<テーマ>戦後70年 人間の闇 アウシュビッツ

戦後70年 人間の闇 アウシュビッツ総合 1月31日(土)午後3:05〜4:15(70分)

  • 人間の闇 アウシュビッツ
  • 人間の闇 アウシュビッツ

1月27日はポーランドのアウシュビッツ強制収容所が解放された日である。アーリア人種優越主義を掲げるナチスが、ユダヤ民族抹殺を目論んで大規模に行ったホロコーストの中でも、アウシュビッツはその象徴となっている。少なく見積もっても100万人というユダヤ人が送り込まれ、その多くがガス室での処刑や飢餓、過酷な労働等によって命を落とした。アウシュビッツは世界遺産にも指定され、人類史上最悪の蛮行として語り継がれているが、一方で戦後もこうした虐殺行為は後を絶たない。カンボジアやコソボ、ルワンダ、スーダン-。“民族浄化”や自国内の大規模な粛生は絶えず繰り返されている。また、ヨーロッパでは近年、民族主義の台頭が著しく、日本国内でもヘイトスピーチなどの広まりが問題となっている。

番組では、改めてアウシュビッツとは何だったのか、そしてなぜその教訓はなかなか生かされないのか、戦後70年に考え直す。

ゲスト
大石芳野さん(フォトジャーナリスト)カンボジアやコソボ、アウシュビッツ、スーダンといった虐殺の現場を訪ね、写真を通してその惨状を広く伝え続けている。
キャスター
桜井洋子アナウンサー

「死の国の旋律 アウシュビッツと音楽家たち」
(初回放送:2004年2月17日放送 60分)

  • 人間の闇 アウシュビッツ
  • 人間の闇 アウシュビッツ

アウシュビッツ強制収容所には、囚人女性たちによる音楽隊があった。強制労働を鼓舞するために音楽を奏でたり、ガス室へ送られる人達を不安にさせないために行進曲を演奏したりと、収容所の運営に協力する事を強いられていた。同じ囚人を迫害に加担させるという非人道的な仕組みと、生き延びるために同胞を裏切った女性たちの悲劇を描いた。

▲このページの上へ