた。西洋絵画に革命をもたらし、遠近法を破壊し、多視点を導入し、塗り残しや余白が多いことを特徴とする絵を描いた。番組では、求道者であり偏屈者でもあったセザンヌの人間性を描くとともに、画期的な技法の秘密を探る。

10月22日(水)午前9時00分〜
プレミアム8
「シリーズ巨匠たちの肖像 ルソー 奇跡の素人」2010年5月18日 / 89分
再放送
10月30日(木)午前0時45分〜

フランスの画家、アンリ・ルソー(1844-1910)。「肖像画」、「飢えたライオン」、「フットボールをする人々」などの絵は、ピカソを始めとする当時の若い芸術家たちに大きな影響を与えた。税官吏として働きながら独学で絵を学び、貧乏のどん底で絵を描き続けたルソー。純粋素朴な人間だったという説と、時には犯罪にすら手を染める狡猾な人間だったという説があり、その人物像は今も謎と伝説に包まれている。同時代人の証言をもとに、数々のエピソードをドラマで再現し、謎に満ちたルソーの人物像に迫る。

10月23日(木)午前9時00分〜
ハイビジョン特集
「天才画家の肖像 横山大観 ミスター日本画の話題作人生」2004年12月13日 / 110分
再放送
10月31日(金)午前1時00分〜

近代日本画随一の人気画家にして、世界に誇る日本画を作り出すことに生涯を費やした横山大観(1868-1958)。「屈原」、「無我」、「生々流転」、「夜桜」などの話題作一つ一つをひもとき、逆境の中で近代日本画が辿った苦闘の物語を浮かび上がらせる。

10月24日(金)午前9時00分〜
ハイビジョン特集
「闘う三味線 人間国宝に挑む 文楽 一期一会の舞台」2007年6月24日 / 89分
再放送
11月1日(土)午前2時15分〜に変更

文楽三味線奏者の鶴澤清治(当時62歳)。天性のバチさばきが生み出す切っ先鋭い音色で観客を魅了する。清治が東京の国立劇場で特別公演を開くことになり、その一世一代の大舞台に強く望んだのが、人間国宝の竹本住大夫(当時83歳、2014年5月引退)との競演。長年共演することのなかった人間国宝に、清治は難曲「阿古屋琴責」で真っ向勝負を挑んだのだ。太夫と三味線が激しくしのぎを削る文楽の世界。最初のけいこから、公演までの2か月を追う。

▲このページの上へ

10月27日
10月29日

アンコール「天涯の地に少年は育つ」ゲスト:長倉洋海(写真家)

長倉洋海さん
10月27日(月)午前9時00分〜
ハイビジョン特集
「天涯の地に少年は育つ〜インドネシア 銛(もり)一本で生きる〜」2006年9月26日 / 90分
再放送
11月4日(火)午前1時15分〜に変更

インドネシア・赤道直下の海辺。船の舳先に立ち、銛を投げてマンタやクジラ等を獲る漁が盛んだ。猟の先頭に立つ父の姿にあこがれる11歳のエディは、父のまねをしたり、漁で左足を失った祖父の話を聞いたりしながら成長していく。

10月28日(火)午前9時00分〜
ハイビジョン特集
「天涯の地に少年は育つ〜イエメン 癒しの蜜を集める」2007年5月22日 / 89分
再放送
11月5日(水)午前0時45分〜

アラビア半島の南端、イエメンの乾いた谷。100歳の長老のもとに集う7世帯50人の一族は、岩山に巣を作るミツバチを捕えて分封させ、その蜜を市場で売って重要な収入源としてきた。14歳のサーレムと10歳のアブドッラは一族に見守られながら、競い合うようにミツバチ飼育を学んでいく。

10月29日(水)午前9時00分〜
ハイビジョン特集
「天涯の地に少年は育つ〜アンデス 神の糸を刈る日〜」2006年9月25日 / 90分
再放送
11月6日(木)午前0時45分〜

ペルー・標高4500mの村で育つ4人きょうだい。長女と次男は日々ジャガイモ畑や、家畜アルパカの世話をする。長男は標高3000mのところにある学校に通う。一年のハイライトは村全体で協力して行う猟。高山に住む珍獣“ビクーニャ”を捕え高値で売れるその毛を刈るのだ。父が指揮する猟で懸命に役目を果たそうとするきょうだいの姿を追う。

10月30日(木)午前9時00分〜
ハイビジョン特集「発掘!古代トラキア人の謎〜消えた黄金文明〜」2010年9月25日 / 89分
再放送
11月7日(金)午前3時10分〜に変更

5000年以上の昔、豪華絢爛(ごうかけんらん)の黄金文明を築いたものの、文字をもたなかったため、謎の民族とされてきた「トラキア人」。古代ギリシャの文献には「死をも恐れぬ勇猛果敢な騎馬戦士」とある。2010年の夏、ブルガリアの遺跡で発掘調査が行われた。数千年の時空を超え、はたして何が現れるのか? そのスリリングな瞬間をドキュメントし、地中海文明興亡の歴史の裏側で活躍したトラキア民族の実態を探っていく。

10月31日(金)午前9時00分〜
ハイビジョン特集
「ぼくはロックで大人になった〜忌野清志郎が描いた500枚の絵画〜」2010年7月23日 / 119分
再放送
11月16日(日)午前1時00分〜に変更

2009年5月2日に生涯を閉じてから5年たった今も根強い人気を誇る忌野清志郎。高校時代から美術研究室に入り浸り、音楽活動の傍ら、生涯にわたって本格的な油絵からイラスト、漫画、自画像など絵を描き続けていた。数々の資料や親交が深かった人たちの証言から、清志郎の知られざる姿に迫る。

▲このページの上へ

11月3日
11月7日

「映像作家・佐々木昭一郎の世界」ゲスト:佐藤忠男(映画評論家)

佐藤忠男さん
11月3日(月)午前9時00分〜
「四季〜ユートピアノ〜」初回放送:1980年 / 100分
再放送
11月11日(火)午前0時45分〜

シリーズ1回目は佐々木作品の代表作「四季〜ユートピアノ〜」。主人公は、雪国から都会に出てピアノ調律師となった栄子。彼女の心の中には、いつもある音が流れていた。それは、幼い頃に栄子が記憶してきた音だった。やがて栄子は、様々な人と出会いを重ねる。いつしか栄子の心に、新しい音の記憶が芽生える。その音と共に、ひたむきに生きる彼女の姿を描き出す。1980年放送。

11月4日(火)午前9時00分〜
「マザー」初回放送:1970年 / 60分
再放送
11月12日(水)午前0時45分〜

シリーズ2本目は「マザー」。万博を翌年に控えた港町・神戸。そこを、母を知らないひとりの少年がさまよい歩いている。少年の名前はケン。インドの女性、スイスの女性画家、マンドリンを弾く老人、少年は国籍が違う人々との出会いを重ねていく。そうした一つ一つの出会いの中で、ケンの視線の先に映っていたのは、いつも母親の姿だった。心の奥に潜む母親像を、少年ケンの姿を通して描いた物語。1970年放送。

11月5日(水)午前9時00分〜
「さすらい」初回放送:1971年 / 90分
再放送
11月13日(木)午前0時45分〜

シリーズ3本目は「さすらい」。親のいない少年ひろしは、育った施設を出て東京に向かう。最初に勤めたのは、看板屋。しかし彼に与えられた仕事は、看板の下絵をはがす作業。同じ作業を繰り返す毎日に、悶々とする。いったい自分は何ができるのか。自分を必要としている場所はどこにあるのか。ひろしは、北国へ旅立つ。人々と出会い触れ合う中で、自分の居場所を探すひろし。繊細な少年のうつろいを見つめる。1971年放送。

11月6日(木)午前9時00分〜
「夢の島少女」初回放送:1974年 / 80分
再放送
11月14日(金)午前1時00分〜

シリーズ4本目は「夢の島少女」。物語は、少年が川で倒れていた少女を助け介抱するところから、始まる。その少女は、男に傷つけられた過去があったのだ。一方少年は、少女の存在が次第に心の支えになっていく。ある日少女は、少年の前から突然姿を消す。揺れ動く二人の心の軌跡を、パッヘルベルのカノンの旋律と共に描く。1974年放送。

11月7日(金)午前9時00分〜
「川の流れはバイオリンの音」初回放送:1981年 / 80分
再放送
11月15日(土)午前2時15分〜に変更

シリーズの5本目は「川の流れはバイオリンの音」。少女はバイオリンを直すため、北イタリアの川沿いの街クレモナを訪ねる。クレモナは名器ストラディバリウスのふるさと。少女はそこで出会う人々に何を見たのだろうか。そして、街に響き渡る音に何を感じたのか。街に響くバイオリンの音に鐘の音、そして人々の間で歌い継がれる音楽。少女が川のほとりに住む人々との交流を描いた物語。1981年放送。

▲このページの上へ