放送予定

7月21日
7月23日

「宇宙に旅立つ」ゲスト:毛利衛(宇宙飛行士)

毛利衛さん
7月21日(月)午前9時00分〜
ハイビジョン特集「サイエンス・シミュレーション 人類 火星に立つ
第1集 ドラマ〜2030年 史上最も過酷な旅」2008年2月6日 / 110分
再放送
7月29日(火)午前1時45分〜に変更

NASAをはじめ、世界の科学者の全面的な協力のもと、人類初の有人火星探査をシミュレーションしてドラマで描いた科学番組。宇宙船の故障、人間不信、原因不明の病気、不慮の事故…。2030年、6人の男女の宇宙飛行士は、583日間の火星への旅でさまざまな危機に直面、彼らは無事地球に帰還することができるのか?可能な限り科学的に、そしてリアリティーを持って火星への旅を描く。(国際共同制作)

7月22日(火)午前9時00分〜
ハイビジョン特集「サイエンス・シミュレーション 人類 火星に立つ
第2集 ドキュメント 火星への挑戦」2008年2月7日 / 110分
再放送
7月30日(水)午前1時15分〜に変更

有人火星探査に向けての世界の挑戦を徹底取材したドキュメンタリー。巨大ロケット、火星船の人口重力、火星探査用の宇宙服、宇宙飛行士への精神的サポートシステム。番組では、NASAの火星探査計画の諮問委員であるジェームズ・キャメロン(映画監督)の構想も紹介しながら、有人火星探査にどんな困難があり、どんな準備が必要なのかを具体的に描いていく。(国際共同制作)

7月23日(水)午前9時00分〜
ハイビジョン特集
「夢を打ち上げる人びと~密着・ロケット発射100日間~」2010年11月18日 / 89分
再放送
7月31日(木)午前0時45分〜

2010年9月、鹿児島・種子島宇宙センターから、人工衛星を載せた50機目のロケットが打ち上げられた。NHKは報道機関として、初めて発射作業の舞台裏に完全密着。高さ81mの巨大な建物の中で繰り広げられるダイナミックなロケット組み立て作業。地下12mに作られた発射管制室では、打ち上げギリギリまでトラブル回避の作業が続く。ロケットの知られざる世界を100日間にわたって取材。

7月24日(木)午前9時00分〜
迷宮美術館スペシャル
「珠玉の名画大集合 美の秘密を解き明かせ!」2009年6月15日 / 119分
再放送
8月1日(金)午前1時40分〜に変更

迷宮美術館6年間の歴史を振り返り、今まで取り上げてきた150のテーマ、3500を超えるアート作品の中からえりすぐりの美のミステリーにせまる。

7月25日(金)午前9時00分〜
「森山良子デビュー40周年コンサート」2006年7月17日 / 89分
再放送
8月3日(日)午後2時00分〜に変更

歌手生活40周年を迎えた森山良子が、2006年4月に東京・渋谷Bunkamura・オーチャードホールで行ったコンサート。往年のヒット曲から最新の韓流アルバム「ティアーズ」からの楽曲も披露。当日は、歌手であり、息子である森山直太朗が飛び入り参加し、親子の共演も行われた。▽曲目:さとうきび畑/思い出のグリーングラス/涙そうそう/最初から今まで/My Memory/30年を2時間半で/ほか(全18曲)

▲このページの上へ

7月28日
7月30日

アンコール「極北の大自然とともに」ゲスト:野口健(アルピニスト)

野口健(アルピニスト)
7月28日(月)午前9時00分〜
ハイビジョンスペシャル
「世界自然遺産を行く
 大いなる氷河の鼓動 カナディアン・ロッキー山脈公園群」2003年11月6日 / 110分
再放送
8月5日(火)午前0時45分〜

氷河におおわれた3000m級の山々と緩やかな谷間が連なるカナディアン・ロッキー。氷河が悠久の時をかけて造り上げた大自然は、地球の歴史を伝える貴重な証として世界自然遺産に登録されている。世界で唯一の氷河観光や凍った滝を登るアイスクライミング、北アメリカ大陸の分水嶺などを山岳ガイドとともに体験。厳しい自然を生き抜くグリズリーベアなどの貴重な動物たちも紹介する。

7月29日(火)午前9時00分〜
ハイビジョン特集
「世界自然遺産を行く
 氷河が刻む地球の年輪 アラスカ カナダ自然公園群」2004年12月6日 / 110分
再放送
8月6日(水)午前0時45分〜

カナダからアラスカにまたがる自然公園群は、氷河が“自然の貯水池”として森や海の生態系と密接にかかわってきたことを示してくれる世界自然遺産である。氷河の成り立ちを軸に、氷河洞窟や美しい森を探検するほか、川を遡上するサケと陸上の動物たちのつながり、先住民の伝統文化も紹介する。またフィヨルドが作り出した豊かな海ではクジラたちが連携して豪快なエサ取りをする。

7月30日(水)午前9時00分〜
プレミアム8
「世界の名峰 グレートサミッツ マッキンリー 極北の偉大なる山」2010年4月21日 / 89分
再放送
8月7日(木)午前0時45分〜

北米最高峰マッキンリー(6194m)は、アラスカ山脈の中で群を抜いてそびえ立つ。先住民から“デナリ(偉大なるもの)”と呼ばれ、冒険家・植村直己が消息を絶った山でもある。氷点下50度、80mの烈風が吹き荒れる山頂。アラスカ最大カヒルトナ氷河を登りつめ、ひたすら頂上をめざす。山頂までの標高差は4000m。世界最大級の山への父娘の挑戦、3週間にわたる苦闘を伝える。

7月31日(木)午前9時00分〜
ハイビジョン特集「どこまでも深く〜グランブルーへのダイビング」2010年2月28日 / 89分
再放送
8月8日(金)午前1時00分〜

空気タンクなしで潜る深さを競うフリーダイビング。世界記録は100メートルを超える深さの争いだ。そこまで達した選手はわずか12人(当時)しかいない。その中の一人、バハマの世界選手権(2009年)でメダル候補として注目の篠宮龍三選手に大会前から密着。7分間も息を止め、10気圧の水圧に耐える身体の秘密に科学のメスを入れ、人間の驚くべき能力に迫る。

8月1日(金)午前9時00分〜
ハイビジョンスペシャル
「世界は歌う世界は踊る 遥かなるアルゼンチンタンゴ ―魅惑の世界」2003年9月3日 / 110分
再放送
8月9日(土)午前1時45分〜

情熱的で哀愁を漂わせたアルゼンチンタンゴのルーツをブエノスアイレスに探り、ダンス、歌など珠玉のパフォーマンスとタンゴの楽しみ方をたっぷりと紹介する。

▲このページの上へ

8月4日
8月6日

「地球大進化 46億年・奇跡の旅」ゲスト:竹内薫(サイエンス作家)

竹内薫(サイエンス作家)
8月4日(月)午前9時00分〜
ハイビジョン特集「地球大進化 第1回 知られざる“生命の星”の秘密」2004年11月22日 / 110分
再放送
8月12日(火)午前1時45分〜に変更

私たちの「母なる地球」は小惑星の衝突・融合で生まれ、海洋蒸発や全球凍結等の大変動を経てきた「荒ぶる星」だった。微生物で始まった生命は、大変動を乗り越え、酸素を作り、目に見える大きさにまで進化してきた。そのたくましさを幅広い取材で描く。

8月5日(火)午前9時00分〜
ハイビジョン特集「地球大進化 第2回 繰り返される栄枯盛衰のドラマ」2004年11月23日 / 110分
再放送
8月13日(水)午前1時45分〜に変更

4億5千万年前に始まった大陸大移動。海を追われた先祖たちは陸地の淡水へ移動し、体内に肺を誕生させ、大噴火・超高温、酸素濃度低下などを乗り越え、恐竜の支配から逃れ哺乳類として生き延びる。大変動の中、生物の栄枯盛衰を支配するメカニズムを追う。

8月6日(水)午前9時00分〜
ハイビジョン特集「地球大進化 第3回 ヒトへと通じる道」2004年11月24日 / 110分
再放送
8月14日(木)午前0時45分〜

大陸の分裂と衝突による激しい気候変動のなか、繁茂した広葉樹の上を棲みかとした霊長類は、視力と表情筋を進化させ、互いの気持ちを読み取れるようになり、群れを作って人類に近づいていく。様々な人類のうち最後に生き残ったのは、言語能力を発達させたホモ・サピエンスだった。大変動の地球を生き延びて私たちに至る生命の、46億年にわたる壮大な旅を振り返る。

8月7日(木)午前9時00分〜
ハイビジョンスペシャル
「最後の言葉 〜作家・重松清が見つめた戦争〜」2003年8月15日 / 90分
再放送
8月15日(金)午前1時00分〜

第二次世界大戦中、およそ140万の人々が、太平洋の島々で亡くなった。そこには若者たちの日記や手記、遺書などが残された。死と向き合いながら書きつづった言葉。作家・重松清が激しい戦闘が繰り広げられた島々を訪れてその言葉に改めて向き合う。犠牲者の言葉をいかに受け止め、どう伝えていくか。作家が、戦争に倒れた人々の思いを遺族や若者たちにつなげていく。

8月8日(金)午前9時00分〜
BSエンターテインメント「ビーチボーイズ フォーエバー」2002年9月1日 / 118分
再放送
8月16日(土)午前1時45分〜

絶妙のハーモニーをロックンロールに乗せて、アメリカを中心に1960年代から絶大な人気を誇る“ビーチ・ボーイズ”。「Surfin' U.S.A」や「Fun, Fun, Fun」など、代表的な楽曲やさまざまな映像、中心メンバー、ブライアン・ウィルソンのインタビュー等を軸に紆余曲折を経ながらアメリカンポップスを紡いできた彼らの歴史を伝える。

▲このページの上へ