<テーマ>等身大の父親を演じ続けて〜追悼・宇津井健さん〜

等身大の父親を演じ続けて〜追悼・宇津井健さん〜総合 4月7日(月)午後0:50〜1:50(60分)

日本を代表する俳優の一人、宇津井健さんが去る3月14日に亡くなった。82歳だった。
1953年に銀幕デビュー。TBS「ザ・ガードマン」「赤いシリーズ」など、テレビドラマでの活躍で数多くの視聴者の心を掴んだ。NHKでも大河ドラマ、連続テレビ小説など、時代劇からホームドラマまで幅広く出演。多くのドラマで「等身大の父親」を演じて好評を博した。番組では、トーク番組やドラマを通して名優・宇津井健さんをしのぶ。

ゲスト
篠田三郎(俳優)  大森青児(元NHKチーフ・ディレクター)
キャスター
桜井洋子アナウンサー

「スタジオパークからこんにちは」(1998年9月18日放送) ※一部抜粋

金曜時代劇「新・腕におぼえあり~よろずや平四郎活人剣」の放送時に出演し、時代劇での役作りの極意や演劇に目覚めた高校時代、乗馬に熱中した大学時代について語った。また銀幕デビューの秘話や「ザ・ガードマン」「赤いシリーズ」などテレビドラマで活動を始めた頃の思い出など、自らの俳優人生を振り返った貴重な番組。

出演したド大河ラマ ※一部抜粋


  • 銀河テレビ小説「男が家を出る時」(1985)

  • 「ゆずり葉物語」(1984)

  • 連続テレビ小説「ぴあの」(1994)

  • 「ディロン〜運命の犬ふたたび」(2008)

他に、「長い髪の女」(1961年8月20日)

出演したドラマ ※一部抜粋

  • 「武田信玄」(1988)

他に、大河ドラマ「信長 KING OF ZIPANGU」(1992)

大河ドラマ「信長 KING OF ZIPANGU」は、NHKオンデマンドでも、ご覧いただけます(有料)。

▲このページの上へ