放送予定

9月1日
9月3日

「煙はるかに 世界SL紀行」ゲスト:櫻井寛(鉄道フォトジャーナリスト)

櫻井寛(鉄道フォトジャーナリスト)
9月1日(月)午前9時00分〜
ハイビジョンスペシャル
「煙はるかに 世界SL紀行 イタリア サルデニア島 ゴイトといた三日間」2001年4月27日 / 120分
再放送
9月9日(火)午前0時45分〜

イタリア・サルデニア島では、1893年にナポリで製造されたSL(愛称ゴイト)が走っている。島では、標高1000mの山岳地帯の村や町を結ぶ生活路線として鉄道が発達した。その中でゴイトは、地元の人たちのための冬の特別ダイヤとして中央部から東海岸の港町アルバタックスまで160㎞を1泊2日かけて走る。女優の加藤あいさんがゴイトに乗り、SLとともに生きてきた人々を訪ねる。

9月2日(火)午前9時00分〜
ハイビジョンスペシャル
「煙はるかに 世界SL紀行 スイート・シュガー・トレイン〜キューバ〜」2001年4月24日 / 120分
再放送
9月10日(水)午前1時00分〜に変更

キューバでは、今なお数多くのSLがサトウキビ農場で走り続けている。20世紀初頭、アメリカで製造されたSLで、農園から砂糖工場まで、サトウキビを運ぶために現役で使われている。タレントで画家のジミー大西さんが、個性的なキューバ各地のSLを訪ねるとともに、SL運転手のゴンザレス一家と交流を深めながら、陽気で素朴でどこか懐かしいキューバの人々のくらしも伝える。

9月3日(水)午前9時00分〜
ハイビジョンスペシャル
「煙はるかに 世界SL紀行 南国満載 庶民列車〜ミャンマー〜」2001年4月26日 / 120分
再放送
9月11日(木)午前0時45分〜

旧イギリス植民地だったミャンマーには、本国では見られなくなったイギリス製のSLが、庶民のくらしの足として、今も現役で走り続けている。夜明け前、町の市場に野菜や花、魚を売りに行く農村の女性たちや学校に通う子供たちが乗る。俳優の佐野史郎さんが、ミャンマー各地のSLを訪ねながら人々の暮らしを体感する。また、映画『戦場にかける橋』で知られる泰緬鉄道と、泰緬鉄道を走った日本製SLのその後も紹介する。

9月4日(木)午前9時00分〜
ハイビジョン特集
「ガラパゴス・オデッセイ〜崩れゆく生きものの楽園〜」2008年5月13日 / 109分
再放送
9月12日(金)午前1時00分〜

ダーウィンの『進化論』の舞台として知られるガラパゴス諸島(エクアドル)は、その貴重な動植物や生態系から、1978年、世界自然遺産の第1号に登録された。しかし、それから30年たった2007年、世界危機遺産に登録される。年間16万人の観光客の廃棄物、人が持ち込んだ動植物、密漁などによって、島の環境が激変してしまったからだ。ガラパゴスの現状をたどりながら、自然保護のあり方を伝える。(なお、放送後の2010年、エクアドル当局の対策が評価され、世界危機遺産リストから除去されている)

9月5日(金)午前9時00分〜
「昭和歌謡黄金時代 作曲家・平尾昌晃の世界」2010年11月3日 / 89分
再放送
9月13日(土)午前1時50分〜に変更

ウエスタン歌手からロカビリーの人気者に、そしてその後は作曲家として多くのスター歌手を育て上げた平尾昌晃。アメリカンポップスの影響を受けながらも、独自の日本的なメロディーの歌謡曲を作り上げた人生をたどり、その作品をたっぷりと楽しんでいただく。曲は「霧の摩周湖」(布施明)、「瀬戸の花嫁」(小柳ルミ子)、「草原の輝き」(アグネス・チャン)、「よこはま・たそがれ」(五木ひろし)ほか。

▲このページの上へ

9月8日
9月10日

アンコール
「ヨーロッパ ガーデニング紀行」ゲスト:假屋崎省吾(華道家)

假屋崎省吾さん
9月8日(月)午前9時00分〜
BSスペシャル
「ヨーロッパ ガーデニング紀行
愛(いと)しの中庭・パティオ 〜スペイン・アンダルシア地方〜」1997年11月10日 / 49分
 
BSスペシャル
「ヨーロッパ ガーデニング紀行 〜ドイツ ファンタスチック花街道〜」1997年11月11日 / 49分
再放送
9月16日(火)午前0時45分〜

BSスペシャル
「ヨーロッパ ガーデニング紀行
愛(いと)しの中庭・パティオ 〜スペイン・アンダルシア地方〜」

スペイン・アンダルシア地方の歴史を彩る華麗なパティオと、暮らしに深く根づいたパティオのガーデニングを紹介。古都コルドバのパティオ祭りとパティオ・コンクールの模様を紹介する。

BSスペシャル
「ヨーロッパ ガーデニング紀行 〜ドイツ ファンタスチック花街道〜」

ドイツ南西部にファンタスチック花街道と呼ばれる道がある。道沿いの花の村やクラインガルテン(市民農園)等を訪ね、ドイツ人の花と緑の考え方、付き合い方を紹介する。

9月9日(火)午前9時00分〜
BSスペシャル
「ヨーロッパ ガーデニング紀行
パリっ子気分で庭づくり 〜ベランダガーデニング〜」1997年11月12日 / 49分
 
BSスペシャル
「ヨーロッパ ガーデニング紀行
〜花のフィレンツェ 緑のトスカーナ〜」1997年11月13日 / 49分
再放送
9月17日(水)午前1時15分〜に変更

BSスペシャル
「ヨーロッパ ガーデニング紀行 パリっ子気分で庭づくり 〜ベランダガーデニング〜」

元ファッションモデルの林マヤが、マンションのベランダガーデニングに挑戦しながらパリのガーデニング情報をレポート。ベルサイユ宮殿の庭園や画家モネの庭も紹介する。

BSスペシャル
「ヨーロッパ ガーデニング紀行 〜花のフィレンツェ 緑のトスカーナ〜」

フィレンツェは花の都。フィレンツェやトスカーナ地方の花好きの家庭や伝統産業テラコッタ作りの現場を訪ね、イタリア人が花や緑をどのように楽しんでいるかを紹介する。

9月10日(水)午前9時00分〜
ハイビジョンスペシャル「永六輔のにっぽん夕焼け紀行」2001年5月31日 / 120分
再放送
9月18日(木)午前0時45分〜

夕焼けは、それを見る場所や見るときの気持によって、さまざまな表情を見せる。日本各地の夕焼けの名所を“夕焼け評論家”の永六輔さんが旅して、夕焼けが人々の心に引き起こす不思議な力を探る。

9月11日(木)午前9時00分〜
ハイビジョン特集
「神秘の蝶(ちょう)驚異の大冒険 〜北米大陸5000キロを渡る〜」2007年10月25日 / 82分
再放送
9月19日(金)午前1時00分〜

カナダからメキシコへ5千キロを飛翔するオオカバマダラ。終着点の村では、蝶の渡りは死者の蘇りだと信じられてきた。オオカバマダラの目線で展開するドキュメンタリー。

9月12日(金)午前9時00分〜
BSエンターテインメント
「昭和歌謡黄金時代〜春日八郎と三橋美智也〜」2007年2月25日 / 90分
再放送
9月20日(土)午前1:55〜に変更

春日八郎と三橋美智也。昭和の偉大な歌手二人のヒット曲の数々と制作秘話、二人の波乱の生き様などを、過去の歌唱映像・資料映像・写真・関係者証言を交え紹介する。

▲このページの上へ

9月15日
9月17日

「夫婦の絆」ゲスト:阿木燿子(作詞家)

阿木燿子(作詞家)
9月15日(月)午前9時00分〜
ハイビジョン特集
「神様がくれた時間 岡本喜八と妻 がん告知からの300日」2007年2月18日 / 110分
再放送
9月23日(火)午前0時45分〜

2005年にがんで亡くなった映画監督、岡本喜八。在宅での闘病生活を支えたのは、妻であり映画プロデューサーだったみね子さんだった。がん告知から死まで、妻はどのような思いで夫を支え、映画監督の誇りを持たせ続けたのか。夫の力が湧くように工夫した毎日の食事。40作目の作品に向けての脚本の読み合わせ。妻の残した日記やインタビュー、夫婦の最後の日々を再現したドラマなどを通して、二人の強い絆を見つめる。

9月16日(火)午前9時00分〜
ハイビジョンスペシャル
「定年・夫婦で走った40日 〜中米縦断・トレーラーの旅〜」2001年5月15日 / 120分
再放送
9月24日(水)午前0時45分〜

アメリカのテキサス州から中米のパナマまで、24台の車が連なって5000キロの旅に出た。旅をするのは夫婦で第二の人生を走り始めた夫婦たち。子どもが独立した夫婦。伴侶に先立たれ再婚同士の夫婦。伴侶の思い出を抱きながら単身参加する男性。様々な夫婦がメキシコと中米6か国を訪ね、向き合い、これからの人生を見つめた40日の心の旅日記。

9月17日(水)午前9時00分〜
ハイビジョン特集
「二人の旅路〜日中 激動を生きた京劇夫婦〜」2011年3月1日 / 89分
再放送
9月25日(木)午前0時45分〜

中国・京劇のトップスターだった夫、梁嘉禾(りょうかほ)さんと柴田真理さん。およそ20年前、残留孤児として苦難の道を歩む妻のため、夫婦で日本に移住した。そのとき、夫は中国京劇の最高峰・国家一級俳優の座を捨てた。妻は「夫のすべてを奪ってしまった」と悔いるが夫は「あなたといる今が一番幸せだ」と語る。戦後直後の日中関係、文革などの激流の中、支え合い歩み続けてきた二人。2010年秋、夫は20年ぶりの舞台に立つために夫婦で中国に里帰りした。愛を貫き、逆境を乗り越えてきた夫婦の姿を描く。

9月18日(木)午前9時00分〜
ハイビジョンスペシャル
「大河に時は流れる ミシシッピ川
 賛美歌 アメイジング・グレースの旅路」2002年10月28日 / 120分
再放送
9月26日(金)午前1時00分〜

アメリカの中央を北から南に貫くミシシッピ川。この川は、ある一つの歌の物語と深く結びついている。その歌の名は、賛美歌「アメイジング・グレース」。アメリカの黒人たちの心の歌である。もともとはアメリカ大陸へ黒人奴隷を運んできたイギリスの船長が、その罪を償うために書いたものだったが、次第に黒人の愛唱歌になっていった。南北戦争後の奴隷解放にともなって、この歌もミシシッピ川をさかのぼって北上した。ニューオリンズからシカゴまでのアメイジング・グレースの心の旅路をたどる。

9月19日(金)午前9時00分〜
「德永英明 1000th LIVE」2008年5月24日 / 89分
再放送
9月27日(土)午前2時15分〜に変更

1986年のレコードデビュー以来、息長くヒットアルバムを送り出している德永英明。2008年1月11日に行われた1000回目の記念コンサートのもようを伝える。女性歌手の名曲を独自の解釈でカバーした「恋におちて」「ハナミズキ」「いい日旅立ち」「わかれうた」「卒業写真」「まちぶせ」から「壊れかけのRadio」など自身のヒット曲まで、透明感と力強さを併せ持つ歌声をお伝えする。

▲このページの上へ