NHKは何を伝えてきたか
番組年表
カテゴリー史 年代史 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61

カテゴリー史10エンターテイメント番組 エンターテイメント

今も昔も日本人にとって、大みそかの夜は、『紅白歌合戦』がお茶の間の中心となっている。NHKの芸能番組は、常に「家族そろって楽しめる番組」をモットーにしてきた。

『NHK紅白歌合戦』:大みそかにふり返る今年の出来事、今年の歌

ページを前にめくる
右ページへページを次にめくる

紅白歌合戦
ラジオからテレビへ

 『NHK紅白歌合戦』の第1回は、1951(昭和26)年1月3日の放送。トップバッターの菅原都々子の歌「憧れの住む町」が流れるや、スタジオ内の熱気が日本中に轟きわたり、NHKの電話回線が不通になったというエピソードまで残っている。日本がサンフランシスコ講和条約に調印し、マッカーサーが解任された年のことであった。
 翌52年の第2回は90分に拡大して放送された。第3回が53年1月2日、第4回はこの年の12月31日に放送されている。つまり、53年には2回放送されているが、これは、第1回から第3回までは年に一度の歌謡イベントとしてまだ定着していなかったからだ。大みそか恒例の公開番組として定着していくのは、テレビが本放送を開始する第4回からであった。『紅白歌合戦』が大みそかになったのは、正月は興行の世界の書き入れ時で、会場の確保が困難だったため、興行の少ない大みそかの方が大会場を押さえやすかったためと言われている。

ひばりの登場
 54年、プロレス中継がはじまり、力道山・木村政彦対シャープ兄弟の対決に街頭テレビは黒山の人だかり、家庭にもテレビが普及してくるようになる。この年の『第5回紅白歌合戦』に、美空ひばりが「ひばりのマドロスさん」で初出場。6回、7回には出場しなかったものの、57年の第8回には、出場2回目にしてトリを務めることになる。美空ひばりの登場は、来るべきテレビ時代の幕開けでもあった。

昭和の歩みの中で
 日米新安全保障条約を強行採決し、岸内閣が退陣。そして、池田新内閣が「高度成長・所得倍増」を掲げた60年以降は、変革に満ちあふれ、社会に新しいものを受け入れようとする機運が高まっていった。音楽界も、歌謡曲、ポップス、フォーク、グループサウンズと、百花繚乱の華々しさであった。
   第14回(63年)には戦前派の歌手は姿を消し、新旧の世代交代が行われた。この時の視聴率は81.4%を記録。『紅白歌合戦』は、NHKの年末恒例の番組から、芸能界最大のイベントとして「国民的行事」とまで呼ばれるようになった。第17回(66年)には、GSブームやフォークソングの流行の影響で、ジャッキー吉川とブルーコメッツが「青い瞳」、マイク真木が「バラが咲いた」で初出場を飾り、紅白のステージにも新しい音楽の風が吹きはじめた。
 70年代は山口百恵、森昌子、桜田淳子ら花の中3トリオ、郷ひろみ、麻丘めぐみ等、10代歌手が台頭してきた時代であった。78年の第29回には、山口百恵の「プレイバックPart2」、沢田研二の「LOVE(抱きしめたい)」がそれまでの演歌にとってかわりトリの座を射止めた。いまでもカラオケで歌われる歌の多くが、70年代に生まれており、紅白はそうした歌を数多く取り込んでいった。歌謡曲全盛時代の第26回(75年)からは、ブラジルへの衛星中継もはじまった。

時代の終えんと時代のはじまり
 89年には、昭和歌謡の象徴であった美空ひばりがこの世を去る。そうした中で、『紅白歌合戦』も大きな転換点を迎え、89年の『第40回紅白歌合戦』は大きく様変わりする。それまで午後9時スタートだった放送時間を、午後7時20分から11時45分までの4時間25分に拡大。5分間のニュースをはさみ、前半を著名人の証言と歌で構成する「戦後の昭和史」、後半を1年のヒット曲で綴っていった。この「ロング紅白」は、新たな平成版『紅白』のはじまりを予感させるものであった。
 以後『紅白歌合戦』は、音楽シーンの変化に呼応しながら、長時間紅白として定着していき、現在に至っている。


1953年/第4回 初のテレビ放送(日劇)
1953年/第4回 初のテレビ放送(日劇)
1963年/第14回 史上最高の視聴率81.4%
1963年/第14回 史上最高の視聴率81.4%
1973年/第24回 初のNHKホール公開
1973年/第24回 初のNHKホール公開
ページを前にめくる
右ページへページを次にめくる